ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

c0135618_19403161.jpg
今年のクリスマスはちょいとオシャレに、渋谷オーチャードホールで行われた「来生たかおコンサート」に参戦してまいりました。

アーティストというよりは、ソングライターとしての活躍が有名な来生氏ですが、他歌手に提供した曲をセルフカバーしたりすると、そのオリジナル曲よりもずっと素晴らしく歌ってしまうという、「歌手殺し」あるいは「逆泥棒歌手」としても有名です(ウソ)。
もちろん大橋純子「シルエットロマンス」、中森明菜「セカンドラブ」、薬師丸ひろ子「セーラー服と機関銃(夢の途中)」など、オリジナルも素晴らしいものはたくさんありますがね。

しかも、私はときどきこのブログでも大騒ぎしていますが、この方、齢を重ねるごとにその声の質は甘みを増し、より深く、ビロードのような高級感。素晴らしいことこの上なし、なのです。
これは、歳を取るとどうしても声が低くなってしまう女性歌手には到底真似のできないことで、今年で67歳とご本人はおっしゃっていましたが、まだまだまだ。あと10年くらいは、健康でありさえすれば、その歌声をステージで堪能させていただけるのでは思った次第です。
c0135618_19590161.jpg
それと、来生氏の一番の魅力は、そのメロディーラインの美しさ。
けっして奇をてらうわけではなく、スタンダードでありながら、それでいて綺麗な、心洗われるようなメロディー。
私の個人的な見解ですが、この方と玉置浩二氏、三木たかし氏が、美しいメロディー界(そんなものがあるのか)における代表的作曲家なのではないかと思います。
まあ、三木さんはともかく(亡くなったわけですし)、玉置さんに関しては、曲とか声とかの前に、その佇まいにうろたえて、ライブとかに足を運ぼうとかは思わないのですがね(苦笑)。

しかし、仕方ないことではありますが、曲調、アレンジ、客層(まあ、我々も御多分に漏れずですがね)、すべてにおいて昭和、あるいは80年代を感じずにはいられませんでした。
まあそれは残念なことではなく、かえって望んでいた空間だったりするのですがね。
来生氏曰く、「いま、レコードが売れなくなったのは、ネット配信などの影響もあるけれど、メロディーラインのパターンが出尽くされて、もう新しいものが出なくなっているからなのではないか」
確かにそうかもしれませんね。自分がそうだから言っているわけではありませんが、やはり、昭和(それも後期)の音楽こそが、最後の「新しい」音楽だったのかもしれません。
c0135618_20311769.jpg
それでも、来生氏が歌っている歌の、詞の内容を噛みしめるように聴いていて、はて、もうすっかり現役から遠ざかった自分は(情けない)、どのへんのスタンスでこれらの歌を聴けばいいのかと、しばらく悩んだりもしました。

でもそれは、さくらももこさんとのコラボで生まれた新しい曲(CD買ってしもうた)を聴きながら、そしてアンコールでの「夢の途中」を聴きながら、思いました。

あの頃(どの頃なのかは自分でもよく分からないんですけれど)、よく遊んだ友達、そして大好きだった君。
今でもお元気ですか?
そして、これからもずっとお元気でいてください。
そして、たまに昔を思い出すことがあったら、ついでにでも、僕のことを思い出してくださいね。

僕は元気です。
いろいろ大変なことはあるけれど、
それでも、きょうは元気です。
一日一日、噛み締めながら、足を踏みしめながら、元気で生きています。

こんなことを思いながら、美しいメロディーに心を預けておりました。
c0135618_20403803.jpg
さて、そんなことを思いながらも、コンサート後の宴会も楽しみであります。
ここは同行の友人が馴染みにしている、渋谷区神泉にある「二代目葵」という、ちょいと良さげな居酒屋さんです。

雰囲気よく、ひとつひとつの料理も素晴らしく、クリスマスに相応しい、とてもいいお店でありました。
普段行く大衆酒場3回分、といったお値段ではありましたがね(^_^)。まあワイン3本も飲めばそのくらいにはなりますかね(^_^)。
c0135618_22030817.jpg
で、「神泉といったら東電OL事件じゃん? あれってどこなの?」
「ああ、ここですよ」
なんと、お店の目の前だったのでした。

……メリークリスマス!

[PR]
# by yochy-1962 | 2017-12-27 19:38 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
朝の新宿南口付近、会社へと向かう人の波に向かって、「ギャグありますよう、ギャグありますよう」と連呼している若き(と思う)男性の姿を見かけることがあります。

多分、ストレス社会に生きる人達に、ほんの少しでも癒しを感じていただけたらと、「笑い」を販売している方、なんだと思います。

「んー、仕事仕事で、最近ちょっと笑ってないなあ、あっ、あそこにギャグを売ってる若者がいるぞ。よし、ちょっと試してみるか!」
そんな、疲れ気味のサラリーマンにうってつけの、ナイスな企画とお見受けします。
こうした、ちょっとした「スキマの」発想こそ、これからのビッグチャンスに繋がるのです。なかなかクレバーな若者なのでしょう。期待したいところです。

……な訳ないよなあ。

朝の通勤時は、ほとんどのみなさん、遅刻するかもしれないと半ば焦りながら、最寄駅を出て、小走りに会社へと向かっているものなのです。
そんなとき、「ギャグありますよう」と、ウ◯コの被り物をした、人の神経を逆撫でするような男の姿など、まず、一瞥もしないで通り過ぎるでしょう。
ホントにギャグを見たいのなら、前の夜にyoutubeでサンドイッチマンあたりのコントを見た方がよっぽど面白いし、第一、ウ◯コの被り物を「面白い」と思っている(だから被っているんだと思いますが)時点で、彼の放つ「ギャグ」なんて大したことない、と言うことが丸わかりなのであります。

新橋あたりで道行く人をホメ殺ししたり、悩みを聞いたり、なんてのが商売になっているなんてのをテレビで見たりしたことがありますが、それは夜の、酔っ払い相手にする商売だからこそ成り立つのであって、朝の忙しい時間に、まず立ち止まるなんてことはないでしょう。これは無理だろうと、なんで気がつかないのかなあと思います。

やりたいこと、目指したいこと、そのために何か動いてみる、と言うのは、何もしないよりはずっと素晴らしいことだとは思うのですがね。なんだか痛々しくて、そんな彼の姿を見るたびに、頑張れよ、と思うよりも、もっと頭使えよと、失礼ながら思ってしまう私なのでありました。

もうひとつ、ランチタイムに会社近くを歩いているとき、店の前で「いかがですかあ。限定◯食、もうじき終わりますよ〜」などと絶叫している女性店員の姿を最近お見かけします。

このお店、最近出来たばかりのお店で、夜は鹿児島の焼酎などを振舞ってくれる居酒屋さん、と言う佇まいです。
新しい店ですし、宣伝は必要です。だから、ああこのお店、ランチもやるのね〜なんて知ることはできたのですが、じゃあ入ってみようか、と思うより前に、その女性の絶叫具合が凄まじく、ちょっと怖くてその前を通り過ぎることさえためらってしまいます。

ただでさえランチ激戦区の地帯。それこそ星の数ほどあるお店の中で、客が知りたいのは、その店では何を、どのくらいの価格で食べさせてくれるかの情報です。
だから本当なら、店の前に、本日のメニューはどんなもので、お値段はいくらなのかをしっかり提示することが、まずするべきことだと思うのです。

しかしそのお店、絶叫具合はすごいのですが、何を食べさせてくれるのかは店の外側からはいっさいわかりません。
ただでさえ、関わりたくないと思わせるようなパフォーマンスだというのに、メニュー、値段がわからないんじゃ、客が入るわけないだろ、ということに気がつかないのかなあと、これまた私は心を痛めることになるのです。

両者とも、「客観性」の欠如、なんでしょうね。
誰か言ってあげればいいのに、とも思いますが、まあ、自分の頭の上の蝿すら追っ払えない身の上でございますので、そそくさと師走の街を通り過ぎるだけの私、なのでありました。
c0135618_23480174.jpg
師走でございますねえ。
年末年始は風邪ひいたらおしまい、と思って用心に用心を重ねているのですが、ここ二、三日、奥歯が痛くてたまらなくなってきてしまいました。
年末までにあと三回の忘年会が控えている身。ああ、なんとかならないかなあ。

[PR]
# by yochy-1962 | 2017-12-20 11:15 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)
c0135618_19414161.jpg
リアルな景気はタクシーの運転手が知っている、なんて言いますが、2017年暮れの、リアルな景気はどんなものなのでしょうかね。
タクシーの運ちゃんに聞いてみればいいのですが、引っ越して以来、一切タクシーというものを利用していないのでその辺のあたり取材することもできず(だってうっかり新宿から自宅までタクシーなんか乗ったら、もれなく4000円は飛んでしまいますからね。大衆酒場2回分ですよっ、もったいなくてできやしませんわ)、なんだかモヤモヤっとした気分のままで迎える年の暮れです。
c0135618_19501459.jpg
それでも、クリスマスに向けた飾り付けからも、昨今の景気を伺い知ることができるのではと、お銀(あっ、銀座のことね)の、様々なディスプレイを写真に収めてみたのですがね。
……んー、どうでしょう、全体的に、それほどおおっ、と、させるものはなく、なんだかこじんまりとして、私の琴線に触れるものはなかったのが正直な感想でした。
この写真は三越のディスプレイ。これが、私が思う、2017年の銀座におけるクリスマスディスプレイNo.1かな。
この写真を撮っているときに、どこぞの国(中南米系かと勝手に解釈しましたが)のうら若き女性が、拙い日本語で「写真撮ってください、ああ、貴方もよかったら一緒に」という一件があり、あれ? オレってまだまだ現役なのかしらと一瞬思ったこともあり、これがNo.1、です(^_^)。
c0135618_20133691.jpg
今回の同級会忘年会、舞台は老舗のスペイン料理店「シエスタ」です。
古き良き昭和の風景そのまま、といった感じの店内が素敵な店でした。
しかし我々は店の奥の奥、迷路のようになった階段のもっと先の、隠れ家のような、屋根裏部屋のような席に案内され、おまけにそこは天井が低く、頭がぶつけたらもれなく入院、といった感じの石造り。
飲み放題で浮かれておりましたが、これは心置きなく酔うことができないと、気を引き締めながらの宴会となりました。

ま、思う存分飲みましたし、酔いましたがね(^_^)。
c0135618_23184475.jpg
でも、料理はとても美味しく、お子ちゃまがいないので雰囲気はよく、ゆったりとした時間を過ごすことができました。
店内が暗いのでいい写真が撮れなかったのが残念でしたが。

で、すっかり酔っ払って二軒目もやっつけ、しゃっくりが止まらない50半ばの殿方&御婦人の図。
来年も楽しみましょうね(^_^)

[PR]
# by yochy-1962 | 2017-12-15 23:30 | | Trackback | Comments(0)