ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

<   2018年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「どうしてこんなに、オレは……」と、3ヶ月に一度くらいは確実に、己の不器用さを嘆く夜を過ごしている私なのですが、世の中、広いもので、こんな私が唖然としてしまうくらいの不器用っぷりを披露してしまう方に、時々お目にかかります。


あっ、ここで私が言っているのは、なんというか、「生き方」が不器用な人、ということです(その代表格が自分であるということはさておいて)。

手先が器用でも、どんなにカラオケが上手でも、それは関係ありません。

決してできない人ではないのに、どうしてそういうことになっちゃうんだろう、と思わざるを得ない、残念な不器用さんが、中年以上の、特に男性に多かったりするのです。


一言で言うと、鎧で武装するあまり、肝心なことを知ることができない、見ることができないという「不器用」な人(全然一言ではないのですが)。


若い頃はそれなりに、目を輝かせながら、いろんなものを吸収してきた人生だったのでしょう。

だからある程度の知識は持ち、スキルも築き上げ、自信もあったのだと思います。


しかし、世の中はどんどん進化し、変わっていきます。

普通なら、変化に対して取り入れる、取り入れない関係なく、常にアンテナを張りめぐらし、時代の波というものに対応していくのが、これからも第一線で生きていこうとする者の務めだと思うのです。

この先はずっと山籠りでもして、誰にも会わずに生きていこうとするのなら話は別ですが。


いや、覚える、覚えないの取捨選択はともかく、新しいものに限らず、自分が生きていく環境を変えたのなら、まずその環境に順応していくことが、自身に訪れた最初の、最低限の課題だと思うのです。


しかし、昔取った杵柄が忘れられず、新しい環境でも頑なにどしん、と佇んでいるだけの姿は、愚かだなあ、憐れだなあと思わざるを得ません。


そればかりか、変なプライドが邪魔をして、知らない、できないと言うことができず、そのためにどんどん深みにはまって、「愚か」どころか、「役立たず」などというレッテルまで貼られてしまう始末なのです。


最近、身近にそのような方を拝見して、気の毒だなあ、憐れだなあと思っていたところでした。

まあ、私も「不器用界」の片隅で、常にハアハアゼイゼイしている身ですから、こういう案件こそ、反面教師としていかなくてはならないのですがね。


ただ、結構長く生きてきちゃった自身の人生において、私が処世術として身につけたのは、「知らない、分からないことについて、絶対に分かったふりはしない」ということです。

これだけは自信を持って言えます(自信満々で言うことではないですが)。


そりゃ、えっ、そんなことも知らないの? と思われ、馬鹿にされてしまったりもあるでしょう。

しかし、私が詳しく知っていて相手が不案内ということもあるのです(昔話とか70年代アイドルとか大衆酒場事情ぐらいですが)。なんでも知ってるのは林先生クラスにもならない限りあり得ないのですから(それでも初耳があるのですから)、知らないことは恥ずかしいことではないのです。


恥ずかしいのは、知らないことを知っている振りをすること、そして、知らないままに時間を過ごし、後に引けない状態になってしまうことなのです。


そんなこと、当の本人に言うこともできず、言ったところで憮然とされるだけでしょうから、ここでこっそり、書かせていただきました。

頑張ってほしいものです。


c0135618_12090809.jpg

まあ、不器用な人も、そうでない人も、これからの人生に幸あれ!です。

いろんなことを勉強し、身につけて、心豊かな人生を送っていきたいものです

写真の内容については相変わらずで、あまり成長はありませんが(苦笑)。





[PR]
by yochy-1962 | 2018-06-23 12:00 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

その2

実力派炎上女王、藤◯◯香様の主張


梨園の嫁っちゅうのもな、結構大変なんやで。


それにしてもな、ちょっとはいろいろと、世話焼いてくれてもいいと思えへんか? 梨園の先輩奥様方。


ここから先は土足厳禁とか、ちゃんと言ってくれへんから、ブーツ履いた足でつかつか入っていってら、「ブーツあきまへん」言われたんやで。

目立っちゃいけない言うなら黙ってるんやけどな、黙ってたら黙ってたで仕事してへん言われるし、ブログでちょいとおちゃらけたら、紀香、ついに気が触れたかなんて言われてしまうんやで、ホント、いいかげんにしてほしいわ。


やっぱ、嫉妬やわなあ。

ただそこに佇んでいるだけで抜群のオーラを見せつけるジブンやもん、申し訳ないけど、所詮B級アイドルとか売れない女優とかとは、ワケが違う、っていうもんやで、三田はん。


そうや。

なんだかんだいっても、所詮B級アイドルやんか(^ ^)。

ウチはなあ、こういっても超A級のボディービルダーやで。

って、なに言うてんか、女優やで。


……ふうっ。だれかつっこんでや。


暇やわあ。

仕事したいわあ。

ブログ書いても炎上するだけやし、……ああ、炎上、ちょっと狙ってるとこ、あるんやけどな。

まあ、なんやかんや言うても、まだまだウチも注目されてる証やな。

たまにはネットニュース、賑わしたいやんか。また新しいノリカ語、作ったるで〜。

……泰◯とか松◯とかと、同じカテゴリーにカウントされてる気もするんやけどな(苦笑)。負けへんで。


暇やわあ。

仕事したいわあ。

CMの仕事でもしたいわあ。

発泡酒でも、それ以下でもええわあ。

そうや、毛染めのCMやるくらい都落ちしてしもうたんやから、もう怖いもんなんかあらへんわ。

そうやなあ、夏は股間が痒くなるノリカバージョン、なんてのも斬新やなあ。


……ふうっ。

大五郎でも呑んで、寝よ寝よ。


[PR]
by yochy-1962 | 2018-06-10 11:30 | 映画・舞台・テレビ | Trackback | Comments(0)

その1 実力派女優、◯れい様の主張


うっかりもじゃもじゃヘアーなんかにしていたら、丸亀製麺のCMをどこの馬の骨とも知らない若い女優に盗られてしまいました。

悔しくって、昨夜はうどんをやけ食いして、鼻からうどんが垂れてきてしまうところでした。


まあ、ワタクシが一番輝きを放っている金麦のCMは盤石のはずですから、痛くも痒くもありません。50になっても、60になっても、カメラの前での変顔も厭わず、ずっと若奥様を演じる覚悟はできておりますわ。


しかし、いつの間にか糖質オフなどという商品が増設され、すでにワタクシの知らない安手の女優が、これまた安っぽ~い笑顔を振りまいておるではないですか。

それも、これまた安っぽい、ミッチーの爪の垢でも煎じて飲みなさい、ってくらいの男優と、夫婦だか不倫だか知りませんが、一緒ににやにやと画面に露出しているのであります。


これまでワタクシが、10年以上にわたって可愛い若奥様を演じ、ネットその他で「あれは実は目の前に旦那はいないのよ。夫婦プレイを演じる、ちょっと気のふれたヲンナという設定」と叩かれようと、めげずに「あいあい皿」という安手のグッズが欲しいと駄々をこねている(本当のワタクシはバカラのグラス、あるいはノリタケのお皿しか使わないのですけれど)というのに、すでにあちらは旦那持ち。

ワタクシに、いつまでひとり芝居を演じよとおっしゃるのでしょうか。


いいえ、旦那役の役者が欲しいとは言ってません。

どうせスポンサーは、視聴者の溜飲を下げるために、温水某とか蛭子某みたいな旦那役しか用意しないことでしょう、分かっております。

それに、「あんな旦那のために駆けずりまわったりジャンプしたり変顔したり駄々をこねたりしてたわけ? ウケる〜ッ」って、ワタクシですら思わず笑ってしまいますものね。


それに、ワタクシほどの演技派女優ですもの、余計なキャストなどいなくっても、十分幸せな若奥様を演じきることはできているわけですよ。

そう、ビールでも発泡酒でもない、その他雑酒で浮かれる幸せな若奥様を。


しかし現在、心に引っかかることがないわけでもありません。

ワタクシの後釜を狙っているとしか思えない、土屋太鳳、っていうんですか? あの、媚びたヲンナの息の根を止めていただきたい、そう願うばかりなのであります。


あの、雪見だいふくのCMにおける、土屋のちょこまかとした動き、なんとかならないものでしょうか。

あんな視聴者に媚びた、アタシ、可愛いでしょう? イケてるでしょう? どうよ、次世代のお嫁さんにしたいタレントナンバーワンは、アタシで決まりよ〜といった佇まいなんて、20年前のワタクシだったらお茶の子さいさい、でしたのにね。


そう、20年前ならね……。


ふうっ。


黒霧島ロックでも呑んで、寝ましょ。





[PR]
by yochy-1962 | 2018-06-08 19:30 | 映画・舞台・テレビ | Trackback | Comments(0)