ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

2018年 01月 07日 ( 1 )

今年の初詣は、ちょいと趣を変えて、下谷にある神社仏閣を巡る「下谷七福神巡り」を楽しんでまいりました。

以前、浅草の七福神巡りに挑戦したことはありましたが、浅草の七福神は割と広範囲に点在していらっしゃって、寒風吹き荒ぶ時期はちょいとつらいものがあります。
下手をすれば、詣でているのは神なのかトイレなのかも分からなくなる恐れがあるのですが、下谷の七福神様はこじんまりと、道さえ迷わなければおよそ1時間半という短時間で制覇できるのです。
七福神巡り「ウォーキング」という、歩いたぁという醍醐味はありませんが、のんびり、ゆったりとしたお正月にはもってこいのコースと言えましょう。
c0135618_18271539.jpg
まず訪れたのは、有名な入谷鬼子母神。ここには福禄寿がいらっしゃいます。
昨今、浅草など有名どころの寺は中国人観光客で溢れかえり、浅草寺で柏手を打つトホホな行為を平気でしてくださる光景を見たりもしますが、さすがこのくらいのこじんまりとしたお寺には中国人らしき姿は見当たらず……。
いやいや、いらっしゃいました。中国人、ではなく、明らかに日本人の佇まいの方が、堂々とお賽銭箱の前で柏手を打っていらっしゃいました。
おまけに、社務所の方に「ここは神社ですか? お寺ですか?」と尋ねる妙齢以上(失敬)の女性もいらっしゃって、なんだかなあとちょっと脱力、でした。
c0135618_18460644.jpg
次は鶯谷駅近くにある元三島神社という、寿老神がいるスポットです。
ちょっとした小高い丘の上にある、といった風情、とてもフォトジェニックです。周りはラブホテルだらけでしたが(苦笑)。
c0135618_18504978.jpg
お次は英信寺。
ここには写真の通り、三面大黒天様という三つの顔を持つ大黒様がいらっしゃいます。
c0135618_18524474.jpg
こちらは勝利の神様、毘沙門天がいらっしゃる法昌寺というお寺です。
七福神巡りは、別にただ思いのままに巡っても構いませんが、その足跡を残したい場合は、最初に行った神社仏閣で500円の色紙を購入し、それからはスタンプを押していただくたびに100円を支払う、というシステムに乗っからないとなりません。
ですから、500円プラス、スタンプ代700円が必要となります。しかもお賽銭箱にいくばくかの小銭も投げ込まなくてはならないので(投げ込むなんて罰当たりな)、割と出費はかさむということを肝に銘じなくてはなりません。
お賽銭箱にお金を放り込む(放り込むなんて罰当たりな)とき、一般的にはどのくらいが相場なのか、平均金額はどのくらいなのでしょうね、
私には一切分からず、同行の友人に「ねえ、いくら入れてるの?」と聞いてみたところ、「ああ、自分は◯◯円」という返答(リアルな金額は伏せます。あんまりにもあんまり、のような気もしましたので)。
ああそんなもんねと、そのコインを切らした私は、慌ててスーパーに駆け込み、コインを調達したのでした。
まあ、こういうものは気持ちの問題ですからね、しかしお賽銭箱にコインではなく、紙幣を気前よく入れるほど器の大きな人間ではないことは確かのようです。大変申し訳ないことではありますが。
c0135618_19113192.jpg
ちょっと歩いて、芸事の神様、弁財天が棲まう弁天院です。
毎年、この七福神巡りをしている同行の友人に言わせると、今年はいつもより人の出が多いのだそうです。
景気がよくなっている証なのか、よくないから神頼みなのか、あるいは今年は富岡八幡宮を止めて、という人がいろいろなところに分散したのか、は分かりませんがね。
c0135618_19162082.jpg
いわゆる昔の「吉原」にほど近く、恵比寿様がシンボルの飛不動尊正宝院があります。
「飛」という字から、ここは飛行機関係の守り神、あるいはゴルフの飛距離を伸ばす神としても知られているようです。
飛行機関係はともかく、ゴルフの飛距離を伸ばすには、神様ではなくて筋トレ、のような気もしないでもありませんがね。
c0135618_19172505.jpg
最後はこちら、こんな福々しいお姿の布袋尊がいらっしゃる、寿永寺です。
体型はともかく、今年一年、ずっとこんな笑顔でいられるようにお祈りをしてきました。
c0135618_19181469.jpg
下谷七福神制覇!の図です。二宮金次郎さんの銅像と共に。
今年一年、平和で穏やかでいられるよう、お願いしてきました。
そう、自分がどうなりたいとかの願掛けの前に、真っ先に周りの人たち、そして世の中のことを願ってしまう昨今の私です。
なんて書くと偽善者っぽいですがね。自分のことは、自分という「神」が全てを決めること。つまりは日々研鑽が一番のお賽銭なのだと、さすがに年齢を重ね、身に染みてわかっているからなのかもしれません。

これは1月2日の出来事でして、まだ飲食店などのお店もお休みが多く、ましてや昼間ということで、我々がその後なだれ込んだのは「ガスト」。
そこでプチ新年会が繰り広げられ、ガハハ笑いと共に焼酎のミニボトルが並んだのはご愛嬌、でした。
神聖な気持ちになった後も、結局は酔っ払いです。
お正月だから見逃してくださいね、七福神さま。

[PR]
by yochy-1962 | 2018-01-07 20:15 | Tokyo迷子ウォーキング | Trackback | Comments(0)