ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

高見知佳BEST 

c0135618_2243238.jpg もう数年前に、アマゾンでひっそり(笑)購入した「高見知佳ベスト」です。
 私と同い年、いわゆる元祖「バラドル」ともいえる高見知佳なのですが、歌手としては唯一のヒット曲「くちびるヌード」くらいしか、一般の方には印象はないかもしれません。
 しかし、こうしてベスト盤を一曲一曲、噛み締めるようにして聴いていると(大成しなかったアイドルの曲は、なにかを噛み締めるようにして聴かないと、とんでもなく深い闇に誘われる恐れがあるのです。あっ、彼女は芸能人としては大成しましたから、それほど噛み締める必要はないのかもしれませんがね)、この人、とんでもなくいい曲ばかりを歌っているということに気がつくのです。

 まず、天下の筒美京平先生作曲の「シルエット」。
 初期の岩崎宏美が歌っていたら、間違いなくオリコン初登場第一位、というくらいの名曲。そういえば当時の「明星」ヤンソンで、近田晴夫が絶賛していたっけなあ。

 そして「池上線」で有名な西島三重子が作曲した佳曲「少しはわたしを好きでしたか」「セザンヌの絵」。17歳ほどのアイドルに歌わせるにはもったいない、名曲です。

 「しのび逢い」という、アルフィーの高見沢俊彦が作った曲は、その後柏原芳恵がカバーし、ヒットしました。

 「ミスティー・ブルー」は、私が思う、彼女の名曲中の名曲。当時流行った「ドリフのヒゲダンス」のベースラインを、いち早く採用しています。

 安井かずみ、加藤和彦というゴールデン・コンビで作られた「ジャングル・ラブ」は、彼女のはちきれんばかりの躍動感を上手く曲に乗せた、これまた名曲です。この曲で「夜ヒット」とか、出ていたなあ。「きょうは歌手です!」とか言いながら。

 そして彼女最大のヒット曲、NHKで放送禁止にもなったという(想像力たくまし過ぎるんだよな、NHK)「くちびるヌード」。しかし、実はその後の「上海エトランゼ」のほうが、曲としては充実感たっぷりだったりします。ああ、どちらもEPOの作詞・作曲です。

 「深夜劇場」という曲は、なんと長渕剛作曲です。しかし、長渕らしからぬしっとりとしたメロディーラインで、とても美しい曲に仕上がっています。

 ラストシングルになった「怒濤の恋愛」は、なんと戸川純作詞、矢野顕子作曲の「ものすごい」曲です。一度この歌をカラオケで歌ってみたいものですが、恋人といっしょだっりしたら、それが原因で別れてしまう可能性すらあるので、自重しています(っていうか、どこのカラオケにもないんですけどね、この歌)。
 ちなみにこの曲のB面は、作詞山本きみ子(銀色夏生、ですね)・作曲太田裕美による「満月の夜君んちへ行ったよ」です。高見知佳のキャラクターにぴったりの名曲です。

 ホントに、どうしてこんなにいい歌ばかり歌っていたのに、売れなかったんだろう、って感じの曲揃いです。まあ、オレもタイムリーに買っていたわけではないんですけどね。
 確かに、1979年デビューの彼女は、次の年に「松田聖子」というお化けアイドルが登場してしまったり、ちょっと間が悪かったのかもしれません。それに、かわいい女の子ではありましたが、ちょっとアクが強く、好き嫌いがはっきりするタイプであったということ、レコード会社がコロムビアであったこと(翌年河合奈保子がデビューして、ブレーンは全部そっちに行ってしまったんだろうな)など、いろいろ原因はあるかと思いますが。

 しかし、私が思うには、高見知佳の声はいわゆる「キンキン声」で、「憂い」とか「センチメンタル」に欠けていたことが、売れなかった最大の原因だったような気がするのです。
 聖子ちゃんが河合奈保子より断然売れたのは、あの「声」が最大の理由だったと思います。いくら抜群に歌が上手くても心に残らなかった大橋純子も、「声」に原因があると思います。声は最大の「楽器」。こればっかりは、整形するわけにはいかないし、どうしようもない宿命なのかもしれませんね。

 高見知佳さんは外国の方と結婚して、現在沖縄に在住、地元のラジオに出演したり、子どもたちに絵本の読み聞かせをしたりする毎日を過ごしているようです。
 幸せならいいんじゃないかなあと思いますが、また、子育ても一段落したら、ちょくちょく東京のテレビにも出演して、健在ぶりをアピールしてもらいたいものだな、と、同い年のオッサン(はっ、なんてこと。王子だよ王子)は思ったりしています。
[PR]
by yochy-1962 | 2008-05-30 03:04 | 音楽 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://newyochy.exblog.jp/tb/8950614
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のり☆ at 2008-12-24 09:05 x
編集王子で検索かけたらこの日記が上位にあがってたので今更レスなんぞを…。
 そうなんですよ!戸川純もヤプーズもゲルニカもカラオケにはちょっと…的な曲ばっかりなんですよね(高見知佳のレスじゃないのか!?)。近く ドン引き歌合戦 やりませんか??

 徹夜明けだってのになんで書き込みしてんだろ。早く寝ないとすぐに仕事が…
Commented by yochy-1962 at 2008-12-25 02:56
のりさま いいねえ、やろうやろう「ドン引き歌合戦」。
でもオレ、いつも歌っている歌の50%がドン引きだったりするんだけど。
こないだものりちゃんが帰ってから「薔薇とピストル」とか歌っちゃったし(苦笑)。
Commented by quiver at 2013-06-14 17:41 x
シンデレラと上海エトランゼしか知らなかったのですが、この記事を拝見してベストを買いました。確かに名曲揃いで、どうして売れなかったのか謎ですが、本人はタレントとして「誰からも愛されるヒロイン」になっていたので良かったのかも知れません。
シンデレラ当時は、受験勉強でほとんどテレビを見なかったので、歌っている姿を知らなかったのですが、最近、youtubeで見て可愛くて発狂しそうになりました。もし、当時、テレビを見てたら大学落ちてました、絶対に。
Commented by yochy-1962 at 2013-06-14 20:46
quiverさま 昔の記事にコメントいただき、ありがとうございます。先日も当ブログで、高見知佳のアルバムに入っていた「仮縫い」という曲について書いたのですが、ちょうど「セザンヌの絵」の頃かな、もしこの曲をシングルにしていたら、その後の彼女の歌手人生が変わっていたんじゃないかと、思う今日この頃です。そのくらいいい曲です。