ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

カタギ

先日、ボーッとしながらテレビを観ていたところ、ベテランの大工さんのことを「ムカシキシツの大将」云々とナレーションしていて、「おやっ、これはムカシカタギだろ?」と身を乗り出した私なのでした。

これは多分原稿では「昔気質」と書かれていたのでしょう。しかしナレーターはそれを正確に読めず、「気質」を「きしつ」と読んでしまって、そのミスをスタッフの誰も気づかず、恥ずかしげもなくオンエアされてしまったというわけなのでしょう。
まったく、平気で祭りを捏造するテレビ局もあれば、日本語も碌に知らないテレビ局もあり、テレビ業界も斜陽産業になるわけです。

……などと書いてきて、もしかして、昨今は「昔気質」を「むかしきしつ」と読んでも許容、とされているのかも……なんて不安になり調べてみたのですが、やはりそんなことはないようです(ホッ)。
「昔気質」と書いたら読みは「むかしかたぎ」。「職人気質」と書いたら、本当は「しょくにんかたぎ」と読ませたいですが、まあ「しょくにんきしつ」でいいのかもしれませんが、昔風の単語とコラボするのなら「かたぎ」を使うのが無難、なのかもしれませんね。

ですから「ヨッチー気質」と書いたら読みは「よっちーかたぎ」、「竹内涼真気質」と書いたら「たけうちりょうまきしつ」と読むのが正しいのかもしれませんね(苦笑)。

c0135618_20362919.jpg
そんなことを大衆居酒屋で一人シコシコと書いていたら、お隣の中年男&若い(可愛くもない、理論武装する、一番苦手なタイプの)メガネ女子が、流れてくる80年代歌謡曲有線について語り合っていたのですが、
「あれ、この曲、さんまが出ているコマーシャルの曲」
「ああ、このShow Me、さんまの男女7人秋物語の主題歌。創味シャンタンに語呂が似てるから使われたんだろうね〜」
「そんなの説明してもらわなきゃ分からない〜。っていうか、説明してもらっても分からない〜。何?男女なんとかって」

カチーン!

そんなヤツは、大衆酒場に来る資格はないと思います。
若いのは素敵だと思いますが、何も知らないことを若さの特権として堂々としている輩を、そしてそれを野放ししている大人を、私は許しません。

大衆酒場に、オヤジと一緒に来るのなら、新御三家、花の中3トリオ、ピンクレディ、聖子明菜を嗜んでおくのは必須なのです。

ゲラ、ゲラ、ゲラ、バーニンハ〜〜〜!


by yochy-1962 | 2018-11-30 20:15 | 文学・芸術 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://newyochy.exblog.jp/tb/29876050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kurashiki-keiko at 2018-12-25 02:58
同じようなことを先日フェイスブックとブログに投稿したのですが、「新巻鮭」をあろうことかNHKのアナウンサーさんが「しんまきざけ」と何度かローカルニュースでしたが読み、私もまさかこのごろではしんまきざけ、と読むようになったのかも、と素直に思って、NHKさんのホームページから質問の投稿をしましたよ。
そしたらやっぱり、間違いでした、次の時間のニュースでは訂正しました、なんて返事があったのでした。きしつ、と読まれて訂正されなかったとしても、それもありがちな事だったのでしょうね。かくいう私も「言質」の読み方を知らなくて恥をかいたことがありましたけれど。
Commented by yochy-1962 at 2019-01-01 15:45
> kurashiki-keikoさん
言葉については自分の知らないところに落とし穴がたくさんありますからね、あんまり揚げ足取りはしないように、と思いますが、それでも新巻鮭は酷いですね^_^。