ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

阿久悠と東京と

c0135618_09150964.jpg
没後10年ということで、昨年に発売されていたのに気がつかず、1年経ってやっと知りAmazonで購入。久しぶりに、阿久悠作品の素晴らしさに触れる夏を過ごしております。

亡くなって10年にもなるので、さすがに新しい情報は出てこないとは思いましたが、「東京人」だけあって、阿久悠と東京という斬新なテーマで、彼の作品を再び味わうことができました。
ああ、それこそ亡くなってすぐの頃、やっつけで作ったとしか思えない、間違いだらけの特集記事、ありましたねえ、大人のTokyoなんとかという雑誌。
あの雑誌、まだあるんかいな。

まあ、それはさておいて。

が……。

しかし、そこから出てきた答えは、「阿久悠は東京を愛していなかった、あるいは安住の地としていなかった」のではないか、ということでした。

この方が遺した歌詞の全てを知っているわけではないので鼻高々で言えるものではないのですが、それでも数多い代表曲の中でも、東京をテーマにした曲って、ほとんどなかったのではないでしょうか。

都会を生きる男と女、というテーマの曲はたくさんあったと思います。しかし、「ジョニィへの伝言」にしても「勝手にしやがれ」にしても、はっきりと東京を象徴するような言葉は出てこなかったような気がします。
まあ、阿久先生が歌の中で伝えたかったものは「時代」であったり「人生模様」であったり「新しい男と女の恋物語」だったりすると思うので、そこには別に高層ビルだの東京タワーだの築地市場(笑)だのは必要なかったのかもしれませんが。
都会に行った彼氏を待つ女性が、変わっていってしまう彼を思ってハンカチを握りしめる、なんて歌がお得意だった(?)松本隆先生との大きな違いなのかもしれません。

淡路島で生まれ、夢を持って東京に出てきたものの、家庭を持ってからは東京ではない地に住まいを持った阿久先生にとって、東京はそれほど魅力的な街ではなかったのかもしれません。

というよりも、若い頃は夢だらけだったはずの東京が、年齢を重ねていくうちにそのメッキが剥がれ、ハリボテのような建物や、作り笑いしかできなくなった人々を見ていくうちに、その憧れがすっかり消えてしまって、作品にも登場しなくなった、かもしれません。

そして、東京という街がそれほど特別なところではない、ということも分かってしまったのかなあ、なんてことも、ふと思いました。

昔と比べて、東京に出るということはカジュアルに、特別なことではなくなりました。
東京は巨大な宇宙船だ
でも、乗るには免許証がいる
これは阿久先生が書かれた一文ですが、そういう緊張感を持って過ごすべき場所が、ただ便利なだけの場所に成り下がり、歌にする価値も見出せなくなったのかなあ、なんて思ってしまいました。
まあ、真っ当に生きてきたらそう思うのは普通、なのかもしれませんがね。

とか言いながらも、どんなに殺伐としていても、どんなに夢がなくなってしまったとしても、私は東京という街は好きです。
気をつけて歩けば、歴史の片鱗を見せてくれる場所があり、隣にどんな人が住んでいるのかも分からない没交渉なスタンスも、私にとっては心地よいです。
一人居酒屋で、こんなどうでもいい文章を書いていても、誰からも何にも言われないしね(笑)、最高です。

それにそれに、坂道が多いのも私は大好きです、東京。

by yochy-1962 | 2018-07-28 17:00 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://newyochy.exblog.jp/tb/29657611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shikonomitate at 2018-07-31 22:46
元の踊り子でまた稼げるわ

こういう鄙びてうらぶれた叙情の、どこに東京があるっていうんでしょう。ええええ、まことに御意。

言われて気が付いたです。東京は阿久悠の叙したる場所にあらずと。

さはさりながら、ハンカチフを後生大事にする田舎少女を謂うてもいない。


その断絶の腑分けに、都市性への挫折を補助線として引きなさった兄貴さまの見立て、それをオノレに還元する批評の神髄。

Disco.Kid/染むったら染むです(じんじんさせて@昭和47年)。
Commented by yochy-1962 at 2018-08-04 13:19
> shikonomitateさん
誰かと思ったら(^ ^)。お久しぶりですね。一方的に、私は前回もお見かけしましたが(笑)。
阿久悠も、貴方も、そして私も、東京というところは特別なところであることは間違いないのでしょうね。どのように付き合っていくかは、それぞれ。
そろそろ老後とかいう言葉も頭の片隅にどかん、と居座るようになり、いまは、どうやって東京とサヨナラしようかが、目下の課題だったりします、私の場合。