人気ブログランキング |
ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

せんべいの殿堂 神楽坂地蔵屋の割れ煎餅

c0135618_11223395.jpg 「正直女子さんぽ」というテレビで紹介されていた、神楽坂にある煎餅屋に、満を持して潜入してまいりました。

 以前は「庭」としてブイブイ言わせていた(ブーブー鼻を鳴らしていた、というのではない)はずの神楽坂ですが、しばらくご無沙汰しているうちに、あれ、ここのパチンコ屋がなくなっている、あれ、あそこのパチンコ屋も消えた……というように、ずいぶんと様変わりしてしまっているのに驚きです。
 ……って、パチンコ屋ばかり目で追っていたのではありませんが(苦笑)、細かく見ていると、まるごとおしゃれな店が入ったビルができていたり、よく通っていたカレーうどんの店も、おいしいランチを食べさせてくれた、夜は定食屋という店も姿を消し、新しく、よりおしゃれなお店に生まれ変わっていて、ちょっと淋しい思いをしながら、目的の煎餅屋に到着。

 毘沙門天があるメインストリート(それこそ神楽坂という坂)を曲がり、地蔵坂というゆったりとした坂をのぼっていくと、ひっそり、という感じで佇んでいる煎餅屋さんです。
 昭和風な、古い民家を改装して作ったというような外観ですが、私がこのあたりを闊歩していた頃にはなかったと思うので、結構新しいお店だと思います。
 お店で焼いているというお煎餅、私は迷わず「割れ煎餅」を購入。「わざと」割れ煎餅にして、醤油をたっぷり染み込ませた、これぞ「庶民の味」といったルックス。ほかの煎餅には目も行きませんでした(笑)。

 値段はちょっぴり高くて700円。しかし、「いま焼けたばかりの煎餅があるんで、どうぞ〜」と、かわいらしいお店の方がアツアツの煎餅をサービスしてくださったり、なによりも、ほどよい、絶妙な硬さ、しつこすぎない、これまた絶妙な醤油味は、十分合格点です。
 コンビニには、残念ながらこういう類の煎餅は売っていません。うん、また神楽坂に行った際には寄らせてもらおう、と思った次第です。

 なんて思いながら、店の名前を確認するためにググってみたら、このお煎餅、インターネットでも購入できるのですね。今度、田舎にでも送ってみましょう。「お煎餅大好き一族」が、身悶えして喜ぶ図が容易に想像できます(笑)。
by yochy-1962 | 2015-12-13 14:31 | せんべい | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://newyochy.exblog.jp/tb/25053872
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。