ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

ちょっと昔、友人がとあるお店で食事をしていたとき、視線の向こうで、歌手の平◯堅氏が食事をしていたのだそうです(言っちゃってるようなものだな)。

友人は「うわっ」と思いながらも、ここで大騒ぎするのは、プライベートで訪れているであろうご本人に申し訳ないし、いい歳してミーハー根性丸出しなのも、スタイリッシュな東京人がすることではありません(関西出身の方ですが)。

何事もないように食事を続け、平◯氏が店を出たところで、向かい合わせに座った同席の人にこっそりと「いま、向こうの席に平◯堅がいたんだよ」と言ったところ……。

「えっ。私もずっと言おうと思ってたんだけど、さっきまで、あなたの後ろの席に、竹◯直人と木之◯みどり夫妻(言っちゃってるようなもんだな)がいたのよ」

「えーっ」

木之◯みどりといったら、我々アラ還世代にとっては伝説のアイドルです。一目でいいから見たかった〜、すごいものを見たつもりになってたけど、もっと見たいものを見逃しちゃったよ〜なんて言っておりました。

……なんて、平◯氏にはずいぶん失礼な話なのですがね。

そんな私も先日、馴染みの居酒屋でキャッキャ騒ぎながら飲んでいたのですが、数日後、実はそのとき私のすぐ横で、あのKyo◯2さん(言っちゃってるようなもんだな)が舞台関係者達と食事をしていたことを知り、愕然とするのでした。

まあ、楽しい酒場の席で、酔いも回ったりもしたら、隣の席の方達のことなど気にもならなくなるものでしょう。
それに彼女が座っていたのは私に背を向けた席だったらしく、我々グループでも彼女に気がついたのは一人だけで、それをその時にこっそりでも私に言ったりでもしたら、大阪のおばちゃんの如く大騒ぎして、当時のアイドル話をしてくれなどと言いかねないと思ったのでしょう、こいつ、どうか気づきませんようにと冷や冷やして黙っていた、ということなのでした。

そんなに節度のないミーハーと思われていたのかなあと、それはそれでショックではありましたがね(^ ^)。

ということで一曲。
小泉今日子さんのヒット曲の中でも、私が一番好きな曲、「艶姿ナミダ娘」です(^ ^)。
ところで、知ってましたか?
一時期、なんですけど、この方のシングル曲、タイトルに「娘」とか「女の子」「少女」「ヤマトナデシコ」など、女性を象徴するワードが必ず入っていたのです。
当時の友人が発見して、鼻高々に言っていたのですが、これは偶然なのか、意図的なのか、そして意図的ならばどういう戦略だったのか、せっかくお会いしたのだから、そのときに聞きたかったなあ。

あっ、バレバレでしたね、失敬失敬(^ ^


[PR]
# by yochy-1962 | 2018-09-17 01:30 | 映画・舞台・テレビ | Trackback | Comments(0)
c0135618_19252042.jpg
意外と思われるかもしれませんが(って、どんだけ自分が深く知られてるつもりかって話ですけど)、江戸東京博物館、初潜入なのです。

まあ、東京の歴史とか地理の不思議とか、下町の楽しさというものが好きになったのはここ10年くらいですし、それよりも、この建物ができた当時は、「税金の無駄使い」とか「維持費だけで年間こんなにも!」みたいな報道ばかりがされて、この博物館の楽しさとか醍醐味とかはあんまり紹介されていなかったと思います。
作ってしまった以上、この博物館の楽しさをバシバシ宣伝するべきだと思いますがね。ああ、自分にその宣伝が届かなかっただけの話かもしれませんが。

しかし今回、ネットサーフィンをしているときに、ここで「東京150年展」というものを開催していると知り、東京の街歩き、坂道好きの私としては、おお面白そうではないかと、重〜い腰を上げていざ両国、と相成ったのであります。
c0135618_19435800.jpg
35度を超える猛暑の中、やっとの思いで、そう、ホント、やっとの思いで両国に到着。
ものすごく高いエスカレーターに「キャーッ」と心の中で叫びながら、いざ博物館に潜入です。

まず、高いところから一望する、この博物館の広さに圧倒されます。
順を追って見ていくと、徳川家康がこの地を開拓し、城を築き上げ、それからさまざまな天変地異、災害に遭いながら、人々の知恵を結集し、世界に誇る大都市に成長していく様子がよく分かります。
c0135618_19262648.jpg
圧倒されたのは、もちろん原寸大ではありませんが、精密に再現した当時の建物と、そこで生き生きと動き回る(ように見える)人々のフィギュア。
細部までにこだわり、そして人々の様子も、どれも個性豊かな表情で、それぞれがそれぞれのドラマを抱えて動いているように見えます。
会場が暗くて、その1つ1つを確認するには備え付けのオペラグラスが必要です。しかしすっかり老化して、弱くなった我が眼ではそれもなかなか難しく、ああ、そろそろメガネも新しくしなくちゃいけないなと思った次第です。

c0135618_19400010.jpg
伝説の浅草「凌雲閣」(浅草十二階)のミニチュアもありました。
明治時代に建てられ、当時は日本一高い建物だったらしいです。
何でも、日本初のミスコンが行われた場所、日本初のエレベーターを設置した場所、なんだそうです。ただ、エレベーターはあまりにも危なっかしくてすぐに使用禁止になったのだとか(ああ、この辺の情報はうろ覚えなんで間違っているかもしれません、ゴメンネゴメンネ〜)。
この建物の上の階では、いまで言うキャバクラ以上のサービスを提供していた施設があったのだとか(お上品な私のブログではこの辺りまで。でも本当かどうかは分からない)。
c0135618_20163111.jpg
私が小さい頃にはよく見たスバルの自動車も展示していました。
当時、我が家の車はカローラだったのですが、スバルがある近所の子にとってはカローラよりも「イケてる」車だったらしく、よく「ウチのはスバルだもんねえ」と理不尽に自慢されたものでした。
ちょっと歳下の、ちょっと病気がちだったあの子、今でも元気かなあ。
c0135618_19302633.jpg
目的だった「東京150年展」もとても楽しかったですが、展示物の充実度、迫力においては、この常設展だけを目的に来ても、十分すぎるほどの楽しさです。
実際、最初のうちはひとつひとつの展示物を、じっくりゆっくり見ていたものの、そのうち足やら腰やらが悲鳴を上げてしまい、後半戦はだいぶ端折ってしまいましたもんね。
またぜひ訪れたい、いや、きっと今年のうちにまた行くであろう、江戸東京博物館でございました。

[PR]
# by yochy-1962 | 2018-09-07 19:30 | Tokyo迷子ウォーキング | Trackback | Comments(2)
c0135618_09030470.jpg

昭和どっぷり、我々アラフィフ世代、もといアラ還世代としては、昔の懐かし映像をたっぷり見せてくれる「たいむとんねる」は、毎週とても楽しみにしている番組なのです。


毎週月曜日、23時の放映に間に合うよう、1日にしなくてはならないことを全て終え、ワクワクしながらキンミヤ焼酎と炭酸水、そしてシークワーサー100%果汁(台湾産)をセッティング、テレビの前に鎮座するのです。


しかししかし。見終わった後、必ず決まって「なんだかなあ」と大きくため息をつき、チャンネルを替えて「激レアさん~」からの「月曜から夜ふかし」に突入、というルーティーンを続けているわけなのであります。


なんなんでしょう、このモヤモヤ感。

どうして大好きな「昭和」を堪能することができないのでしょう。


それは一言、この番組、「かゆいところに手が届かない」のです。


その昔「テレビ探偵団」が放映されていた頃は、まだまだインターネットも普及しておらず、昔の映像そのものが珍しく、有り難かったものでした。

しかしいまやYouTubeをはじめ、昔の映像など簡単に見ることができます。ただ「懐かしいでしょ~」と腰をくねくねさせながらピンクレディーあたりを見せられても、こちとらなんの興奮もいたしません。

阿久悠と都倉俊一が密かにペッパー警部のフリを練習しているマル秘映像でも発掘してくれたら、もう身悶えして喜びますがね(もちろんそんな映像、あるわけないですが)。


だからこういう番組の「肝」は、切り口であったり見解であったりすると思うのです。そういう意味で「ど昭和」を生きてきた石橋貴明のトークに期待したいところなのですが、今のところ、この人ならではの掘り出しもののトークを聞かせてもらえることはなく、だからいつも悶々と「ちぇっ、なんだよ、トーク出し惜しみすんなよ」と悪態をついてしまいます。そしてミッツに関しては「ちぇっ、あの頃のことをそれほど知らないくせに出てくんじゃねぇよ」と、酎ハイを飲み干すのであります。


そもそもこの番組、どの辺りの層を狙った番組作りをしているのでしょうか。

我々のようにどっぷり昭和を生きてきた層でなく、昭和ってどんな時代だったんだろうと興味津々の若者をターゲットにしているのなら、まあ、こういう番組作りは理解できます。


しかし、我々アラフィフ、いやアラ還のツボをギュッとわしづかみにしたいのなら、ネットで散々語り尽くされたようなネタを鼻高々で語るような、中途半端な番組作り、そしてトークをされても、満足いくはずなどありません。


そして、昔のヒット曲を流してくれるのはありがたいのですが、肝心の、その歌を歌っている歌手の映像が決して「当時」ではなく、懐かしい自身のヒット曲を歌う◯周年リサイタルの映像だったりするのです。

こういうところを見ると、ああ、あんまり力入れてないな、というより、作り手がすでにこの辺りの時代を知らない、あるいは愛していないんだなあと思ってしまいます。

倉庫に膨大な映像を持っているんだから、もっと真剣に、ギャフンと言わせるくらいのヤツを探せよ、などと思ってしまいます。


また、権利の問題とかいろいろあるんでしょうが、歴代の男性アイドルを紹介するコーナーで、ジャニーズ系のアイドルとか、ヒロミゴーあたりをスルーしたり(まずあり得ないでしょ)、ヒットスタジオの映像でジャニーズが見切れている部分では、その姿をしっかりガードしていると思えば(モザイクかけても、トシちゃんとかラッツ&スターってことは丸分かりでしたけど)、ちょっと遠目だけど桜田淳子とか岩崎宏美とかバリバリ分かる映像はモザイクなしで、しかしアップの部分だけモザイクかけたりとか、その一貫性が一切分からず、モヤモヤとして酒が進むったらありゃしません。


制作費、とかの問題もあるのでしょうか。時間もなくて、どうしてもやっつけな感じで作らざるを得ないという、昨今のフジテレビさんにありがちな問題を凝縮しているような気がします。

だったら我々マニアが、これまでどこにも出ていなかった映像や、忘れかけていたことを思い出したいと、虎視眈々としながら目を凝らすような番組など作らないほうがいいのでは、なんて思ってしまいます。


まあ、次回も観ますけどね、たいむとんねる。

最近のアイドルとかが不愉快極まりない言葉遣いでギャアギャア暴れまくる番組よりは、ずっと楽しいですからね。


なんて書きながら、オレもすっかり歳をとったんだなあと、しみじみ。



[PR]
# by yochy-1962 | 2018-08-26 09:01 | 映画・舞台・テレビ | Trackback | Comments(4)