ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

なんでも昨今、若者の間で「昭和歌謡」がブーム、なんだそうです。

70年代後半の歌謡曲など、今聴いても全然色褪せてない、そして、昔は感じられなかった歌詞の「深み」など、今頃になってしみじみ心に沁みたりするのですから、日本人である限り、年齢を超えてその良さは分かる、ってものでしょう。

いや、というより、昨今のJ-POPの歌詞が、あんまりにも不甲斐なく、「半径1メートル」の中の出来事しか描いておらず、さすがにつまらないと青少年達は気がついたのではないでしょうか。

まあ、この間、昭和歌謡が流れる大衆酒場にひとり佇んでいたところ、流れる山本達彦の歌声を「これ、稲垣潤一だよ」と言い張っていた若者がいたりしましたからね、君達もまだまだだねと訳のわからない余裕の笑みをたたえながら、このブームとやらをお高いところから眺めている私なのであります。

「作詞と作曲、それぞれが分業制で、それぞれのプロが書くべきだ」
先日紫綬褒章を受章し、調子に乗っちゃってる、もとい、「いま旬」の作詞家、松本隆先生がいろいろなメディアに登場しておっしゃっている言葉です。
確かにそうです。今のアーティストが、「しみじみ呑めば」「ぽつぽつ呑めば」とか、「プピルピププピル」、「男のワイシャツ着てくるりと回って髪の毛かきあげてる私は18」(笑)みたいな、はっきりはよくわからないけど、なんとなくそのシチュエーションはわかるような歌詞を書くことができるでしょうか。

c0135618_21024948.jpg

で、こちらの本です。
昭和歌謡を彩ってきた作詞家といったら、この2人の他にも、なかにし礼、千家和也、阿木耀子など錚々たる方々がいらっしゃいますが、作詞した数、レコードの売り上げ、そして何と言っても、時代を映す鏡としての、または時代を変えていこうとする鼻息の荒さを持った作詞家となると、やはりこのお二方なのかなあという気がします。

この本は、歌謡曲が華やかだった昭和40年代から、阿久悠、松本隆がどのようにして世の中に出てきたのか、どんな曲を作って、それがどのくらいの売れ行きだったのか、その頃の世相はどんな感じで、歌謡曲はどんな役割を果たしていたのかなど、客観的な数字を示しつつ紹介していて、それはそれは有意義な、とても楽しい一冊ではありました。

昭和歌謡マニアから言わせて貰えば、かなり語り尽くされたことも鼻高々で書かれていてちょっと苦笑、でしたが、まあ、私の昭和歌謡情報は、淳子、百恵、宏美、裕美、ピンクあたりが中心のものだったりするので、五木ひろしとか都はるみとか、いまいち詳しくないアーティストのリアルなレコード売り上げなども知ることができ、昭和歌謡に対してちょっとだけ視野が広がったような気がします。

楽しい本でした。
ここのところ仕事以外で活字を追うのはヤホーニュースか週刊文春、というやさぐれた私にとって、久しぶりに夜を徹して熱中した本に出会えたような気がします。

で、やっぱり思うのは、淳子さん、復帰してください、ということです。
舞台ならなんとかなるんじゃないでしょうか?
大◯し◯ぶ独壇場の、汚らしい(失敬)舞台事情に、一石を投じていただきたい、ただそれだけなのであります。
って、お題とはかなり外れてしまいましたね、失敬失敬これまた失敬。


[PR]
# by yochy-1962 | 2017-11-22 11:23 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
「日本の海では泳がない」「篠山(紀信)先生にしか水着姿は撮らせない」(^_^)。
泳ぎの誘いがあるたびに、こう豪語して友人をけむに巻いていた(つもりの)私。
しかし最近、駅の反対側徒歩10分ほどのところに区民プールがあることを知り、これまで頑なに守っていたその決意をあっさりと捨て、いそいそと水着を抱えて潜入したのでありました。

……いや、天井知らずに増加する体重をなんとかせねば、とは常々思っていたのであります。
健康診断の結果、「あなたは完全にメタボリックシンドロームです。なんとかしないと死にまっせ」と脅迫めいた、ありがたいお言葉もいただいたのでした。

さらに最近、一緒に働く先輩編集者に大きな病気が見つかり、治療に専念するために退職。
健康には気を遣って、最低週一回のウォーキングを欠かさず、きのこ、スプラウト系の野菜など積極的に摂取している私なのですが、これだけでは足りないようです。やはり、歳を重ねたら重ねたなりに健康法も変えていかなければならないようなのです。

代謝はどんどん衰え、ちょっと食べ過ぎたらてきめんに太る、あるいは胃がストライキを起こして一晩中痛む……。
やはり、プラスαの運動をして代謝を促すことは必須。
これからも美味しいお酒をガハガハ笑って飲めるためにも、脱メタボリック!宣言なのです。

で、いざ区民プールに潜入。
ハイソな区だけに(杉並区民でありながら世田谷区民プールを利用)、とてもキレイな温水プール。なんでもゴミ焼却で発生した熱で温水にしているとかで、1時間240円と安価です。

仕事が終わってから、夜8時ぐらいにプールに到着するので、閉館までの1時間のみの利用ですが、この時間になるとキャーキャー騒ぐ子供はおらず、ただひたすら泳ぐ大人の利用者ばかりなので、あまり気をつかうこともなく、快適です。

で、およそ10年ぶりのスイミング〜、となったわけですが……。
さて泳ぐぞーっと、平泳ぎの体勢でスーッと、かっちょよくアーバンに(どんなんだ)泳ぎ出します。
そう、短距離走は苦手ですが、泳ぎのほうは昔から得意で、中でも平泳ぎは校内水泳大会でもいい結果を出していた私。
イメージとしては、そこからスイスイスイッと北島康介ばりのナイスな平泳ぎを披露……のはずが。

ブクブクブク……。
まず、沈むのです。

自分が抱いていたイメージでは、手を前に伸ばし水に乗れば、そのままスーッと前に進んでくれるはずでしたが、それは体重が50キロ台の、スリムなイケメン(?)時代の私でして、もうそれは遠い昔の話。
浮くことも、ちょっと前に進むことも、結構な体力が必要だということを思い知らされたのでありました。

次第に昔を思い出し、ゆっくりながらでも泳ぐことができたのですが、昔は、平泳ぎならいくらでも泳げたはずが、たった25メートルほどでハアハア、ゼイゼイ。
そして腕、肩、背中、腰、普段使わない筋肉がいっせいに悲鳴を上げています。

それでもなんとか頑張って、25メートルでハアハア、しばらく休んで25メートルでゼイゼイ、を数回繰り返し、およそ30分で水泳再デビューは終了。
疲れました。ああ疲れました。
歩くのもやっと、という感じで、転がるようにしてお疲れ様タイム。
ビールの美味かったこと!
(なんのための水泳なのか分かりませんが)
c0135618_19233458.jpg
まあしかし、心地よい疲れではありました。
その日はいつもよりぐっすり眠れたような気がしました。そして、身体中の痛みは次の日には大方消え、あまり肉体的にもダメージはなく、よし、これなら続けられそうな感じです。

何回か通ううちに、やはり昼間や休日は子供も多く、なかなか自由に泳ぐことができないので、仕事帰りの午後8時くらいが狙い目ということが分かりました。
ただ、黙々と泳いでいる皆さん、揃って優雅に、慣れた様子で泳ぎを楽しんでいて、ちょっと自分がみっともないなあとも思ってしまいます。
しかしめげずに泳ぎを続け、その仲間に入れる頃には、きっと私の贅肉もすっきりして、クロールなどでかっちょよく泳げているに、違いありません。
いまはクロールは時期尚早。ふざけているか、溺れているかと勘違いされ、監視員に救助されてしまいかねませんもんね(^_^)。
まあ、頑張ります(^_^)。


[PR]
# by yochy-1962 | 2017-10-15 19:49 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)
大きな声で恫喝したり、威嚇したり、とにかく迫力だけで同じ方向に導こうとしても、それは逆効果ってものなのです。

しかし、いくら上品に振る舞っているつもりでも、「排除」などという恐ろしい言葉を使われたら、その方がその後どんなに素晴らしいことをおっしゃったとしても、申し訳ございません、もうシャットアウトです。

「誠に遺憾ではありますが、この度はご期待に添えず」「悪いけど、来月からは他の人に」などの「排除」を痛いほど経験して来た者にとっては、この言葉を簡単に言える人は、人の心の痛みなど感じることのできない人にしか思えないのです。

やらかしたな、と思います。
失敗から何も学んでいない人、あるいはそれに気づくこともできない人だということでしょう。

この一言でメッキが剥がれました。
一瞬のうちに、大きな支持に守られているという幻想は崩れ去りましたよ。
さようなら。
c0135618_19013926.jpg
ヤケ酒にはつきあいましょう。
この街にはイカす大衆酒場がたくさんたくさん。
そうそう、もうすぐこんな催し物があるんだそうですょ。
支離滅裂でしたね。


[PR]
# by yochy-1962 | 2017-10-03 17:01 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

by yochy-1962