ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

久しぶりの「頭痛の確変ラッシュ」状態に突入し、引きこもりがちの私を心配してか、友人達が頭痛に効くツボを教えてくれたり、効果的な薬の飲み方をお知らせしてくれたり、「肩こりに効くマグネットループが頭痛にもいいよ」とメールをくれたりと、とても感謝、つらい中にもほっこりした気分でいる私です。

しかし、残念ながら私の「群発性頭痛」というものには一切効果はないようで、ただただ、頭痛の嵐がやって来たらおとなしく、不機嫌な「への字顔」をしながら、およそ30分ほど耐えるしかないのです。

全く憂鬱な2017年の夏、であります。

このつらい中、ネットの情報をさらに深く探ってみたところ、この群発性頭痛というものは〔ああ、この病気(?)は、あくまでも自分の症状をサイトで照らし合わせた結果、勝手にそうだと決め込んでいるだけなのですがね。まあ、あまりにもぴったりなので、多分そうだとは思いますが〕、なんと10万人に1人というレアな症状なのだそうです。
全くの一般人として、奥に奥に隠れて過ごしている気になっていた私にとっては、これはこれで凄いことなのではないか、1万人の中から選ばれたシンデレラとか、100年に一度の逸材とか、そういうものにも匹敵するくらい凄いことなのではないかと、一人勝手に驚いているところでもあります。

まあ、自分の馬鹿度を明らかにするのもこの辺にして(^_^)。

しかし、10万人に1人ということは、現在日本人が1億3000万人いるとして……。

日本人では……1300人!

なるほどなあ、たったそれだけの患者のために、医学会が本腰を入れてその治療法、特効薬を研究するわけはないですね。それよりも、まだまだたくさん解明しなくてはならない病気の治療法はあるというものです。

だから、諦めるしかないのです(//∇//)。

……とか言いながら、何かこの症状を抑えてくれる魔法のアイテムはないかと、あっちこっちの情報を探ってみたところ……。

c0135618_19361555.jpg

ジャジャーン!
ベンザ鼻炎スプレー(ドラえもんの声で。もちろん大山バージョン)。
なんでも、このスプレーの成分である「リドカイン」が、局部麻酔のような働きをしてくれて、頭痛をも抑えてくれるらしいのです。

藁をもすがる思いで、さっそく購入。
とにかくこの頭痛は「期間限定」で、夏が過ぎればまるで嘘のように、痛みなど忘れてしまうのです。だから根本から治そうなんて思いません。とりあえず痛みさえ消えてくれればいいと思い、試してみたのですが……。

うん、激しい痛みがやってくる昼過ぎ、そして入浴後にシュッシュッ、とやってみたのですが、そのおかげか、別名「自殺頭痛」とまで言われる、堪えようのない激しい頭痛は、とりあえず回避しているようです。

急に涼しくなって、薬のお世話にならなくても頭痛はやってこなくなっているのかもしれませんがね(^_^)。まあいいか。

とりあえずは、うん、きょうはお酒飲んじゃってもいいかな、というくらいまでは復活したような気になっています。今週末は思い切りスパークできればいいんですけれど(^_^)。

しかしこのリドカインという成分、副作用として「強烈な睡魔」があるようで、今日の午後など、「一人震度7状態」、ぐらんぐらんして仕事になりませんでした、とさ。
(他人事のように書くなってか)



[PR]
# by yochy-1962 | 2017-08-16 20:00 | 健康 | Trackback | Comments(2)
およそ3年に一度やって来る、「頭痛の夏」がやってまいりました。

ネットの情報によると、私のような頭痛は「群発性頭痛」と言うのだそうで、夏限定、毎日予告もなく、頭の奥がズシンズシンと痛み、およそ1時間ほど、堪え切れずに七転八倒を繰り返します。
市販の薬は一切効き目がありません。この頭痛がやって来たら、とにかく安静にして、じっと嵐が過ぎ去るのを待つしかありません。その代わり、痛みが収まったら何事もなく、普通の生活に戻ることができるので、まあ仕方がないと諦めているのですが。

私は20代の頃からこの頭痛に苦しめられていて、情報を持たない頃はどういうことだろう、何か大きな病気の前触れかと、小さくて豊満な胸(?)をプルプルさせていたものでしたが、30代以降の男性に多く(おっさん特有ということか?)、結構こういう悩みを持つ方がいることを知ってからは、ああ、今年もやってきたかと静観できるようにはなったのですがね。

しかし、こういう症状に悩む人が多いというのに、医学会ではあまりその対応に一生懸命ではないようで、近くのクリニックに行っても、全然効かない薬を大量に出されておしまい、という診察を繰り返しています。ネットでも、このタイプの頭痛にはこれ、という薬の紹介! という記事は今のところ発見できていません。

だから、諦めるしかないのです(//∇//)。この三連休、本来ならどこ行こう、どこで遊ぼうと腰が勝手に動き出しちゃう(笑)はずなのですが、いつ頭痛さんがやって来るか分からないので、おとなしくしているしかありません。

c0135618_12010283.jpg

特にお酒を飲んだりすると、確実に頭痛さんが大暴れするので、ここのところはすっかりこういう写真を撮る気力もないのです。なんということでしょう、この私としたら、って感じです。

だから、なんだかすっかり痩せました(^_^)。自分の体はホッピーでできているんだと再認識した今日この頃です(^_^)。
[PR]
# by yochy-1962 | 2017-08-11 11:29 | 健康 | Trackback | Comments(0)
引っ越し先の居酒屋探索もひと段落ついて、馴染みにしたいと思ったイカす店、もう二度と行くもんかと思った店など、だいたいのところは把握したような気になっていたのですが。

ここのところの猛暑がちょっと落ち着き、ゲリラ豪雨もないだろうと見込んだ気だるい日曜の夕暮れ時、お散歩ついでに見つけたお店がなかなか素敵で、ああ、なんて奥深い街に引っ越して来れたのだろうと、改めて我が嗅覚の素晴らしさに感嘆している2017年7月の終わりの私、でございます。

c0135618_19024174.jpg

お店の宣伝をするつもりはさらさらないので(ステマじゃないしね)特に店名は晒しませんが、街のメインストリートからはちょっと逸れた、わざわざ用がなければ通らないところに鎮座する大衆酒場。
チェーン店ではないようです。こういう、地元密着型であろうお店は、これまで嫌という程痛い目に遭ってきたので(詳しくは前の記事を参照願う)、ちょっと入るのは躊躇しちゃうなあと、店頭に提示してあるメニューをぼんやり眺めていたところ、中からふくよかな(お前もな、というツッコミは無用)、気の良さそうなニイちゃんが出てきて、「どうぞどうぞ、席空いてますよ」と感じよく誘ってくださり、じゃあ、とばかりに入店。

メニューの感じは、特に他の居酒屋さんと大差ないですが、おひとり様でも楽しめるよう、小ぶりの安手メニューが豊富です。そして、テーブル席から離れたカウンター席もあるため、「ヒャッヒャッヒャッ〜」という、酔っ払いの下品な笑い声を間近に聞かなくても、静かにお酒を楽しむことができます。
まあ、友人たちと飲むときは率先して自分から上げている奇声ではありますが。まあそれは置いといて(^_^)。

c0135618_19024201.jpg

肝心のお料理ですが、値段の割に細やかな気配りが利いていて、お刺身に添えられた薬味も素敵です。
それで、最初に出てきたお通しも個性豊かで……そう、私は今回、そのことを訴えたかったのです。

キッチュで、お通しは出しませんという店はともかく、300円でも500円でも、とにかくお金をとってお通しを提供するのなら、そこにもしっかり力を入れるべし、それを疎かにしない店こそ、イカした居酒屋であると思うのであります。

ときどき、いつ行ってもお通しはこれ、と頑なに決めているお店に遭遇します。例えば串揚げ屋さんのように、揚げ物ばかりの箸休め、お腹の具合を整えるためにはキャベツ、これしかありませんぜ、というポリシーがあっての場合はそれで構わないと思います。
しかし、何時ぞやテレビでどなたかがおっしゃっていましたが(上岡龍太郎さんだったかなぁ)お通しというものは、ウチの店はこんな料理を出す店でっせ、と宣言するためのもの、なのだと思います。
だから、お通しで、残り物みたいな一品を平気で出すようなお店、そして金太郎飴みたいに、いつ行っても同じものしか出さない店は、結局そういう店なのだと思うしかないのかもしれません。

そう、いくら300円くらいだとしても、全然イカしてないお通しにお金なんか払いたくないですもんね。

ということで、偶然見つけたこの大衆居酒屋さん、地元の居酒屋ランキング初登場1位を獲得です。
おめでとうございます。これからもニヤニヤしながら通いたいと思います(笑)。
[PR]
# by yochy-1962 | 2017-07-30 18:04 | | Trackback | Comments(1)

by yochy-1962