ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

<   2016年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

c0135618_2235073.jpg 事件は、我々友人同士で定期的に行っている「東京煮込みマラソン」(略称にこまら)のゴール地点である赤羽で起きたのでした(写真は特に意味はありません。年賀状用にあちこちで撮った写真の、ボツの一枚です)。

 大衆酒場という安普請の造りだけあって(失敬)、友人が不安定なテーブルに手をついた途端、ガクンとテーブルが傾き、思いっきりビールをぶちまけてしまったのです。

 ビールは、ちょうどテーブルに置いていた私のデジカメめがけて一直線。慌てて水気を拭き取ってみたものの、それから電源を入れてみても、デジカメはうんともすんとも言わず。
 ちょっとビールをかぶっただけなのに、あっという間に御臨終です。

 友人は申し訳なさそうに「ゴメンゴメン」を繰り返すのですが、まあ、これは事故みたいなもので、誰のせいでもありません。友人を責めるわけにはいきません。
 もしかしたら、水分が飛んだら復活してくれるかもしれないと、そのときは「いいよいいよ」と、悠長に構えていたのですが……。

 一週間経っても、二週間経っても、デジカメさんは動く素振りすら見せてくれません。これは本格的に、黄泉の国へと旅立ってしまったようです。

 まあ、もともと貰い物のデジカメだしなあ、それに昨今はスマホのカメラも結構素晴らしい写真が撮れるし、それでいいか……と思っていたのですが……。

 ビールをぶちまけてしまった友人が心配して、「デジカメ復活した? もしダメなら、自分が持ってる古いデジカメがあるんだけど、それ、あげようか?」と言ってくれたのです。

「んー、いい人だ」と、喜んでその御心をいただくことにしたのでした。
 新しい、お古の(ややこしい)デジカメは、画質等、ややグレードは劣るものの、まあ、ブログにアップする程度なら文句言えず使うことはできます。
 これで田舎の同級会やら年賀状用の写真を撮って、うん、まあ使えるだろう、と普段の生活に戻った私でしたが。

 ある日、壊れたデジカメが、もしかしたらいまごろになって動くかも、というか動いちゃったりしてね〜、という軽い気持ちで、また電源を入れてみたところ。
 なんと、黄泉の国から復活して、デジカメさんは正常に動いたのです。
 さすがに日付等のセッティングは初期化されていましたが、以前撮った友人の還暦祝いの(笑)はっちゃけた写真、それから事件当日、赤羽の大衆酒場で撮った美味しい煮込みの写真、全て再びその御尊顔を拝むことができたのでした。

 とりあえずよかった。
 しかし、こうしてデジカメが復活したのですから、友人にちゃんとそれを告白しなくては、私は「壊れた壊れた」と騒いで、まんまと新しいお古の(ややこしい)デジカメをせしめた詐欺男になりかねません。

 まあ、友人もその話を聞いて安堵し、「ああよかった、まあ、あげたのは古いデジカメだし、そのまま使っていいよ〜」と言ってくれるに、違いないと思ったのですが……。

「あっ、そう? じゃあ上げたデジカメ、返してくれる?」
 友人はあっさりと、そう宣ったのでありました。

 まあ、そうだよな。それが普通だよな、とは思ったのですが、もう、その新しいお古の(ややこしい)デジカメさんとも友好関係を結び、使いこなせるようになった矢先でしたから、いいじゃん、一度くださったものなんだから返せなんて言わなくっても……という気持ちもなかったわけではありませんでした。

 でも、仕方ありません。いただいた新しいお古の(ややこしい)デジカメを再び初期化して、友人に返却しようと準備をしていたところ……。

 なんと、また、水をかぶったデジカメさんが再びうんともすんとも言わなくなってしまったのでした。

 いったいどういうことなのでしょう。
 これは、新しいお古の(ややこしい)デジカメさんが、友人の元に帰ることを拒否しているかのように受け取れました。
 って、考え過ぎなのですがね。

 どうしたらいいものか、悩む年の瀬です。
「壊れた詐欺」と「あげるあげる詐欺」の攻防は、年を越しそうな様相を呈しているのであります。

 っていうか、アンタ、もう新しいデジカメを買いなさい、って話なのですがね。
[PR]
by yochy-1962 | 2016-12-28 22:09 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)
 朝の出勤時、いつものコンビニに寄って、いつもの「タリーズ無糖カフェラテ缶コーヒー」を持ってレジに並んでいたのですが、ああそういえば今シーズン、まだ肉まんというものを食べていないことに気がついたのでした。

 これはいけない、肉まんを食べないと年を越せません(ってほどのことじゃないか)。自分の順番が来て、早速レジのおっちゃんに缶コーヒーを渡し、「あと、肉まんをひとつ」と、かっちょよく、ニヒルに決めてみせたところ……。

「すみません、肉まんはただいま準備中でして、あと3分ほどお待ちいただきたいのですが……」
 おっちゃんは申し訳なさそうにおっしゃったのでした。

 えー、3分も待つのお〜?
 私の躍る心はしゅーんと音を立てて萎んでいくのが分かりました。
 たかが3分、ですが、朝の慌ただしい時間。さらに、レジ横でひたすら手持ち無沙汰で、間抜けな顔で肉まんを待つ己の図、が浮かんできました。
 端から見たら、「肉まんを待ってウキウキしているブタみたいなおっさん」のように見えるに違いありません。これはいけません。

「じゃあ、ピザまんはありますか?」
「ああ、そちらもあと3分ほどお時間がかかります」
「カレーまんは?」
「申し訳ございません、そちらも……」
 万事休す、です。

「はあ……」
 気落ちした私に、恐る恐る、という感じで、おっちゃんはおっしゃいました。
「極上肉まん、ならありますが……」

 ご、極上?
 思わず私はその値段を確認しました。
 普通の肉まん100円に対して、極上肉まんは150円です。
 そんなあ。薄給の私に、50円の上乗せなど、なかなか勇気のいることです。

 どうしよっかなあ〜。正直悩みます。
 しかし、ちょっと躊躇している私の背後に、レジの順番を待っている善良な会社員さんたちの視線が集中しています。
 これはいけません。この方達から見たら、今の私は「たった50円の上乗せに駄々をこねてるブタみたいなおっさん」に見えるに違いありません。

「はい、じゃあそれで」
 軽やかに、爽やかに、精一杯の笑みと共に私は宣言したのでした。
 まあ、極上というだけに、きっと身悶えするほど美味な肉まんに違いない。これぞハイソな、シャイニーな人間にこそ味わえる特権!  思う存分楽しませていただこう。そう思って颯爽と、その「極上肉まん」を抱えてコンビニを後にしたのでした。

 しかし。
 その「極上肉まん」とやらですが、ちっとも美味しくない、というより、全然その極上感を味わうことができない一品だったのでした。

 さらに、肉まんの4分の1が蒸し途中なのかなんなのか分かりませんが、ぐっちゃぐちゃで、泣きたくなるほどがっかり感満載。50円返せ〜っ、と私は会社でメールチェックしながら叫んだのでありました。

 本当は、この「極上肉まん」も、あと1、2分ほど蒸したほうがよかったのかもしれませんがね。肉まんに固執するブタみたいなおっさんをどうにかしなくてはというお店側の、やっつけ的な対応だったのかもしれません。ふうっ。

 で、その日のランチはリベンジとばかり、とあるラーメン屋で「とんこつラーメン、全部乗っけで」と、ニヒルに、かっちょよく叫んだ私なのでした。

 チャーシュー、卵など、とにかくその店のトッピングを全て乗せました〜、って感じの、ゴージャスな、セレブにだけ許されるラーメン。

 そうとう期待してそのラーメンを待っていたのですが、到着したのは「えっ、これ?」てくらいの普通のラーメンだったのでした。
 薄っぺらいチャーシューと煮卵が、「ごめんなさいごめんなさい、こんなんでごめんなさい」と言ってるような質素なラーメンだったのです。
 おまけに、なんだかこのラーメン、スープが劇「ヌル」で、どうしてこんなにヌルいラーメンを平気で客の前に提示するのか、厨房の中に入って説教でもしてやりたくなる気分になってしまいました。

 990円という価格が税別価格で、結局1000円以上したのも腹立たしくて、ああ、今日は食べ物運勢50点の日だったなと、肩を落として会社に戻った2016年年の瀬のワタクシ、でございました。
[PR]
by yochy-1962 | 2016-12-23 23:16 | ひとりごと | Trackback | Comments(4)
c0135618_20184368.jpg「今だから話すんだけど……」
 中学校の同級会の席で、だいぶ酒も回った宴たけなわの時間、クラスメイトの女子がポツリと話し始めました。


 ……って、50も超えて女子、ってことはないですが(苦笑)、まあ、いくつになっても同級生は男子、女子、なのですね。そういう、なんの利害関係のない場が楽しくて、あっという間にあの頃に帰れるのが嬉しくて、定期的に同級会なんぞを開いているのですけれども。

 で、その女子は学力優秀、スポーツ万能、まあ、そこそこ可愛い部類に入っていて……、いや、可愛いと言い切ってしまっても構いませんが(笑)。
 ただ、バレーボール部の主将として活躍していて、よく私に腕相撲を挑んでくるマッチョガールでして(中1のとき腕相撲をしたことがあり、僅差で私が負かしたことがそうとう悔しかったみたいで、その後、事あるごとに、いまだったらアタシは絶対に負けない! と勝負を挑んできたのです。こりゃ負けるぞと恐れ、もちろん私は逃げましたが)……まあ、クラスの人気者。人望も厚く、学級委員の常連さんでもあったわけです。

 中2の終わり頃でしょうか、彼女にちょっとした「ロマンス」の噂がありまして、相手はやはり、学級委員常連の男子で、彼はバスケットボール部に所属し、もちろん秀才でスポーツ万能、まあ私の次くらいにハンサムだったので、そうとうの色男と言っても差し支えなかったかと思います(はっ? なにか私、間違ったこと言ってますか?)。

 彼女も彼も、私は中学校の3年間ずっと同じクラスだったので、二人の動向を陰ながらずっと見守っていたのですが(市原悦子かよっ)、彼女のほうが彼にお熱で、彼の方はどちらかと言うと「んー、困ったなあ、嫌いってわけじゃないんだけど、好きって言うほどじゃないしなあ」って感じなのかなあと、ずっと思っていたのでした。

 まあ、美男美女、秀才同士のカップルでしたから、側から見ている我々もなんだか嬉しく、なにかにつけて「ヒューヒュー、アツアツだね~」なんて冷やかしていたのですが(当時こんな言い方をしていたのかどうかは、一切記憶にないのですがね。……ホント、当時はどんな風に言っていたんだろう)。
 とにかく、二人が付き合えばいいのになあ、付き合っちゃえばいいのになあと、みんなで心から応援していたものであります。

c0135618_20184865.jpg で、話は最初の「今だから話すんだけど」です。
「今だから話すんだけど、あの頃、彼から電話があって、いついつに私の家の近くに行くから来てと言われて、その時間に私、こっそりと出かけたんだけど、ちょうどそのとき、帰宅途中の母親に会っちゃって、なにアンタ、なにやってるのって感じで、一緒に家に戻っちゃって、結局会えなかったの」
 そのとき、彼氏はなにを言うために彼女を呼び出したのか、今となっては分かりませんが、彼女の方が彼のことを好きになっていろいろアタックしていたのではなく、どちらかと言ったら彼の方が彼女を好きで、いろいろとアタックしていたんだということが、いまになって知る真実、って感じで、一同驚きでした。


 結局その「デート」は幻に終わり、彼はもしかしたら彼女から拒絶されたと思ったのでしょうか、我々がヒューヒュー言っている間にその恋はひっそりと終わり、二人は高校も一緒だったのに付き合うこともなく、お互い別々の人と結婚して、今に至るというわけです。

 もしあのとき、無事二人が会うことが出来て、デートすることが出来たなら……。部外者はそんなことを考えます。
 運命ってものがあるのなら、もしあのとき思いが通じて二人が一緒になったとしても、結局は元の鞘に収まっていたのかもしれません。
 しかし、ホント人生っていろいろです。ちょっとしたことであっちに行ったりこっちに行ったり、私達はそのちょっとしたことに翻弄されたり、後悔したりしながら人生を過ごしていくものなんだなあと思わずはいられませんでした。

 今だから言えるんだけどと、勇気を持って話してくれた彼女にも感謝。今回の同級会は、大病から復帰して参加してくれた友人もいますし、ホント楽しい夜を共有することができました。

 しかし。
 今までの我々の中学同級会。最近はその彼女がよく参加してくれますが、その前、一度だけ、件の男子が参加したことがあったのでした。
 次回。ぜひ二人が会う機会を作って、「今だから話せること」第2弾を聞きたいものだと思いました。
[PR]
by yochy-1962 | 2016-12-04 20:20 | | Trackback | Comments(0)

by yochy-1962