ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

<   2016年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

c0135618_22332623.jpg ふと、以前自分が書いたブログの文章を懐かしんで読んでいたら、「女優が古くさいエプロンなんかつけちゃって、“アタシ、金麦と待ってる〜”とか叫んじゃってるけど、そんな、発泡酒以下の酒ぐらいで待たれたって、オレはヱビスビールじゃないと帰らないけどね」なんていう記事を2007年に書いていて、ああ、檀れいが出ている「金麦」のCMも、そろそろ10年オンエアされ続けているんだと気づかされたのでした。

 可愛くて、アクティブで、やんちゃな若奥様を演じて10年。もう44歳ということですが、少しもブレることなく、若奥様を演じきるのは大した度胸、もとい、演技力です。

 それに、このCMシリーズが始まった頃は、正直、「誰? この痛々しい感じではしゃいじゃってる人」ぐらいの認識でしかなかったものが、いまや堂々たる認知度。このCMシリーズを皮切りに、女性たちの厳しい視線など気にもせず、ミッチーの嫁の座を射止め、女優としてさらにランクアップ。意地悪な役をやらせたら右に出るものはない、黒木瞳など足元にも及ばない「ヒール女優」として我が世の春を謳歌しているのであります(ああ、あくまでもイメージね。実際にそんな役をやっていたかどうかは定かではありません)。全然褒めてる感はありませんが。

c0135618_22332982.jpg 実際、こういう女性が近くにいたら疲れるだろうなあ、と私は思うのですが、一般的な、あんまり頭を使わないタイプの男性陣は(失敬でございます)、「檀れい、いいよね」などど、こういうタイプを理想の女性像としているようです。
 しかし、「あんまりにも男に媚びているんじゃないの? こういう女こそ、陰で浮気したりスパッと裏切ったりするのよ」などという感想を持つ女性論客と「朝まで生テレビ」あたりでバトルを繰り広げることもよくあったと聞きます(ホンマかいな)。

 まあ、なんだかんだ言ったところで、男と女の間には深い深い溝があるのです。何を言っても無駄だと気づいた「アンチ檀れい派」はもう諦めて、一連のCMを楽しんでしまおうと、「あれは、前に旦那はいないのよ。ひとりでしあわせ芝居を演じているのよ」というシチュエーションを勝手に作り上げ、「檀れい鑑賞法」を確立しているようです。

c0135618_22333357.jpg しかし、もう10年もオンエアされ、まだまだ若奥様です。それはいくらなんでも無理があるのではないでしょうか。
 その昔、この手のCMで圧倒的な、芸術的ともいえる人気を誇ったのは、大原麗子が出演するサントリーレッドのコマーシャルでした。そして、ぐうの音も言わせないくらいなかわいい、一途な、気の強い昭和の若奥さんをバブル期に再生したのは、その佇まいが物議を呼び、どちらかといったら失敗作じゃないかな、と思わせた安田成美のキッコーマンのコマーシャルでした。彼女らが、一体いくつの若奥様という設定だったのかは分かりませんが、確実に現在の檀れい44歳よりは年下だったのではないかと思うのです。
 まあ、44歳だから若奥様プレイをしてはいけないと言っているわけではありません。個人的には、50になっても60になってもこのままで、はしゃぎまわって旦那にイタズラしたり、変顔したりして発泡酒以下の酒を飲んでいただき、人々の涙を誘っていただきたいと思うのですがね(相変わらず意地が悪くて失敬です)。

 ただ、もう檀れいもヨレヨレだから新しい女優を採用しようなんて時が訪れたとしても、じゃあ今の芸能界、檀れいよりも「檀れい的な」佇まいを見せつけてくれる女優さんって、果たしているだろうか、と思うのです。
 昨今の紀香さんなど、なかなかなエグ味っぷりを披露してくださり、「ポスト檀れい」としてはいい位置にいるとは思いますが、ただ炎上するだけで肝心の商品が売れなければどうしようもないですし、なんだか身体が重そうで、檀れいのような、ちょこまかちょこまかした、後ろからケツでも蹴り上げてやりたくなるようなアクティブな動きはできそうもありません。

 そう、やはり現在の「檀れい界」では、檀れい以上に檀れいな物件は他にはありません。檀れい界での檀れいは盤石なのです。

 もしかしたらご本人は、あまりにもイメージが定着してしまったがゆえ、もう「金麦」の広告から卒業したいなんて思っているかもしれません。
 しかし、それは世間が、全国のヒヒオヤジ達が許してくれないのです。これからも、可愛いいを通り越して、なんだかどんどんエスカレートしてすでに痛々しいお姿を演じ続けるのが、彼女の責務とも言えるのかもしれません。
 その先に何が待ち受けているのかは分かりません。大原麗子も、安田成美もなし得なかった可愛いい若奥様の「けもの道」を歩く檀れいさん、これからも応援したいと思います(ぷっ)。
[PR]
by yochy-1962 | 2016-05-30 23:27 | 映画・舞台・テレビ | Trackback | Comments(2)
c0135618_1271375.jpg










「時の流れ」というものに必死で抗ってみても、それは所詮無理な話であって、どんなに頑張って新しい流れを作ってみても、結局、最終的には大河に押し戻され、海に還っていくのが、自分を含めたほとんどの方の「人生」というものなのかもしれません。

 少年少女の頃の夢や憧れを大切にし、ずっと心に持ち続けることは素敵なことだと思いますが、だからと言ってなにもせずにただそれに固執し続けるのは、そういう方は、申し訳ないのですが痛々しい、あるいはホントに真剣に夢に対峙していないのでは、などと思ってしまいます。

 そう、夢は進化するもの。夢に向かって真剣に歩いていたのなら、きっとその夢は、上を向いたり後ろを振り返ったり、転んだり雨に打たれたりしていくうちに少しずつ姿を変え、新しい夢へと導いてくれるはずなのです。
 それが「夢の進化」だと思うのです。決して堕落ではありません。だから、大河に押し戻される人生も、きっと幸せな、実り豊かな人生。そう思って残りの時間を過ごしていこうと思うのです。

 少女の淡い、儚い夢を歌った、昭和を代表するヒット曲の「あなた」。「僕らのポプコンエイジコンサート」で、還暦前の小坂明子さんが登場し、この歌をピアノの弾き語りで披露してくださいました。
 あの、透き通るような美しい少女の熱唱はさすがに望めませんでしたが、ちょっと力を抜いたような、しみじみとした感じで歌う姿に、いろいろな思いが押し寄せてきました。
 まるで、昔見ていて、いまはくちゃくちゃになってどこに行ったのかも分からなくなった自分の夢を久しぶりに見つけ、懐かしい思いで手に取っているかのようでした。多くの観客も、自分が大切にしていた夢とだぶらせ、さまざまな思いを持って時間を共有しているかのようでした。とても素晴らしかったです。
 私ももちろん同じ。そして、そういう心持ちでいられることを幸せに感じるべきだと、つくづく思ったのでした。

 この曲を歌った小坂明子さんにとって、歌の中に出てくる少女のどのくらいが自分自身なのかは知りませんが、その後の小坂さんの夢はいかがだったのでしょうか。
「あなた」を超える曲を作りたい、と思いながら歌い続けてきたのだが、なかなかそれは実現できなかった、とご本人はおっしゃいました。
 その後の作曲家としての活躍は有名ですが、数年前に、インストゥルメンタルのアルバムを発表したところ、それがヨーロッパの国のiTunesチャート、イージーリスリング部門で1位になったのだとか。
「でも、その中でも一番売れたのは『あなた』だったの」
 そんなエピソードを聞かせてくれましたが、それだけ「あなた」は偉大なる曲なのでしょう。
 もしかしたら、小坂さんにとっては、これ以上のものを作らなくてはというプレッシャーが常に付きまとう曲になってしまったのかもしれません。しかし、いまこうして、還暦前になってこの歌を情感たっぷりに歌う彼女はとても素敵だと思いました。

 それにしても、今回登場した谷山浩子さんも、渡辺真知子さんも、揃って今年還暦。ああ、時の流れよ、て感じです。しかしそれは私も同じ。すでにカウントダウンが始まっています(苦笑)。まあ、とにかく健康で迎えられることが目標ですね、飲み過ぎ厳禁。

[PR]
by yochy-1962 | 2016-05-22 12:24 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
c0135618_10421275.jpg 私が「京都の兄」として慕う、版画家で詩人の山田喜代春さんから新刊本が届きました。
 仕事を通して知り合い、もう四半世紀にもなるというのに、こうして便りをくださり、嬉しい限りです。ここ数年は年賀状のやり取りだけのお付き合いになってしまいましたが……あっ、違いました。喜代春さんは年賀状の代わりに毎年ご自分のカレンダーを送ってくださり、それを中止され、私の方は昨年、パソコンに入っている住所録がぶっ壊れて喜代春さんの住所が分からなくなり、携帯電話のデータも飛んでしまって連絡ができないという状態になってしまったのでした。

 ということで、今回の本発送は、私にとっては喜代春さんの住所が分かってホッとした一件、喜代春さんにとっては「お前どうしてるんかい」という生存確認の意味合いもあったのかもしれません(苦笑)。
 とにかく、うれしい便りでした。

 今回の本は「句画帖」と題しているだけあって、美しい版画と俳句のコラボ、という一冊です。
 喜代春さんの詩は、肩ひじ張らずに「普段着」の言葉で、自虐ネタ(?)を織り交ぜ、フッと心を和ませてくれたり、笑わせてくれたりするのが魅力ですが、それを五七五の中に押し込め、「格調」というエッセンスも身にまとい、ますます魅力的な作品となったような気がします。

 私が言うのもおこがましいですが、版画もさらに洗練され、色合いも美しく、昨今は海外でも評価されているというのもうなづける気がしました。
 どのページをめくっても、笑いがあり、ホロっとしたりハッと背筋を伸ばしたりがあり、とても素晴らしい本が出来上がったと思いました。よかったです。

 それにしても、文学でも映画でも、年齢を経ることによって見方は変わるものです。喜代春さんの詩(俳句)に関しても、こんな年齢になり(苦笑)私の好みのタイプもだいぶ変わってきていることに気がつきました。
 昔は、「かなしいときには 橋の欄干をけんけんで渡れ かなしみなんかふっとぶぞ」みたいな、笑いながらもピシッと一本の線が入っているような、人生訓にもなりうるような詩が大好きでした。 しかし今は、もちろんそれらも好きですが、「流れ星 紙ヒコーキほど 飛んで消え」のように、ただぼーっと景色の移り変わりを眺めて、ちょいと昔を懐かしんだり、愛おしく思ったりする詩が大好きになりました。
 それは人生における「発展」なのか、「堕落」なのかは分かりませんが(苦笑)。

 ちなみにこの本、一般書店やAmazonでは購入しにくいようです。お読みになりたい方は、大阪の、株式会社わい・アート(☎03-6311-5380)に問い合わせてくださいね。
[PR]
by yochy-1962 | 2016-05-15 10:53 | 文学・芸術 | Trackback | Comments(0)
 あるときふと、「東京 坂道」で画像検索してみたところ、自分が撮った「のぞき坂」(目白の当たりにある、とんでもない急勾配の坂)の写真がトップに登場して、なんだか天下を取ったようないい気持ちになって、久しぶりに坂道探索です。
 あいかわらずの単純なヤツでございます。友人からは「そんな検索するのはお前ぐらいだ」とも言われましたが(苦笑)。
c0135618_2251454.jpg こちらは港区高輪近辺にある、「魚藍坂」という坂です。
 前々から行ってみなくては、と思っていた坂です。というのも、この坂は金田一耕助シリーズ「病院坂の首縊りの家」の舞台になった坂と言われるところなのです。
 魚藍寺というお寺があるところからつけられた名前だそうですが、このお寺のほか、近くにある高松宮邸の様子まで「病院坂〜」の原作通りの風景が広がっています。
 といっても、昔のまま、はそのくらいなんでしょうけれどね。しかし高級そうなマンションが建ち並ぶ中でも、昭和初期と思われるような家々がところどころに残り、お寺が多く、何となく終戦直後の、ちょっと淋し気な雰囲気が容易に想像できるような気がしました。
 ちなみに本物の「病院坂」は、原作者の横溝正史さんのご自宅近くの、成城近辺にある坂の名前。この坂については、こちらに詳しく書かれています。
 c0135618_22511087.jpg このあたりはちょっとした「坂銀座」状態でして、せっかくだからとほかの坂も探索。こちらは「伊皿子坂」という、ちょっと変わった名前の坂。明国人(中国人)の伊皿子(いんべいす)という人が住んでいたところからつけられた名前、とのことですが、そのほかにも説があるそうな。明国人とあえて書くあたり、いつ頃の時代のことなのでしょうかね。
 この坂と魚藍坂が突き当たる十字路あたりに、高松宮邸があります。
 c0135618_22511724.jpg こちらは幽霊坂。いったい全国に幽霊坂はいくつあるのでしょうか、坂道界(そんなものがあるんかい)の「鈴木さん」「佐藤さん」状態といったところでしょうか。
 その名の通り、この坂沿いにはいくつものお寺、墓地があります。夜歩くのは、ちょっと恐いかな。すぐ前を歩いているお年寄りが突然消えたりして……などと思いながら通りぬけました。
c0135618_22512012.jpg こちらも坂の名前としてはポピュラーな「蛇坂」。
「鼠坂」とか「狸坂」とか、動物の名前がついた坂が、東京にはたくさんあります。東京も、ほんのちょっと前は自然豊かな田舎だったんだなあと容易に想像できますね。

c0135618_22512450.jpg 蛇坂を上り切り、左にお墓群を見下ろし、右に普連土学園という学校(なんという脱力、もとい素敵なネーミング)を見ながら歩いていくと、「安全寺坂」という小さな坂があります。
 江戸の昔に、そういう名前のお寺があったのだそうです。お坊さんの袈裟が黄色かったんじゃないかと、勝手に妄想は膨らみます。

c0135618_22513569.jpg 普連土学園を囲むように、もうひとつの坂「潮見坂」があります。
 この坂の上から、芝浦辺りの潮の満ち引きが見えたというところからつけられた名前なんだそうです。ちょっと今では考えられませんが、そんなに見晴らしがよければ、きっと富士も望むことは出来たんでしょうね。

c0135618_22514080.jpg そして魚藍坂方面に戻る途中にあったのが「聖坂」です。
 昔からの通行路で、その昔、高野山の僧(高野聖)が商人を兼ねて、その宿屋があったところからつけられた名前なのだそうです。
 国道一号線(東海道)に沿った坂。昔から、いろいろな人が、いろいろな思いでこの坂を通っていたのでしょうね。想像するだけで楽しいものです。
c0135618_22515180.jpg 一通りの坂道探索を終え、さて歩いて渋谷まで……と国道方面に向かったのですが、これまで歩いていたところと、桜田通りとの段差は、なんと建物5階分!
 東京は坂の街。つくづく思いました。

[PR]
by yochy-1962 | 2016-05-05 00:19 | 東京坂道百景 | Trackback | Comments(0)
c0135618_2063910.jpg 中島みゆき、世良公則&ツイスト、チャゲ&飛鳥、あみん、八神純子……と聞いて、「ああ、ポプコン出身?」とすぐに答えられる方は、たぶんアラフィフ世代でしょう。同世代の方々、お元気でいらっしゃいますでしょうか。
 そんなアラフィフが、身悶えて喜ぶであろうコンサートに行ってまいりました。
 そう、東京、府中市で行われた「僕らのポプコンエイジ」というコンサートです。

 昭和時代、ヤマハ主催で毎年行われてきたポプコン、すなわちポピュラーソングコンテストからは、先に挙げたビッグアーティストから、ちょっと「しょっぱい」物件(笑)まで、じつにたくさんのアーティストが輩出されました。
 そして毎晩、深夜のラジオでは「こんばんは、大石吾朗です」という声とともに始まる「コッキーポップ」がオンエア。テスト勉強の傍ら、というより、この番組と、その次の「オールナイトニッポン」を聞くために、机の前で勉強する「ふり」をしていたのが、我々世代のほとんど、といっても過言ではないかと思います。

 この日は相曽晴日、下成佐登子、三浦和人(元・雅夢)、元ふきのとう、元NSPで結成されたスリーハンサムズ、そして渡辺真知子、石川優子、そしてそして、あのChageが登場。当時の代表曲を中心に、いまでも素敵な歌声を聞かせてくれました。
「コーヒーハウスにて」という曲、というより「♪あなたの好きな優しさなんて〜」というフレーズを聞かせたら、多分、「ああその歌知ってる」と言われる方が多いであろう、相曽晴日さんはいまでも現役で歌っているそうで、綺麗な歌声は健在で嬉しくなりました。
「秋の一日」という曲を、お嬢様っぽく上品に歌っていた下成佐登子さんは、家庭に入られていましたが最近少しずつステージに立つようになったのだとか。少々あがり気味でハラハラしましたが、清純なイメージはあいかわらず。ああ、幸せな人生を送っているんだろうなあと、こちらも嬉しくなりました。
 渡辺真知子さんについては何も言うことはなし。相変わらずのパワフルな歌声、圧倒的な存在感はさすがでした。
 っていうよりこの人、「迷い道」でデビューしたときはすでにヤマハから卒業していたので、今回のライブでは一連のヒット曲は歌わないかな、と思っていましたが、いきなり「ハーバーライトが〜」と歌い出し、会場もオオーッと歓声が沸き起こりました。
 Chageさんは諸般の事情でソロで登場。んー、もうネタにしてもいい頃かと思いますが、一切何もございませんの体で、かえって緊張してしまいました。
 でも、バックバンドの方や元・雅夢の三浦さんのお手伝いもあり、チャゲアスの初期の名曲を披露。さすがに芸達者な方、楽しいステージパフォーマンスを見せてくれました。
 そしてそして石川優子さん。20数年ぶりの復帰で、この方目当てのお客さんが一番多かったのではないでしょうか。我々は二階席から見ていたのですが、Chageさんとのデュエット曲「ふたりの愛ランド」を歌ったときに、総立ちになった男性ファンの多くの頭頂部が「日の丸状態」だったのはちょっと苦笑、でした。

 一曲一曲を噛みしめるように聴いていると、あっという間に甘く、切なく、幼気な自分の青春時代にタイムスリップすることができて、本当にリフレッシュしたような気持ちになりました。
 あの頃経験したことや、感じたこと全てが、現在の自分を形成している大切な要素であることは間違いありません。それを懐かしく、しみじみとした思いで振り返ることができているということは、結構私は幸せなのかなあと思ったりしています。
c0135618_207375.jpg じつは私、最終日の埼玉公演にも伺うのですが、その回は谷山浩子嬢(写真は奇跡の一枚。なんて失礼な)、小坂明子関(なんて失礼な)も登場。楽しみです。
「そして私は 坊やを編むのよ〜」(怖っ)。

[PR]
by yochy-1962 | 2016-05-01 20:14 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

by yochy-1962