ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

<   2014年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 最近、特に強く感じること。そう、「自分はいつまで現役でいられるのか」という問題です。

 ……なんて書くと、えっ、お前はまだ現役のつもりでいるのか、というツッコミが方々から聞こえて来るような気がするのですが、……はい、まだまだ私は、いろんなシミで、もとい、意味で、現役のつもりでいるのです。
 いまだって、流行には敏感なつもりですし、芸能ニュースにも精通しておりますし、食い放題と聞けばいまだに目を輝かし、エスカレーターやエレベーターを使わず、点滅する信号機目がけて全速力だってできますし、……恋愛だってしています(エアーであるというウワサもありますが)。
 もちろん、仕事だって現役です。いざとなれば抜群の集中力を発揮し、前人未到のウルトラCを披露することだって可能です。まあ、そのようなエネルギーを使う作業は、下手をすると一週間ぐらい寝込んでしまう可能性もあるので、なるべくそういう場面に遭遇しないように、いろいろ手を回してそれらを回避しているのが現状だったりもするのですが。

 だから、若い頃熱中してみたり、憧れたりしていた物件が、静かに「現役」を下りている場面を見たりすると、とても悲しい気持ちになるのと同時に、「なんだよー、頑張れよー、頭使えよー」などと思ってしまうのも事実です。
 ……とか書きながら、どうやってこれから先のものを紹介しようか、上手な方法が思いつかないのですが、とにかく、一世を風靡しながら、いまだに衰えることなく、それどころか、新たな方向性を見出して、いまだに燦然と輝いているシンガー達を紹介しようと思っているのです。

 まずはサーカスの「Mr.サマータイム」。
 和製「マンハッタン・トランスファー」ともいえる彼らですが、毎年のように来日していたマンハッタンさん、最近はあまり噂を聞かないなあと思っていたら、つい先頃、リーダーのティム・ハウザーさんが亡くなったのだそうです。ご冥福をお祈りします。
 和製のほうは、(多分)まだ元気いっぱい。というよりも、ますます円熟味を醸し出し、「酒が進む」ミュージシャンになって、うれしいことこの上もなし、です。


 次は世良公則の「銃爪」。
 この方は、いまは役者としての活躍が主のようですが、やはり我々世代にとっては、あの「大股開き」パフォーマンスのミュージシャン、というイメージが強いのです。そりゃもう、画期的でしたよねあの頃は。
 しかし、現在(といっても、この映像はすでに6年ぐらい前のようですが)、大股開きの代わりになにかをフォローするための(笑)バンダナ、そして少し猫背の、子泣きじじいのような風貌を武器に(?)、とてもかっちょいいアコースティックバージョンの「銃爪」へと進化を遂げました。
 かっこいいです。1粒で二度おいしい、グリコキャラメルを彷彿とさせます(なんのこっちゃ)。


 最後は、伊東ゆかりの「あなたしか見えない」。いい歌です。
 この映像がいつのものか分かりませんが、お顔の引っぱり具合を見ても、たぶんタイムリーではなく、少々時間が経ってからのものと推測されます。しかし相変わらずの、この深い、美しい、甘い歌声はあっぱれです。
 声に関しては、この方は年齢不詳(竹内まりやそっくりだと思いますが)。もともと喉の強い方なのかなと思いますが、昔から「絶唱型」の歌手ではなかったのが、いつまでもその輝きを失わない理由のひとつなのかな、とも思ったりもします。
 そういう意味で、岩崎宏美さんとか大橋純子さんとか、「聞いてよ、アタシ、歌上手いのよ〜」的な「ドヤ顔歌手」は、年齢を経ての歌声は「だいぶ無理して歌っている感」がして、ちょっと残念だなあと思ってしまいます。
 ああ、「あたしキーは昔と全然変わっていないのよー現役よー」を売りにして、昨今、全国を回っている八神純子さんに関しては、いくら声が変わっていなくても、いろんなところが「下がって」きているのにもかかわらず、タイトなスカートをはき、まだまだイケイケよー的な歌い方が、かえって「現役感」から遠ざけてしまっている要因になってしまって、とても残念な気がします。


 まあ、結局のところ、流れに逆らわずに、ってことなのかもしれませんね。
 最初に延々と述べたことと、まったく逆のことを書いているような気もしますがね、まあいいか。
[PR]
by yochy-1962 | 2014-10-24 23:15 | 音楽 | Trackback | Comments(3)
c0135618_20502293.jpg 新宿西口にある「思い出横丁」(通称し◯ん◯ん横丁)にて、ちょいと面白い催し物があると聞き、親友二人と共に鼻息荒く訪れた、ひとつ歳を重ね、ますます艶っぽさに磨きがかかった(?)天たかく吾肥ゆる、秋のワタクシでございます。

c0135618_2052762.jpg その催しというのはご覧の通り、思い出横丁にある数十軒の大衆酒場を訪れてハンコを押していただき、三軒まわると福引きに挑戦できるという、いわゆるスタンプラリーのようなものです。
 店舗によって内容は違いますが、ビールなどの飲み物一杯とおつまみ一種で790円というのは同じ。福引きでは豪華高級牛肉も当たるチャンスがあり、どうしましょみんなですき焼きパーティーでもしちゃう? と壮大な夢が広がりつつ、いざ、横丁に潜入です。

c0135618_2052647.jpg まず一軒目に選んだのはここ、「きくや」というお店です。
 ここは、この横丁内で唯一私が馴染みにしていて、牛スジ煮込みの絶品さは特筆すべきものがあるお店です。

c0135618_20525041.jpgc0135618_20512623.jpgc0135618_20513847.jpg

 まずは生ビールで乾杯! 残念ながら790円コースに牛スジ煮込みは含まれておりませんでしたが、もつ煮込みも絶品。よく煮込まれ、しっかり煮こぼしているため臭みもなく、しっかりしたベテランの味です。
 普段、ひとり呑みするときには決してオーダーしないだろうガツ刺しも美味でした。しかし、この手のものを食べるときは、いつもおっかなびっくり、という感じで食べる「お子ちゃま舌」の私ですので、もれなく肩がこってしまうのがたまにきず、です。

c0135618_20521113.jpg 二軒目は「ばんしゃく家」。初潜入です。
 790円コースは、店のどんなメニューでもオーダーしていい、というわけではなく、店によってはおつまみはおでんだけ、というところもあり、三人分のおでんが来てもそれだけでお腹がいっぱいになってしまうと思い、そういう店はパスです。この店は数種のおつまみの中から選べる、ということでチョイスいたしました。

c0135618_20521754.jpgc0135618_2052981.jpgc0135618_20522558.jpg

 ちょっと揚げ物が多い気もしますが、揚げ物大王の私としては結構結構、です。ここの店ではすじ煮込みもオーダーできたので食べてみましたが、これがまた、よく煮込まれ、それでいてさっぱりとした醤油味がとてもおいしかったです。
 チェーン店の煮込みでは、こういう味は出せないでしょう。煮込みは老舗の一軒呑み屋に限る。これは確かなようです。

c0135618_20525313.jpgc0135618_20515224.jpgc0135618_2052297.jpg

 最後はつるかめ食堂(外観写真撮り忘れ〜。だいぶ酔いがまわっている証拠です)。「食堂」と名乗っているだけあって、ここはご飯もののメニューが豊富です。そしてなんといってもうれしいのは、790円コースでも、オーダーできるメニューに制限はなく(あまり高いものはダメのようでしたが)、その太っ腹に脱帽です。
 ラーメンの具(確か)という名の一品、なまずのてんぷら、チキンの香草焼きと、ふだんあまりお目にかからないものをオーダーしましたが、どれもおいしく、ここは大正解。お酒も追加注文して、ちょいと長居をさせていただきました。
 なまずは以前食べたとき、なんとも泥臭くて美味しくなく、それ以来敬遠していたのですが、ここのはとても食べやすく、一気に「なまず開眼」したような思いでした。
 んー。ごちそうさまです。

c0135618_20531845.jpg で、肝心の福引きですが……、ご覧の通り、濡れティッシュ、さばの缶詰というのが我々の戦利品(苦笑)。
 しかし、さばの缶詰でもなかなかなものです。ちなみにこれは、めっぽうくじ運、パチンコ運だけは群を抜いて強い(ほかの部門はなかなか幸薄いヤツですが)N氏がゲットしたもの。小市民の私とH氏は、お約束通り「ドベ」の濡れティッシュでございました(泣)。

[PR]
by yochy-1962 | 2014-10-05 21:34 | | Trackback | Comments(0)

by yochy-1962