ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

<   2014年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

c0135618_19494697.jpg 先日、とある大衆居酒屋のカウンター席に、いつものように鎮座して、板さんたちの行動をぼんやりと眺めていたときのこと。
 板さんが、冷蔵庫からなにやら真空パックされた物体を出し、封を切って皿の上に並べておられたのでした。

 なんだろう、紅ショウガかな、と思いながら見ていたのですが、板さんは薄いピンク色のようなその物体を、油のようなもので和え、ごまをふり、大葉と大根の「ツマ」をあしらっておいでになります。

「えっ、もしや」と思い、緊張しながらその料理の行く末を見守っていたところ、……やはりそうでした。
「はい、マグロの中落ちカルパッチョ風、お待たせしました!」
 威勢よく私のところに到着した一品、これこそが、あの、真空パックに入っていた「マグロ」、だったのでした。

 うーん、昨今は「刺身」も真空パックになっているんだなあ、と少々驚きです。
 ……いえ、安価が売りの大衆酒場ですし、せっかく仕入れたのにオーダーがなく食材を腐らせたりしたらもったいないですし、季節によってはナマモノは特に「食中毒」の心配もあることですし、もつ焼き、煮込みが中心の大衆酒場では、利便性を考えた結果このようなことがあっても、文句はいえないことだと思います。

 しかし、真空とはいえ(ああ、真空かどうかは確認していないんですけれど)パックされる時点で保存料的なものはいっぱい添加しているだろうし、刺身といっても、こういう状態ならば中国あたりの製造、ということも考えられます。
 まあ、保存料が入っていようと中国産であろうと、人体に害がなければ別に構わないことなのですがね、いつも「安くて美味いところ」を血眼になって探している身としては、こういうこともあるのだぞと、ピシャンと冷たいシャワーを浴びせられたかのような一瞬でした。ああ、見なきゃよかった。

 カウンター席という場所は、ときどきこんな、見たくない光景をうっかり見てしまうこともあるところです。ずっと前のことですが、とある中華料理のお店のランチをカウンター席で待っていたところ、お運びをしたりレジ打ちをしたりしている従業員が、手づかみで漬け物を取り分けている現場を目撃してしまったこともありました。また、誰が使っているのだかわかりませんが、髪の毛がいっぱいはりついたブラシが調理場にころがっているのを見てしまったこともありました。
 まあ、真空パックの件とこれらの件は、次元の違う話ではありますがね。

 あっ、写真は、その大衆酒場とは違う、チェーン店ではないお店の、今月のサービス品。生蛸をポン酢ともみじおろしの湖に浮かべた一品です。
 さすがにこれは「真空パックモノ」ではないでしょう。歯ごたえがたまらない、お酒が進むお味でしたよ。値段はなんと、300円なり!
[PR]
by yochy-1962 | 2014-01-20 22:05 | | Trackback | Comments(4)
c0135618_20104874.jpg キングオブ「お一人様」の私の定位置は、決まって「カウンター席」なのであります。
 そこで私は、いつも不気味な笑みを湛えながら、mixiでつぶやいてみたり、くだらない文章を書いてみたり、周りの若人が繰り広げるろくでもない会話に一人心の中でツッコんでみたり、あまりにもの名言には密かにメモって自分のものにしてみたりと、自分なりの楽しみを満喫しているわけですが……(え、ええ、私、十分幸せですが、何か?)。

 カウンター席というのは、だいたい厨房のすぐ近くに設置されており、自然と板さんらの腕さばきなど見ながら酒を飲む、ということもよくあるわけなのであります。
 店によっては、調理時の煙が客席にまで流れないために、それとも「すみません、あっしは口下手ですけん、話はできませんぜ」という板さんへの配慮なのか、ガラス等で区切っているところもあります。
 まあ、私的には、一人で飲んでいるときは一人の時間を楽しみたいわけで、余計な気を遣うことはしたくないので、ガラス張り上等! なのですが、ガラス等がなく、板さんとコミュニケーションを図りたくてせっせと来店する客に対しては、板さんもなかなか大変だろうなあと思ったりもするのです。

 やっかいなのは、そういう「しゃべりたーい星人」の中には、板さんだけでなく、カウンター席に座った他のお一人様、お二人様とも、秘かにコミュニケーションを図りたいという意図を持っている輩もいるということです。
 そいつらは、お一人様のふるまいをちらちら眺め、ちょっと変わったものを食べていたりすると「板さん、オレも同じものを」と言ってみたり、誰でも知っているようなテレビのネタなどを、板さんに向けて言っているのかこちらに向けて言っているのか、どちらでもとれるような感じで言ってみたりするのです。
 しかし、だいたい50代半ば過ぎ以上、80%はデブのおっさんという「しゃべりたーい星人」の相手など、私がするわけはありません。私は一人を楽しみたくて来ているのですからね。
 それに、うっかりおっさんの話に入ったりでもしたら最後、おっさんは延々と自分の話、それも自慢話ばかりしゃべり出すこと確実。そういう攻撃を得意としている星人なのです。
 これまで、うっかりおっさんの話に相づちをうってしまったばかりに、延々とおっさんの話を聞かされる「おっさんループ」から抜け出せなくなった「被害者」を、私は何度も目撃してきました。
 ですから、カウンター席に一人陣取るときは、携帯、雑誌、文庫本、それと音楽を聴いているふりの「イヤホン」は、私にとっては必須アイテムなのです。

 ……って、言いたいのはそういうことではなくて。

 ガラスで区切っていないカウンター席にいると、自然と調理場で働く方々の働きぶりが見えたり、会話などが耳に入って来たりします。
 それぞれが黙々と仕事をして、ほとんど会話らしい会話のない調理場があったり、大学生らしき若い子達が、楽しみながら、冗談言いながら料理をしているところもあります。おい、そんなに笑いながら調理して、唾とか入れるなよ、とも思いますが、食材の上に寝転がったり、嫌な客の酒に変なもの入れたりしなければ、まあよし、としようと思います。

 嫌なのは、調理場の「長」が、新入りの人にさんざん文句を言っている場を目撃したときです。
 昔から板さんの世界は「縦社会」で、いまでもそういう風習が続いているのかもしれませんが、それでも、新入りのダメ出しは、客の見えないところでやるべきだと思うのです。
 それも、これをああしろだとか、あれはこうしろだとか、新入りにとってプラスになるようなことを言っているのならいいのですが、「何回言ったらわかるんだ、お前は馬鹿だ、のろまだ、クズだ」的な、その人の人格まで否定するようなことを、延々と、ヒステリックにカウンター越しで言い続けているヤツもいるのです。
 せっかくのおいしいお酒が台無しです。「お前のほうが馬鹿で間抜けだ」と、本気で言ってやりたくなります。

「ありがとう」とか「ラッキー」とか、自分が発する言葉を肯定的な、いい響きの言葉ばかりにすること。これが幸せになるまず第一の条件だ、ということをよく聞きます。「言葉には魂がある」ということなのでしょう。
 反対に、嫌な言葉ばかり他人に投げつけながら作る料理など、おいしいはずはありません。体にもよくないような気がします。
 だから、そういう現場を目撃したら、私はだんだんその店には足は向かなくなると思いますし、それは他の人も同じなのでは、と思います。この間行った「そういう店」は、結構安くて、新鮮な刺身が食べられる新宿のお店でしたが、んー残念ですねえ。もう行きません。

 以上、カウンター席からでございました。スタジオにお返ししま〜す。
[PR]
by yochy-1962 | 2014-01-09 21:01 | | Trackback | Comments(4)
c0135618_2128165.jpg 私にとって一年の総決算「紅白歌合戦」も無事終わり、ほっと一息ついている今日この頃です(って、出ていたわけじゃありませんが)。

 サブちゃん最後の紅白だとか、あまちゃんファミリー総登場だとか、大島さんの卒業宣言だとか、綾瀬はるかの「手に汗握る」司会っぷりだとか、いろいろ見どころ満載な今回の紅白でしたが、「ツッコミ星人」こと、ブラック企業も泣いて逃げ出す(笑)私の琴線に触れた、今回の紅白をここで振り返ってみたいと思います。


c0135618_21273920.jpg 「見せる」紅白要員として、きゃりーぱみゅぱみゅやら、ももいろクローバーZやらはそれぞれ頑張っていたと思います。しかしみなさん、前回ほどの新鮮な驚きはなかったのは否めませんでした。ちょっとがっかり。眠たくて、眠たくて〜の人達は面白かったかな。
 そういう意味では、Perfumeのパフォーマンスはなかなか斬新で、お見事だと思いました。テレビ画面に釘付けで、「顔デカッ」と叫んでいましたが(すみません悪魔なもので)。


c0135618_21284769.jpg 薬師丸ひろ子が、こういう形で、こういう衣装で、よもや紅白で熱唱することなど、彼女と共に青春を過ごしたファンは、30年前なら夢にも思わなかったでしょうね、もちろん彼女自身も。
 しかし、この歌はもちろん、そこまでに至るいろいろな演出も含めて、とても感動的でした。あまちゃんロスに悩む方々にとって、ひろ子ファン、キョンキョンファン、はいりファン(笑。いや、私は好きです)にとっても、そして、いまだ復興のために奮闘されている方々にとっても、ホントにうれしい年越しになったのではないでしょうか。
 さすがクドカン、外しませんね。


c0135618_21282521.jpg さて、そろそろ毒吐きます(笑)。
「幸子の後釜」としての役割を担わされて二年、水森かおり嬢の、きゅうりをモチーフにしたパフォーマンスです(笑)。
 やっぱりいまひとつ。「見せ物感」「化け物感」がなくて、あんまり面白くありません。
 んー、前回も思いましたが、もともと「華のない」「幸薄そうな」出で立ちのこの方に、こういうことを強要するのもいかがかと思うのです。痛々しくって、なんだか見ていられませんでした。
 こういう役なら、演歌でいえば、例えば天童よしみあたりにお願いした方がいいのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。
(まあ、天童よしみについては、ふなっしー、くまモンからの見事なリレー、「三大ゆるキャラ」総登場という見事な演出だとは思いましたが。これは絶対NHKのよしみに対するイジメだと私はニラんでいます)


c0135618_21282884.jpg 今回のさゆりは「津軽海峡〜」なので、まあいいかと、特にカメラを構えるまでもないと、悠々と酒など飲んでおりましたが、偶然、岩崎宏美の真似をするコロッケの真似をするさゆりを撮影することに成功(笑)。ここに紹介させていただくことにしました。


c0135618_2128158.jpg 最後は松田聖子です。
 同い年です。そう思うと、このゆで卵のような、というより、ピンピンに張ったゴム風船のような肌は見事だなあと思います。引っ張り切っているのでしょうか。それとも、そんなに富士フィルムの化粧品は素晴らしいのでしょうか。
 声の張りも健在。素晴らしいです。歌い続けるって、歌手にとっては大切なのですね。
 しかし、売れないんだよなあ〜この人。もうヒットチャートをにぎわすのは無理なのでしょうかね。
 そろそろ明菜さんも復帰するようですし、このあたりの方々の大ヒット、というものを、ぜひもう一度見てみたいと思うばかりなのであります。

 なんだかんだいっても、今回もこうして気の合った友人達といっしょに、楽しい年越しをすることができたことに、そして健康で、わっせわっせと食べ、飲むことができたことに、感謝するばかりなのであります。
 エネルギー満タンにして、さあ、2014年のスタートです。

[PR]
by yochy-1962 | 2014-01-02 22:19 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

by yochy-1962