ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

c0135618_21172762.jpg どういうわけだか、私の坂道探索においてすっぽりと抜け落ちていたエリア、市ヶ谷に満を持して参上です。
 このあたりは若い頃から馴染みがあったところですが、坂道がたくさんあるイケてる街、という目で見ていませんでした。もっとも、私がブイブイ言わせていた市ヶ谷というのは、麹町方面に向かうあたりの市ヶ谷で、坂道がたくさんあるのはお堀を越えた新宿区側のほう。こちらはあまり馴染みがありませんでした。
 小石川にある出版社に就職したものの、そこであるひとりの上司から猛烈なイジメにあい(いまだったら逆にイジメ返してやるんですけどね。まだまだその頃はうぶだったのでした)、逃げるように退職。路頭に迷う私を、駆け込み寺のように受け入れてくれたのが、ここ市ヶ谷にある教育関係の出版社でした。
 その会社では、打って変わってみなさんからかわいがっていただき、私は一から出直しとばかりに、編集アシスタントとしてみっちり編集のイロハを勉強し、そこから私の編集者人生は始まるのでした。
 その頃の方達とは、いまでも年賀状のやりとりをしていて、だから市ヶ谷という街は、私にとっていい思い出ばかりの、とても好きな街のひとつなのであります。

c0135618_21174885.jpg 防衛省の裏を回るようにして、まずは左内坂という坂を上ります。
 いわゆる市ヶ谷駐屯地、ですね。市ヶ谷駐屯地というと、やはり三島由紀夫を思い出しますが、昨今の若い人は、三島も漱石もあまり読まないのだとか。うーん、勿体ないことこの上なし、です。
 とか言いながら、高校時代に三島は全部読みました、と豪語している私ですが、あまりにも若かったため、その内容も忘れ、意味もほとんど理解しておらず、もう一度読まんといかんなあと思っているところだったりするのですが(苦笑)。

c0135618_21175881.jpg このあたりは「大日本印刷銀座」でもあります。
 昔、深夜の出張校正で大日本印刷を訪れたことがあるのですが、そのとき出されたお弁当が、嫌がらせのようにまずかったことが、いまでも思い出されます。
 もう20年以上も前の話なので、いまはそんなことはないと思いますがね。
 このあたりに、当時お世話になったフリーの編集者が住んでいて、よく通ったものでしたが、どこだったかもさっぱり思い出せず。それなのにあのお弁当のまずさだけは、頭の中にこびりついて離れないという、まったく食い物の恨みだけは……なヤツでございます。

c0135618_21181263.jpg 一度外堀通りに戻り、またもや坂探索。今度は浄瑠璃坂という坂がお目見えします。
 昔、この坂で「あやつり浄瑠璃」の小屋興行を行ったから、この坂名がつけられたようです。
 このあたり、昔は武家屋敷がたくさんあったようですが、現在もお金持ち風の家があちこちにあって、閑静だし、いいなあ、こんなところに住みたいなあと思わせます。

c0135618_21182331.jpg さきほど、大日本印刷の前を通りかかったとき、どこに続いているのかわからない歩道橋がありましたので、そこを探してみたところ、こんな感じでした。
 街全体が坂で出来ているので、さっき通った道が、はるか下の方にある、ということも当たり前のようにあります。

c0135618_21183763.jpg で、歩道橋から続いている坂が「芥坂(ごみざか)」という坂なのでした。
 ごみ坂? まさかゴミ、のことじゃないよな、と思いましたが、どうもそれは本当らしく、歩道橋ができる前は、この坂はずっと下の方まで続く坂だったようで(現在印刷工場ができてしまったので、坂道の途中で歩道橋を作ったというわけですね)、その底の方にゴミ捨て場があったようです。
 別名「暗闇坂」ともいわれるので、このあたりは、きっとゴミ捨て場に相応しい暗がりだったのかもしれません。

c0135618_21183546.jpg うっかり上のほうを歩きすぎると、もうそこは牛込です。
 神楽坂の裏手あたり、ちょっとお忍びで行くにふさわしいこじゃれたレストランとかバーとかがあるエリアです。
 別に私はお忍びする必要もありませんので、ちょっとイケてる酒屋さんの看板を写真に収めて、退散です。

c0135618_21183876.jpg またまた外堀通りまで引き返し、東京理科大などを見ながら「逢坂(おうさか)」という急勾配の坂に到着。
 坂名の由来は、読んで字の如く、恋愛にまつわる話で「ケッ」としてスルーしましたが、坂の下にある、「堀兼の井」という井戸の跡にまつわる話はちょっと悲しかったです。
 昔、後妻が先妻の息子をひどくいじめて、いたずらしないようにと庭先に素手で井戸を掘らせたのだそうです。息子は朝から晩まで素手で井戸を掘ったのだが水は出ず、とうとう死んでしまったという伝説がこの井戸にはあるそうなのですが、現代でいうところのDVですね。思わずその息子さんに手を合わせずにはいられませんでした。

c0135618_2118417.jpg 新坂。こちらもその名の通り、あるお屋敷の中に新たに道を通すことになり(そのへんでびっくりですが)、それでつけられた名前なのだとか。
 確かにこのあたり、ちょっとやそっとでは買えないような高級マンションとか、どこまでが敷地なの? と思うようなお屋敷もたくさんたくさん。
 指をくわえているだけの私ですが、まあ、オオゼキみたいな気の利いたスーパーもありませんからね、案外暮らしにくいところかもしれませんね、けっ(まあ、このあたりに住む方は、お車で紀ノ国屋あたりまでお買い物でもするんでしょうけれど。けっ)。

c0135618_21184475.jpg 庚嶺坂(ゆれいさか)。江戸初期、この坂のあたりが美しい梅林であったため、二代将軍徳川秀忠が中国江西省の梅の名所大庚嶺に因み、命名したと伝えられています。別名が多い坂でもあるようで、「若宮坂」「行人坂」「祐玄坂」、そして「幽霊坂」という名もあるのだとか。

c0135618_21185311.jpg で、この坂の先にはこんなこじんまりとした神社「若宮八幡宮」がありまして……。

c0135618_21185671.jpg もうここは神楽坂、なのです。
 あいかわらず賑やかな街です。久しぶりに立ち寄ったので、お気に入りの大学いもでも買って帰ろうかと思いましたが、残念ながら日曜日は休み。「五十番」で肉まんでも買おうかと思いましたが、ああ、そういえば夜は……。

c0135618_21185954.jpg そうでした。新宿にも「かぶら屋」があることを知り、さっそく探索してみようと約束していたのでした。
 ここのしぞーかおでん(この店では黒おでん、というのですけれども)、あいかわらず美味です。
 しかし、もっとイケてるしぞーかおでんの店を、高田馬場て発見! それはまた後日。
[PR]
by yochy-1962 | 2013-02-27 22:20 | Tokyo迷子ウォーキング | Trackback | Comments(0)
 いま、巷で話題、女性誌や子ども向け雑誌、経済情報誌までもが特集を組むという(ウソ)「から揚げお化け」についてはご存知でしょうか。

 から揚げお化けは、文字通りから揚げが大好きなお化けのことで、日没後、19時〜21時くらいの渋谷区、もしくは世田谷区の、人通りのない暗がりの道によく出没するという情報を得ています。

 普通お化けというものは、人気のないところにこっそり立って、そこを通りかかる人を驚かせたり、写ってはいけない写真にうっかり写って人々を恐怖のどん底に陥れるのがおもな仕事(?)ですが、から揚げお化けは、人通りのないところに出没するところは同じですが、できたら人に会いたくないというスタンスでいるのが特徴で、だから、うっかりから揚げお化けとすれ違ってしまったら最後、ものすごい威嚇した目で相手を睨み付け、その場から退散させてしまいます。
 しかし、イヌにはしつこく吠えられ、あるいは抱きつかれたりしてしまうという弱点ももっています。

 から揚げお化けは、小田急デパートの地下食品売り場で売っているジューシーフライドチキン、または京王線笹塚駅のショッピングアーケードにある「福のから」という店のから揚げ、またはローソンで売っている醤油味のから揚げがお気に入りです。
 しかし、同じローソンでも「からあげくん」については、あの人工肉っぽいたたずまいがから揚げお化けの琴線に触れず、あまり購入することはありません。同じ理由で、マクドナルドのチキンナゲットも、から揚げお化けの購入欲をそそるものではないようです。

 そして、から揚げお化けはケンタッキーフライドチキンもあまり好んでおりません。味についてはリスペクトに近いくらいの評価をしているのですが、「骨付き」であるというところがネックになって(そうでない商品もあるようですが)、そしてなかなかの高価格であるという理由もあって、つい購入をためらってしまうのです。
 骨付きのから揚げは、ひとつひとつがどうしても大ぶりになってしまい、食べる動作もそれに比例して大きくなってしまうため、歩きながらこっそりと食べるには不都合なのです。そして残った骨を平気で道端に捨てることができる、◯国人のようなふるまいは、さすがのから揚げお化けにもできないようです。

 そう、から揚げお化けがから揚げお化けである所以は、「歩きながら」から揚げを食す快感を覚えてしまったところにあるのです。
 いや、から揚げお化けは、最初から歩きながらから揚げを食べようと思って「福のから」の店頭に並んでいるのではありません。
 から揚げお化けは、仕事帰りに約1時間ほどのウォーキングを日課としています。毎日のことですし、歩くという単調な行動ですから、飽きがこないようにと、いろいろなルートを持っているのですが、そこに、関所のようにいろいろな「トライアルエリア」が用意されています。
 その最たるものが「大衆酒場」でして、気がつくとから揚げお化けは健康のため、ダイエットのためにウォーキングをしているのだぞということも忘れ、酒場のカウンターにひとり陣取り、「ホッピーと豚バラ串、ハラミ、塩で!」などと叫んでいることがあまりにも多過ぎるのです。
 こりゃいかんぞ、そうだ、ウォーキング途中に何か夕食のおかずを、あるいは家での酒のつまみを購入してしまえば、居酒屋に行かなくて済むのではないか、と思い、ウォーキング途中にあるから揚げ専門店や、コンビニに寄っているという事情があるのです。

 しかし、無事から揚げを購入したはいいものの、夜道を軽やかに、爽やかに、そして優雅にウォーキングしているつもりのから揚げお化けですが、実はお腹はグーグー、いま、この瞬間、ジャストナウ、から揚げを食べてしまいたくてたまらなくなっているのです。

 しかししかし、人目も憚らず、袋からから揚げをおもむろに取り出し、むしゃむしゃとから揚げにかぶりつくことができるほど、から揚げお化けには羞恥心が欠落しているわけではありません。
 ですから、隙を見て、ひとくちでパクッと口の中に入るサイズの、骨つきでないから揚げを頬張り、何事もなかったかのように、優雅に、微笑みすら浮かべているかのような表情で、から揚げを食すのです。とても鮮やかなのです。

 ただ、いくら人の目を盗んで……と言っても、肩がぶつかるくらい人でごった返した通りでは、すぐにから揚げお化けの正体がバレてしまいます。たたでさえ丸い顔が、から揚げでますます膨れ上がり、「あっ、あのおじさん、なんか変」とか遠慮のないガキから指差されたりでもしたら、たまったものではありません。
 だから、から揚げ購入後のから揚げお化けのウォーキングルートは、なるべくなるべく、人の通らない暗い道をチョイスせざるを得なくなります。
 しかし、なかなか人っ子一人歩かない道を探すのも、東京23区では簡単なことではありません。1人だけ前を歩いていたのが、やっと次の角で横に曲がってくれて、よし、やった、これでから揚げタイムが! と思い袋からから揚げを出した瞬間、さっき曲がった人が何を思ったのか引き返して来て、から揚げにパクついた瞬間、目と目が合ってしまったこともあるのです。
 そんなときは仕方ありません。「な、なんだよ。こっち見るなよ」という、ものすごい目つきで相手を威嚇し、睨みつけるしかありません。から揚げお化けに出会ってしまったときの恐怖は、ここにあるのです。
 さっきまで気取って歩いていたおっちゃんが、ちょっと目を離した瞬間に、茶色の肉片を頬張り、顔が1.5倍になっていた……そんな光景を見てしまったら、人々は声を上げたりはしないとしても、思わずツイッターで「おっさんが歩きながらから揚げを食べているなう」くらいのことをつぶやくに違いありません。それが昨今の「から揚げお化け」ブームとして、世間をにぎわしている、ということなのですね(一応念のため、そんなブームはありません)。

 しかしまあ、この、人の目を盗んで食べるから揚げの、背徳的な美味しさ! 庶民に与えられた至福のひととき! 
 すっかりクセになって、1個だけのつもりが2個、いいやもう1個だけ……と言っているうちに、家に着く前にから揚げ完食! ということも一度、二度ではありません。
 ご飯のおかずとして、定食屋などで食べるときはそれほど思わないのに、どうして歩きながら食べるから揚げはこんなに美味しいのか、これは大いに宣伝しなくてはいけないと、こうしてから揚げお化け、つまり私は、長々とブログに綴るのでありました。

 どうです? 夕食のおかずにと思って購入したから揚げを、帰り道、こっそりと頬張るときの快感を、あなたも味わってみませんか?
 これであなたもりっぱなから揚げお化け、です。
[PR]
by yochy-1962 | 2013-02-11 22:09 | グルメ | Trackback | Comments(2)

by yochy-1962