ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

c0135618_2320769.jpg 久しぶりに上野・アメ横に参上! です。
 といっても来年のお正月の食材を買いにきたわけではなく(当たり前だ)、「ポスト桑名」を目指してスカジャンを着ようと思い立ったのでもありません。
 学生時代の友人が、この度、実家がある岩手県大船渡市にIターンすることになり、送別会&壮行会をここ上野で開催することになったのでした。
 大船渡といえば、大震災で甚大な被害を受けた場所。海から5分という友人の実家も、例外なく津波で流されてしまったそうです。しかし幸いなことにご両親は早くに避難し、無事だったのですが、現在も仮設住宅住まいの身。そこで自分がなんとかしなきゃ、ということで、えいやっ、とばかりに、いろんなものを捨てて引っ越すことにしたのでした。
 少しずつですが、大船渡にも活気が戻りつつあり、求人も増えて来ているようです。明るい未来を信じての再スタート。湿っぽくならずに、明るく送り出してあげるのが友人、ってものだと思います。

c0135618_23202011.jpg その前に、有志で昔よく遊んだ上野近辺を探訪。
 しかしもう30年も前のこととあって、よく行ったボウリング場はなくなっていて、大騒ぎして追い出された喫茶店も跡形もなく、定食屋とかクレープ屋などは、どこにあったかも思い出せない有様。
 かろうじて「あっ、昔よくここ行ったね」という店が存在していて、それはアメ横にある「マーブル」という喫茶店です。

c0135618_23202666.jpg なんでもこのお店、もう50年もの歴史があるのだとか(オレと同い年じゃん)で、ソファーについた煙草の跡とかが、十分にそれを物語っています。
 昔もよく食べたホットドックを堪能。「アブアブ」で買い物をした後とか、「時をかける少女」や「天城越え」などの映画を観た後などにも、よく立ち寄って、このホットドックを食べていた思い出があります。
 昔はよく喫茶店でしゃべっていたよなあ、とつくづく思います。コーヒーが当時いくらだったのか、すでに思い出せなくなっていますが、当時銀座の喫茶店のコーヒーが600円で、「ひえーっ、高い」と叫んでいたのを思い出すので、たぶん300円くらいだったのでしょうか。となると、現在のドトールコーヒーなどの店と変わらないのですよね。結構贅沢していたのかなあ。
 まあ、居酒屋とかにはあんまり行ってなかった……いやいや、新宿の「じゃがいも山ちゃん」は、我々は常連だったよなあ……。もしかしたら、金銭感覚はいまとあんまり変わっていないのかもしれません。仕送りもあったし、バイトもしていたから、みんな「学生貴族」だったのかもしれません。
 ホットドックは当時と変わらないお味、のようで、懐かしい〜を連呼しながら、宴会前だというのにペロリ、でした。

c0135618_23203235.jpg さて、宴会は「香家」という個室居酒屋。
 きれいな、ちょっと高級感漂う雰囲気がグー、です。ここは飲み放題で3時間も粘らせてくれるのでチョイスいたしましたが、落ち着いていて、我々「レッカーズ」(漢字で書くと劣化ーず。笑)のお眼鏡にもかなう、なかなかいいお店でございました。

c0135618_23203619.jpg 料理も、ちょっと上のランクをチョイスいたしましたので、なかなか上等な感じ、もつ焼きとかキャベツぶつ切りのようなメニューはないようです。まあ、「盛り」もなかなかお上品でしたがね。

c0135618_23205050.jpgc0135618_23204855.jpgc0135618_23204373.jpgc0135618_2320401.jpg

 写真でご覧いただいてもわかるように、料理はふつうの居酒屋より一工夫、二工夫がされていて、とてもおいしいものばかり。ちょっとした料亭に来ている錯覚さえ覚えます。
 まあ、惜しむらくはお酒がちょっと薄かったこと。こりゃ「割り」の酒はダメだぞ、と早くから認識した我々は、途中からビールとワインばかりオーダーして、難を逃れました。こちとらプロでございますからね、負けてはおられません(笑)。

c0135618_2320547.jpg ちなみにこれは、友人の子ども(小学3年生)が描いてくれた、私の似顔絵。顔をまんまるに描いてないのは、子どもながらに、そうとう私に気を遣ったのでしょうか(笑)。「けい事ばん」というのは「刑事さん」だったのか、それとも「掲示板」だったのかは、わかりません。

 なんだか壮行会だとか送別会だとか言いながら、結局大騒ぎして、大笑いして終わってしまった会でした。まあ、それはそれでよかったのかもしれません。笑いは明日を生きるエネルギーになるはずです。泣くよりは、笑う方が大変だと思ったことが、みんな一度はあるからこそ、いまこうして笑い合える時間を大切にしているのかもしれません。
 落ち着いたら、一度私も大船渡に行ってみようと思います。実はまだ一度も岩手県には足を踏み入れていないのです。
 大好きな宮沢賢治のふるさとでもある岩手県。まだ「観光」に行くのは早いのかもしれませんが、それまでに自分も力を溜めて、また大笑いしながら岩手の海の幸を頬張りたいと思っているところです。
c0135618_23262389.jpg

最後に「レッカーズ」プラス1、の記念写真(笑)。
[PR]
by yochy-1962 | 2013-01-29 21:19 | グルメ | Trackback | Comments(0)
c0135618_22201479.jpg 「キューピ−3分クッキング」が50周年なんだそうです。
 それにちなんで、というわけではありませんが、友人からおすそわけしていただいた「じゃこ」の消費について、仕事そっちのけで思いを巡らしていたところ、某サイトに「豆苗とじゃこの炒め物」なんて料理が紹介されていて、「おっ、豆苗ならウチで見事に育っている!」ということで、さっそく作ってみることにしたのです。

 ああ、豆苗は最近、私が凝りに凝っている野菜(エンドウの若芽)でして、スーパーで1パック98円ほどと安価なわりに、βーカロテンはホウレンソウの11倍、その他ビタミンC、葉酸、ビタミンEも豊富な、喉から手が出るほど渇望している(笑)「抗酸化」食材なのです。
 そして、豆苗の魅力はそれだけでなく、根付きで売られているものは、水につけておけば再収穫もでき、経済的この上なし、なのですよ奥さん。
 ……まあ、毎日スーパーに行っている奥さんなら、わざわざここで私が説明するまでもないでしょうがね。

 で、我が家には、その「再収穫時よーん、食べて食べて」と腰をくねくねさせている豆苗さんがありまして、冷蔵庫を開けましたら「いま食わないと腐ってやるからな」とキレ気味のもやしさん、ちくわさんなどもありましたので、これらを一気にじゃこ風味に仕立て、できあがったのが写真の一品、というわけなのです。
 ごま油とにんにくで風味をつけ、酒と醤油で味付け。そしてじゃこ。これで美味しくならないわけがありません。
 文句なし! ご飯のおかずにも、お酒のつまみにもぴったりです。若返りの栄養素もたっぷり、カルシウムもたっぷり。今夜は微笑みながら眠ることができそうです。
[PR]
by yochy-1962 | 2013-01-21 22:44 | グルメ | Trackback | Comments(0)
 寸分違わぬ思い通りの人生を歩いている人なんて、そうめったにいるものじゃないと思うし、そう言い切れる人というのは、そうとうのお人好しか、案外想像力に欠けている人、だったりするのかもしれません。
 だからといって、おっかない顔をして嘆いてばかりいてもなんの解決にもならないということは、早かれ遅かれ誰でも気づくもので(あっ、いや、文句ばかり言って自分自身はなんの成長もせず、反省もせず、その必要性も感じていないような人が、ごくたまにいます)、だからとりあえずニカッと笑い、せめてきょう一日を楽しく生きていこう、という毎日を積み重ねていくのが人生、なのかもしれません。
 そう、ちりも積もれば山となる。毎日笑って過ごせば、きっといい人生だったと脳味噌も納得してくれるはずなのです。

 それでも、ごくたまに、「ああ、あのときああすればよかったかな」とか「こうしていたら、ちょっと自分の人生が変わっていたかもしれないな」などと思いはじめて、遠い遠い水平線の彼方を見つめたくなるようなときがやってくるものです。
 それが、自分の短気で、頑固で、やたらプライドばかり高いような性格が原因だったりすると、なおさらです。
 いや、短気は損気だと、あえて鈍感でおおらかな性格のように振る舞っていたことが後悔の原因だったこともあるので、結局は同じなのかもしれませんが。

 まあ、自分の性格が災いして、自分だけがバカを見るのならいいですが、それが他人をも巻き込んでしまうとなると、反省、だけでは済まないことです。ああ、もう一度あの時間に戻してほしい! と思うことが、なんと多いことか……です。

 新年早々、そんなことばかり考えて眠れない夜を過ごしたりもしていましたが(昼寝はたっぷりしましたが)、もしそのときに違う行動をしていたとしても、結局は違う場面での選択肢の結果、同じような着地にとどまっていたのでは、と考えるようにしました。
 そればかりは神のみぞ知る話。どういう選択が自分にとってベストだったのかを考えるのではなく、ベストを続けて来た結果が、私の現在であり、周りの現在でもあると思うことにしました。
 少年老いやすく、学一向に成り難し。これ以上眠れない夜を続けていても、ただお肌の劣化を招くだけなのであります。

 ま、とりあえず歩いていきましょう。無事2012年12月23日も過ぎていきましたから(大笑。このことでちょっとひとこと言ってやりたい人がいるのだけれど、まあいいか)、きっと今年はいいことがあるでしょう。きっと。
[PR]
by yochy-1962 | 2013-01-11 23:48 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
c0135618_1638660.jpg 私が多分、一年のうちで一番大切で、そのために生きているといっても、決して過言でない日が12月31日、そう、紅白歌合戦の日なのです。
 大晦日であることを忘れていて、ハッ!としてテレビをつけたら「蛍の光」が流れていたとか、車の渋滞に巻き込まれて身動きできなくなってしまい、刻々と時間だけが過ぎて焦りに焦りまくってしまったとか、あるときは出演者としてサブちゃんとかアッコに挨拶しながら出番を待っていたりとか(誰のつもりだよ)、「紅白歌合戦を見られない」という悪夢も何度か見ましたが、とりあえずこうして、今年も友人達と「紅白歌合戦大ツッコミの宴」の時間を過ごすことができ、これ以上ない幸せを噛み締めていた大晦日でした。

c0135618_16381978.jpg とか言いながら、酒飲んだりくっちゃべったり餃子を焼いたりとかをしつつの紅白視聴ですので、全部をくまなく観ていたわけではありません。しかし、とりあえず私の琴線に触れたスター達のパフォーマンスをちょっとご紹介。
 まずは水森かおり嬢の衣装、というよりセット(笑)。
 毎年恒例だった、小林幸子の穴を埋めるべく奮闘した水森さんでしたが、ただドレスがでっかくなっただけ、という印象の、ちょっと残念なステージ。
 せっかくここまでやるんだったら、バックももうちょっとゴージャスにするとか、背中に羽でも背負ってみたらどうだろうか、などと思ってしまいました。まあ、もともと幸薄そうな(失敬)、あまり華がない(重ね重ね失敬)感じの彼女に、こういう大役を任せるのが酷、というものかもしれません。ここで幸子の偉大さを改めて知るという、皮肉な結果となってしまったのでした。

c0135618_16382725.jpg きゃりーぱみゅぱみゅとか、美輪明宏さんとか、「見せる」ステージが至上命令だった方達は、それなりに素晴らしいパフォーマンスを見せてくださり、とても満足でしたが、私が一番ブラボー! と叫びたかったのは、ももいろクローバーZのステージ。
 最近のアイドルはなんだかわけがわからなくて、最初から降参、と白旗を上げてしまいたくなる数年間でしたが、この子達のステージは、セットとともに、エキサイティングで見応えたっぷり。とても素晴らしかったと思いました。
 それに比べて、AKBとかはあんまり面白くなかったな。ああ、ジャニーズさん達のときはトイレタイム。

c0135618_16385072.jpg で、なぜここで森進一なのかは、あまり意味はありません。
 正月ボケの頭に、冷たいシャワーでも浴びせて、さあ、明日から頑張らないと、と思っていただくための、嫌がらせです(笑)。
 森さんのお顔が、これからどのように進化していくのか、ずっと見守っていかなくてはならないのが、我々昭和世代の使命なのです(ホンマかいな)。

c0135618_16385633.jpg さて、今回の紅白は、坂本冬美「夜桜お七」、石川さゆり「天城越え」という「女演歌の永遠の名曲」が一緒に堪能できるという、皆既日食よりもプレミア(?)な年でもありました。
 まずは「夜桜お七」。やはり、この人はこういう歌が一番似合っていると思います。あとは「火の国の女」(だったかな)もいいですね。ただ、今回は氷川きよしと同じセットで、ちょっとゴージャス感に欠ける感じが残念でした。

c0135618_1639090.jpg そしてやはり、やはり、石川さゆりといったらこの「キメ顔」です。この顔を見るために、我々は毎日毎日、汗水垂らして仕事に励み、健康に留意し、生きているのです。えっ、違いますか。
 今回も情念たっぷりのさゆり節に感動です。ただ、歌い終わるときに、着物の裾を振り乱しながらカメラに向かって二、三歩突進するパフォーマンスが見せ場だったのが、今回は封印されていてちょっと残念。どうしちゃったんでしょうか。コンドロイチンが足りなかったのでしょうか。

 まあ、今回も堪能させていただきました。何でも、視聴率はなんとか40%台を死守、みたいな報道がされていましたが、人々があっちこっち、いろんな方向を見ているこのご時世(もちろんそれはそれでとても健康的な、いいことだとは思いますが)、これだけの視聴率が取れる番組はほかにはありません。紅白フォーエバー。これからもよろしくお願いいたします、NHKさま。
[PR]
by yochy-1962 | 2013-01-06 17:33 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

by yochy-1962