ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

c0135618_712373.jpg こんな時期に不謹慎かと思われるかもしれませんが、これは地震よりも前の出来事ですし、とりあえずアップしておかないと前に進めないということで、記事にさせていただきました。
 そう、去る9日、にこけん(日本煮込み研究会)メンバーによる総会、という名の飲み会が、私がちょっとだけ関わっている西巣鴨のもつ焼き屋「エビス参」にて行われました。
 当然幹事は私。しかし仕事のために遅刻、そしてデジカメの電池が切れていて何も撮影できないという、近頃のヘタレ具合をそのまま皆様にお見せするという、不甲斐ない幹事ぶりではありましたが、いつものメンバーと楽しく、いろいろな話で盛り上がり、ストレスをバシバシ発散して店をあとにすることができました。
 それも これも、みなさんの暖かいキャラクターと、酒を愛し、このような場を心から楽しんでくれる気持ちがあったからこそ。これからも大切にしたい時間、そして仲間達だなあと思いました。

 今回、肝心の「煮込み」については一番の注意を払い、塩もつ煮込みと、すじ煮込みをみなさんに食していただきましたが、みんな「おいしい!」という太鼓判をいただき、ホッとしています。
 エビス参の煮込みは、お肉のおいしさを感じて欲しい、という理由で、あえてにんじん、大根などの野菜を入れず、お肉だけで勝負しています。よく、もつ煮込みといいながら、肉はほんの2、3切れ、あとは野菜ばかりなり〜というものもありますが、この店はなんと潔い、プリップリの肉ばかりでなんと300円。絶対にお勧めです。

 また、この店の名物「レバ刺し」。レバ嫌いの私が、ついに「レバ開眼」してしまったというくらい、臭みがなく、食感もよいレバ刺しですが、「おばあちゃんの遺言」(笑)で絶対にレバ刺しだけは食わないと宣言していたぽぱいさんまでもが「おいしい」と言ってくれたのが、今回の一番の収穫だったかな(笑)。
[PR]
by yochy-1962 | 2011-03-14 07:29 | にこけん(煮込み研究会) | Trackback | Comments(12)
みなさん無事でしたか!
こちらは、とりあえず大丈夫。ビルがこんにゃくみたいにしなっている図を見たときは、さすがにぞっとしましたが。
電車が止まり、巣鴨から下北沢まで歩かなくてはなりませんでしたが、正直、「迷子ウォーカー」の私にとっては、そんなこと屁のカッパ。
一日も早く、平穏な毎日が戻りますように。
[PR]
by yochy-1962 | 2011-03-12 00:14 | ひとりごと | Trackback | Comments(16)
c0135618_1619864.jpg オープン以来、「連日大繁盛。なかなか入ることができないお店」として大人気の居酒屋、中山道沿いにある「さぶろく」に、ついに潜入成功です。
 まるで映画のセットのような、ちょっと古びた風な店構え。んーいいですねえ。期待に胸が膨らみます。

c0135618_1625932.jpg 店内はカウンター席が少々あるほかは、ほとんどがコンパーチブル形式になっており、小宴会などにうってつけ、といった感じ。もうちょっと大衆酒場的なイメージを抱いていたのですが、ちょっと拍子抜け。あ、いや、これは決して悪い意味ではないですけれどもね。
 刺身盛り合わせはこんな感じ。ゴージャス感漂う演出に心躍ります。

c0135618_1633795.jpg ここでもエビの串揚げをオーダー(好きだねえ)。うーん、これはいまひとつボリューム感に欠けていたかな。残念。

c0135618_16343313.jpg しかし、こちらの「すじ煮込み」はとても気に入りました。とろとろに煮込んだ醤油味の肉がおいしく、どちらかというと関西風に仕上げたほとんどスープなし、の仕上がり。お酒がもれなく進みます。

c0135618_16412045.jpg カルパッチョのような、ちょっとしゃれたメニューもありました。盛り付けも工夫されていて、器もひとつひとつ凝っており、心はずみます。
 そして、やはりこのお店が繁盛している理由は、店員さんの気持ちいい対応でしょう。個室になっているため、なかなかオーダーが通らないのではと言う心配は杞憂でして、「すみませーん」と大声を張り上げなくても、すぐににこやかな店員さんがオーダーを取りに来てくれ、「ハイボール大盛りで!」というわがままな客にも(オレのこと。あっ、これはあくまでも大盛りで、ダブル、という意味ではない)ちゃんと対応してくれ、その通りちょっと濃いめのハイボールをちゃんと出してくれる、そのサービス加減がとても気に入りました。

c0135618_1646595.jpg で、調子に乗ってハイボール大盛りを飲み続け、すっかりべろんべろんになり、呂律も回らなくなった私は、こういうものをオーダーした記憶はいっさいなく、もちろん食べた記憶もなく、気がついたら朝、マクドナルドの食べ残しに囲まれて起床。
 うーん、またやっちまったあ。
[PR]
by yochy-1962 | 2011-03-07 16:50 | グルメ | Trackback | Comments(0)
c0135618_15401727.jpg ちょっと前から気になっていた串かつ屋さん「串かつ でんがな」に行って参りました。
 名前からして、大阪から進出したお店なのかなあと思っていたのですが、お店のホームページを見てみたら、どうもこのお店の本部は東京にあり、東京と神奈川にあるチェーン店、だとのこと。
 ちょっと拍子抜けしてしまいましたが、まあいいや。別名「揚げ物王子」としては、おいしい串揚げさえ食べさせてくれれば、別に文句など言う必要はありません。

c0135618_15402556.jpg メインの串かつ(関西では串揚げとは言わず、肉でも野菜でも全部串かつ、と言うそうな。東京本部なのに、とも思いましたが。笑)は、1本120円から。エビだけは別格の220円です。
 衣が薄く、さっぱりと、胃にもたれることもなくいただけるのが魅力。そして、エビは220円だけあって、堂々としたボリューム。決して「叩いて叩いて、伸ばして伸ばして」という、ひょろひょろっとした、アンガールズのようなエビではございません。とても気に入りました。

c0135618_15402757.jpg ソースの缶の横にはお決まりのこんな文字が。大阪じゃないのに(笑)。

c0135618_15403763.jpg 牛すじ辛煮込みなんてメニューにも挑戦。
 これは、塩味の牛すじ煮込みに、辛味噌(のようなもの)がトッピングされており、お好みでそれを混ぜていただくようになっています。
 我々はなんの迷いもなく味噌を全部混ぜて食べてみたのですが、んー、別に辛すぎるということもなく、普通においしくいただけました。しかし、ちょっとインパクトが足りなかったかな。激辛だったりとか、浅草にある韓国風煮込みくらいのおいしさがあれば、涙を流して喜んだと思いますが。

c0135618_1541039.jpg このお店のもうひとつの定番メニューが「どて焼き」です。
 西京味噌をからめたどて焼きで、関西ではポピュラーな一品とのこと。とてもおいしかったです。しかし私の好みとしては、とろとろに溶けそうなくらい煮込んだもつのほうがいいかな、と思いました(だったら違うものを頼みなさい、って話ですが)。

 とても繁盛していて活気がよく、こちらも元気になるような気分にさせてくれるお店でした。気軽に寄れて、ちょろっと飲んで食べて、さらっと帰るにふさわしいお店。また今度行きましょう。



 
[PR]
by yochy-1962 | 2011-03-07 16:17 | グルメ | Trackback | Comments(0)
c0135618_1458542.jpg イラストレーターの友人、Y氏から「すごくいい店がありまっせー。行こう行こう」と誘われていた店が、高円寺駅すぐにあるホルモン焼きの店、「関根精肉店」です。
 この手の店は、昨今、雨後の筍のごとく乱立している感があり、競争も激しいのではと思いますが、ホルモン焼き→コラーゲン→きっとお肌ツルツル、の公式(?)は、近頃「リアルこなきじじい」化している私にとってはなんとも魅力的なもの。さっそく鼻息を荒くして入店です。

c0135618_1459191.jpg まずはこのお店のメインメニュー、「ホルモン焼き」に挑戦です。
 鉄板にキャベツ、にら、にんにくがどーんと置かれ、……えっ、お肉は? お肉はどこなの? と一瞬うろたえていると、じゃじゃーんと熟練の店員さん(といっても若いお姉ちゃん)が登場。そして……。

c0135618_1459438.jpg パックリと割れたキャベツの中からプリップリのホルモンが。これがでかい! こんなに大きいの、入りませーん(笑)とセクハラまがいの会話にも負けず、お姉ちゃんはにっこにっこしながら慣れた手つきでわっせ、わっせとお肉を切っていきます。
 そして出来上がったホルモン焼きの美味いこと美味いこと。脂が乗って、お酒が進む塩味とマッチして、狂喜乱舞しながらいただきました。そのあとの焼うどんも美味。うん、「他では滅多にお目にかかれない精肉店ならではの新鮮ぷりぷり極上品質」という店のコピーに偽りなし。これはおすすめです。

c0135618_1459862.jpg 「お客さん、きょうのユッケはメス、なんですよ〜。滅多にお目にかかれませんよ〜」という店員さんの「呼び込みかよっ」というような誘いに乗って、霜降りユッケもいただくことに。
 オスの肉とメスの肉で、どう味が違うのか、という知識もない我々でしたが、おいしかったことは間違いなし。堪能いたしました。

c0135618_14591374.jpg 軟骨の唐揚げ。とにかくボリュームたっぷりで、胃の老化現象が甚だしい我々にとっては、結構ハード、だったかな。

 とてもいいお店でした。とてもリーズナブルだったのはもちろん、なんといっても、店員さんたちの、はつらつとして、親切な接客がとても気に入りました。みなさんこのお店が出すものに心から自信を持って、愛して止まないといった態度がとても心地よし、です。

 おいしいものを出してくれたり、値段が安いお店もたくさんあります。その中でどうやって差別化を図ればいいのか、また来たい、と思わせるにはどうしたらいいのか、いろいろな考えはあるかと思いますが、結局は店員さん次第なのではないか、と思った夜でございました。頑張ろう「エビス参」も。
[PR]
by yochy-1962 | 2011-03-07 15:39 | グルメ | Trackback | Comments(0)
c0135618_1431821.jpg 「今ごろかよっ」と各方面からのツッコミが想像されるのですが(ごめんちゃーい。深く深くお詫び申し上げます)、去る2月14日、西部池袋線桜台駅近くに、にこけん(日本煮込み研究会)メンバーの元ちゃんが立ち上げた、「タパス桜台」がオープンいたしました。
 このお店は、いわゆる「キャッシュオンデリバリー」方式で、食べ物も飲み物も全品300円というリーズナブルな価格で楽しめるバール。会社帰り、家に帰る前にちょろっと一杯ひっかけたい、というサラリーマン達が泣いて喜びそうなお店。早くも近隣の住民たちに話題沸騰、連日満員御礼……となっているはずです。

 オープン日は混雑が予想されるということで、20日の日曜日、我々にこけんメンバー限定で3000円ポッキリ食べ放題飲み放題コースを設定していただき、みんなして押し掛け、昼間からのどんちゃん騒ぎをさせていただきました。
 とか言いながら私、前の日からなんと朝11時まで飲んでしまい(そうです。私がバカなオッサンです)、ちょろっと仮眠、すぐに出かけなくては……のつもりが起きたら午後3時。遅刻にもほどがある状態でパーティーに参加してしまいました。ホント、ご迷惑をおかけしました。

c0135618_1431352.jpg にこけんからは、こんなオリーブの木をプレゼント。お店といっしょにすくすくと、大きく成長していってもらいたいものです。
 ちなみにこのお店の目玉は「桜台ハイボール」。これは金宮焼酎の炭酸割りですが、あえて氷を入れず、アルコール、炭酸を強めにしたハイボール。飲んだ瞬間「ガツン」と来て、さわやかーな気分になり、2杯も飲めば夢心地必至(笑)のお酒です。ぜひお試しくださいね。
 そして毎週日曜日は「昭和歌謡」の日と銘打って、懐かしい歌謡曲のDVDが流れるのも、我々昭和世代にとって涙ものの演出です。実はこの映像特集、私が敬愛してやまない(笑)「天然兄貴」ことMさんのお店のコレクションを拝借したもの。昔の淳子ちゃん、百恵ちゃん、ピンクレディーを観たい方、日曜日には桜台にレッツ・ゴー、でございますよ〜。
[PR]
by yochy-1962 | 2011-03-07 14:58 | にこけん(煮込み研究会) | Trackback | Comments(4)

by yochy-1962