ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 なんだかんだ忙しくって、更新ができないままでおりますが、私は元気です。
 現在の心境は、この歌のような感じ(ホンマかいな)。秦基博の「アイ」という歌です。
 ホントいい歌なんですよ(知ってるってか)。鬼の目にも、王子の目にも涙、です。


このブログを評価してやるぞ、というお高い目線の方は
↓↓↓をクリック!

[PR]
by yochy-1962 | 2010-01-29 10:10 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
c0135618_9161624.jpg 南青山で仕事の打ち合わせを終え、さて、早めの昼飯を食ってしまおうと向かったのがここ、「シェーキーズ 原宿店」でした。
 ホントは表参道らしく、もうちょっとおしゃれ〜なカフェみたいなところで食事をしたかったのですが、「丸顔の方はお断り〜」とか店員に言われてもしゃくなので(笑。そんな店あるか。あったらオレが一軒一軒、火つけて回ってやるからな。はっ、し、失礼いたしました)、たまたま見つけたこのお店に乱入してみようと思い立ったのです。

 そう、「シェーキーズ」といったらご存知、「ピザ食べ放題」のお店。丸顔からブルドッグ顔に進化(退化?)しつつある昨今だというのに、どうしてこの期におよんでこんな店に、と我ながら思ったりもしたのですが、せっかく培ってきた(どこで?)「フードファイターぶり」をここでも見せつけてやらないと気が済まない、という気持ちもあったりしたのでした(なぜ?)。

 私が「シェーキーズ」に入店したのは、約25年ぶり。やはり「食べ放題」という言葉に魅せられて、何度かこのお店の暖簾をくぐったのですが、まるで誰かさんの皮下脂肪のような厚いパイ生地に圧倒され、食べ放題どころか、一度もおかわりすることができず、おまけに必ずその後お腹をこわしてしまう、という繰り返しだったのでした。
 そう、シェーキーズ=おいしくない、そして必ずお腹をこわす、という図式ができあがっていたのでした。それで四半世紀もの間、このお店を拒否し続けることになったというわけなのです。

 しかし、たくさんの宅配ピザ店が出店し、ピザに対する「ボーダーライン」もどんどん高くなってきました。さすがにいまどき、厚い生地のピザを出すなんてことはないだろうと思ったところ……。

 うん、やはり、このお店のピザはだいぶ進化していました。クリスピーな感じのパリパリっとした生地、バラエティ豊かなトッピング、厚めに揚げられたポテト、パスタ、カレーなんていうメニューもあって、ほほう、これはなかなかいいんでないかい、サラダ系もあるとなおいいんだがね、なんて思いながら実食……。

 おいしかったです。やっと「シェーキーズ」と和解できたぞ、もぐもぐもぐ。さあ、おかわり……、おや、体が動かない、どうしたんだろ、あれ、あれ、あれ。
 んー、たったピザ3切れ、パスタ、ポテトでお腹がいっぱい。チーズって、意外と胃にもたれるんですよね。それに厚切りのフライドポテトが難敵。もうそれ以上食べようとする意欲が全然起きなくなってしまいました。オレも歳だねえ。がっかり。

 何回もおかわりをする猛者達を横目で見つめながら、「はあ、戦争が終わって日本に平和が戻ってきたことを知ったときには、すっかり年老いてしまっていた元兵士の気持ちってこんな感じかなあ」と思いながら店をあとにした私でした。くすん。

kazokunoki
[PR]
by yochy-1962 | 2010-01-20 09:42 | グルメ | Trackback | Comments(5)
c0135618_0455948.jpg とにかく忙しい日々が続いております。きょうなどはあまりにもの疲労困憊のおかげか、仕事中に意味もなくにやにやと笑い出し、その顔をちょうど通りかかった人に見られ(恥)、公園で昼ご飯を食べていたら鳩の大群に追いかけられ、電車に乗ったら3秒で眠りに落ち、気がついたら大手町駅まで乗り過ごしてしまい、肉じゃがを作ろうと意気込んでスーパーに入ったものの、肝心のじゃがいもを買い忘れ、腹が立ってへんな時間に眠ってしまい、こんな時間に起きてしまうという「末期症状」を延々と演じている2010年初頭の王子、であります。

 しかし、どんなに忙しくても「ウォーキング」だけはやめられません。目の前にある「やらなくてはいけないこと」、忙しくても近い将来、この忙しさが「プツリ」と途切れてしまうことが決定しているという現状、日々ブルドッグ化している我がホッペ(苦笑)、そして……、というような目下の心配事を、ちょっとの時間、全て忘れさせてくれる貴重な時間が、私にとってはウォーキングの時間。もしかしたら、食べているときよりも飲んでいるときよりも、恋している時間よりも(笑。ツッコミ無用)、この時間が一番至福のときなのではと思ってしまうくらいなのです。

 きょうは西新宿(最近西新宿を徘徊するのがお気に入り)から神田川沿いを歩いていたら、美しい夕暮れとともに、生まれたばかりの「月」が、西の空に静かに、そっと、という感じで浮かんでいるのが臨めました。
 ちょうどいま自分の爪と同じくらいの細さだなあなんて思いながら歩いていて……、で、こんなタイトル(笑)。別に意味はありません。「天使の爪」っていうB級アイドル(途中で事務所解雇になった伝説の方)の歌もありましたねえ。
 ……だから、意味はありませんけど(笑)。
[PR]
by yochy-1962 | 2010-01-18 01:38 | Tokyo迷子ウォーキング | Trackback | Comments(6)
c0135618_23361883.jpg にこけん(日本煮込み研究会)の新年会は、池袋(どうしてオレのパソコンは「いけぶくろ」と打つと真っ先に「イケ袋」と出ちゃうんだろ)にある「手前みそ」という大衆酒場で行われました。
 このお店は私、以前新宿店には行ったことがあり、味噌づくしのおいしい料理がたくさん食べられたという印象がありましたので(肝心の煮込みはいまひとつという印象でしたが)、今回も期待に胸がFカップ状態です。
 しかも宴会コースはホッピー飲み放題ということで、事前にしっかり「ウコンの力」の力を借りて戦闘態勢に入りました。ヒューヒュー、飲むぜい!

c0135618_2336317.jpg 今回はいつものメンバー、プラス新人さんもいらっしゃって、イコールとても楽しい、打ち解けた、心落ち着く集いになりました。とりあえず恒例の乾杯図、です。
 みなさんこの写真には撮り慣れ、撮られ慣れしているため、この図のときは誰も何も言わず、しばらくこのポーズのままで止まっています。そして全員が写真を撮り終えたら「かんぱーい」のかけ声がかかり、やっとグラスをカチーン、と鳴らすことになっています。暗黙の了解です(笑)。

c0135618_23365330.jpg 「心落ち着く」と言いながら、トチ狂っているヤツもいます。王子です(撮影グルちゃん)。
 はっ、王子なのに銀歯が! いけないいけない。修正しておくんだった。

c0135618_2337629.jpg この店は「手前みそ」というだけあって、味噌をふんだんに使った料理が自慢のようです。
 特においしかったのはこちら、鮮魚なめろう、そしてクリームチーズの味噌漬け。それぞれしっかりとした味付けで、とてもお酒に合いました。
 しかし今回、「煮込み研究会」と言いながら、煮込みを食べなかったのがちと残念(それにここの煮込みは体験済みだったしね。とにかく濃い味噌味が印象的な煮込みだった)。まあ、大人数が集まる「総会」では穴場の大衆酒場を巡るのもなかなか難しくなってきたのも事実だったりします。
 これからは、そのうっぷんは「みにこけん」で晴らそうと燃えているところでもあります。

c0135618_23372216.jpg で、2軒目はカラオケで「昭和歌謡大会」(詳細は他の方のブログでも見てやってください)で大いに暴れ(またやっちゃった)、私とグルちゃんはその後三軒茶屋に流れ、いつもの「三茶氣」へ。
 今回は鉄板前のカウンターに座り、板さんの腕さばきをじっと眺めさせていただきました。
 これはブタのさんちゃん焼き(だっけかな。品名うろ覚え)。チーズがとろーり入って、しかし意外と軽く、さっぱりといただけました。深夜12時でしたが。

c0135618_065872.jpg こちらはもやしと豚肉のいため(だっけかな。品名まるで記憶なし)。美味しかったです。深夜1時でしたが。
 調子に乗って私、さんざん飲んだというのに、ここでもシークワーハイボールというヤツを3杯ほど飲んでしまい(これがおいしかったんですよーっ。酔いがすっかり醒めた錯覚に陥るところが恐い飲み物でしたが)、すっかり「たっぷり親方」状態で帰宅。

 翌朝、グルちゃんから「写真送ったよーっ」というメールをいただき、パソコンをチェックしてみたら、そこには見事二重アゴのまんまるなおっちゃんが、たくさんたくさん写っていたのでした。
 はぁーっ。なんとかせんと(涙)。

このブログを評価してやるぞ、というお高い目線の方は
↓↓↓をクリック!

[PR]
by yochy-1962 | 2010-01-16 00:17 | にこけん(煮込み研究会) | Trackback | Comments(6)
c0135618_1415254.jpg 新年早々、落ち込んだりうじうじしたり、荒れてみたりしょげてみたり、何かと感情の起伏が激しい私でありますが、まあ、それでもうれしい知らせはいくつかあるもので、なんと、このブログ及び「偉大なる兄弟ブログ」、Tokyo迷子ウォーキング2で掲載した写真が本で紹介されることになりました。
 ヒュー、パチパチパチ。ビールもう一本!(また飲んでるのねコイツ。きょうは酒抜く、きょうこそ酒抜く、と言いながら早一週間。)

 その本はエンターブレイン刊「ブログカメラ」という本で、ブログに写真をアップする際、どうやったらいい写真、心に残る写真が撮れるかを、カッチョイイ写真をたくさん撮っているブロガーがアドバイスした本になるのかと思います(笑。ホンマかいな)。
 私のデジカメは、使用してからもうかれこれ6年ほどになる「後期高齢者」カメラなのですが、それでもこんな本で紹介してくれるとは、とてもとても名誉なことです。ときどき、理由もなく、断りもなくストライキに入り、うんともすんとも言わなくなったりもするカメラなので、本当は、そのご老体カメラに戦力外通告をして、新しいデジカメを購入すべきかなあとも思うのですが、「ヨッちゃんの写真、いいねえ」と多くの方からも言っていただくことも多く、どうしても愛着が湧き、まだ現役として使用させていただいている現在、なのです。そう、このカメラはいわば「カメラ界の森光子さん」状態なのですね(失敬です、光子さん)。
 
 まあ私、とりあえず編集者の端っこに在籍していますので、普段プロのカメラマンと仕事をすることも多く、彼らの仕事ぶりを拝見していくうちに勉強になり、写真の撮り方がだいぶ分かってきたのかなあとも思います。
 ちょっとそのページを紹介してしまいました。まだ校正段階のものでして、もしかしたら本当はまだ公開してはいけないんでないかい、とも思いますが、本の宣伝にもなるでしょうし、文章(ネーム)はまだ入っていない段階のものですので、許してもらうとしましょう(ホントに大丈夫かどうかは、ちょっと不安。ダメだったらすぐに削除いたします)。
 おヒマがあったら、書店に行った際、ぜひ覗いてみてください(発売日は、知らん)。このへっぽこブロガーが、一丁前に「いい写真の撮り方」など述べちゃっていたりします(笑)。どうぞよろしく。
[PR]
by yochy-1962 | 2010-01-08 02:17 | Tokyo迷子ウォーキング | Trackback | Comments(10)
c0135618_19322635.jpg さて、お正月用に用意した静岡おでんも食べ飽きたことですし、きょうは残ったおでんのスープを使ってカレーを作ってみようと思った年男の私、です(←しつこい? でも年男と言うと、えっ、今年36歳? と言われ秘かに喜んでいたりする)。
 そう、静岡おでんのスープは昆布とかつおでだしを取り、醤油、そして牛スジのエキスがたっぷり入っていますから、カレーの「ブイヨン」代わりになること、間違いなしなのです。
 そうだそうだ、ブログ仲間のらいおんみどりさんにいただいた、100%ピュアのチョコレートがありました。これも削って入れて、タマネギを炒め、豚肉、そしてきのこをたっぷりと入れて……。静岡とイギリスの融合料理(?)。さて、おいしくできるでしょーか。

 コトコトコトと煮込むこと一時間。なんとかできました。ちょっと味見……。

 おいしーっ……、っていうか、味濃い〜〜!
 いきなり、煮込んで煮込んで、3日くらい経ったカレーが出来上がりました。
 まあ成功です。ただ、もうちょっとスープを少なめにして作ったほうがよかったかな。とてもとても、カロリーが心配だったりします(苦笑)。
 しかし、東京風おでんでも、残ったスープをカレーに使うのはお勧めです。おでんの具をカレーの具にしてもOK。ただ今回、おでんの具は全部取り出してからカレーを作ったのですが、こんにゃくを取り損ね、これだけはカレーの中に混入されてしまいました。
 で、とりあえず食べてみましたが、はっきり言って、カレーにこんにゃくはビミョー、でした(笑)。

kazokunoki
[PR]
by yochy-1962 | 2010-01-04 19:34 | グルメ | Trackback | Comments(6)
c0135618_1216020.jpg こちらは初台のマンションから見た、2009年最後の「月の出」です。
 ぽっかりと大きな月が一年の締めくくりを、天空から大いに盛り上げてくれているような感じがします。
 さあ、一年で最後の、そして、この日のために生きているといっても過言でないくらい楽しみな、大晦日「紅白歌合戦大ツッコミ大会」の始まりです!

c0135618_12161531.jpg 友人(のりちゃん)宅には、今年も総勢12名の「さびしんぼう」が集まりました(いや、みんながみんな、ではないか)。恒例の乾杯図。
 しかしこの乾杯図に撮られ慣れていないメンバーなため(っていうか、こういう写真に撮られ慣れているのはにこけんメンバーだけか。笑)、乾杯のときに数秒止まってくれず、こんなボケボケの写真になりました。まあいいか。

c0135618_12163042.jpg 今回の紅白は、少々地味でこじんまりとした感はありましたが、とてもまとまりがあって、なかなか面白かったのではないかと思います。
 まあ、一番受けたのは「メガ小林幸子」(ここまで来たら、あとはもうなにも残ってないだろね)と、キムタクがせっかく英語でスーザン・ボイルに話しかけたのに、それを通訳された場面(一同大拍手←意地悪だねえ)。
 あとは……
●意外と大塚愛って嫌われているんだよね。オレも好きじゃないけど。
●「ネコに生まれてよかったよ〜」(笑)。
●徳永さん、違う歌を歌って欲しかったな。
●氷川きよしは自分の歌、フリ、衣装、キャラについて、本当に納得してやっているんだろうか。
●MISONOなんか見たくなかった。
●あっ、前川清が出てない!
●坂本冬美はクラブのホステスみたいだった。
●布施明が卒業するのなら、森さんとか五木さんとかも、ちょっと考えて欲しい。
●ドリカムは、せっかくのトリなんだから、もっとみんなが知っている曲を歌えばいいのにね。
●サブちゃん、ちょっと地味。船に乗って歌ってほしかった。
ぐらいかな。

c0135618_1216487.jpg で、一番度肝を抜かれたのは、やっぱり永ちゃんが登場した場面、でしょうかね。これじゃ白組に勝たせないわけにはいきません。
 ネットではいろいろとウワサされていたようですが、本当に出るとはね。それも中継でなく。
 よかったです。別にファン、というわけではありませんが。お祭りだもんね〜賑やかなのは大歓迎です。

 さてさて、紅白も終わり、年も越して、いよいよ私も年男です(年の男、ではない)。
 褌を引き締めて、いや褌はしていないので、パンツのゴムをギュッと引き締めて、今年一年頑張っていきたいと思います。みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by yochy-1962 | 2010-01-02 12:51 | 映画・舞台・テレビ | Trackback | Comments(16)

by yochy-1962