ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

カテゴリ:居酒屋開業計画( 3 )

c0135618_21464459.jpg 昨年末から、ちょこちょこっとこのブログでも触れてきました「王子ちょっとだけプロデュース」というか「ブログでの宣伝部長」である居酒屋、「エビス参」がいよいよ1月6日オープン、ということになりました。。
 パチパチパチ、やったねー。おめでとーっ。

 場所は西巣鴨。都営三田線の西巣鴨駅から5分ほどの距離ですが、JR巣鴨駅からでも15分ほど歩けばたどり着けます。
 「おばあちゃんの原宿」と言われる地蔵通りをてくてくてくと歩いていき、見事なまでのおばあ、おじいの大群にちょっとどきどきしながら、真っ赤な下着、肌着ばかりが陳列されたお店で貧血を起こしそうになりながら、意外とおいしいお煎餅屋さんでおみやを調達しつつ……、そして右手に知る人ぞ知るラーメン屋「昭和歌謡ショー」(笑)、左に「巣鴨の母」と呼ばれる占い屋さんがある交差点をもっと直進、荒川線の「庚申塚」駅を越えて、ちょっと歩いたところに「エビス参」はあるのです。
 なんというワンダーランドティック(こんな言葉があるものか)なロケーションでございましょう。

 このお店は三軒茶屋や三宿、駒沢あたりにチェーン展開するもつ焼きのお店の支店です。しかしいわゆる「フランチャイズ店」なので、基本は抑えつつ、そのお店独自の料理、雰囲気も演出することができるのが魅力です。
 ですからこのお店ではフランス料理フルコースを出しますよーもあり、毎週土曜日は王子のライブも行われますよーもあり、です。
 実際に予定されていたりオファーがあるわけではありませんが。

c0135618_2147016.jpg さて、エビス参で出される珠玉のメニューの中から、特におすすめの3品をご紹介することにいたしましょう。
 まずは、社長さんが、これでお店を出すことを決心した、というほど惚れ込んだ一品、「レバ刺し」です(この写真はもうすでに何切れか食べてしまったものです。ホントはあと2切れくらい多いよ)。
 実は私、レバ刺しってあまり得意じゃないんですよね。でも、ホント、贔屓目なしに、ここのレバ刺しなら食べることが出来るんですよ、マジで。
 これはどういうことかと思うのですがね、その秘密はぜひ一度召し上がっていただいてから、と思うのです。特に「おばあちゃんの遺言でレバ刺しは食べない」とおっしゃっているPさんにぜひ味わっていただきたい一品です。

c0135618_21471389.jpg 定番の「もつ焼き」です。
 豪快、そして新鮮。かしらにたっぷりと脂が乗っていて、これも新鮮な驚きです。
 もちろん焼き鳥、野菜焼き、プチトマトやアスパラの肉巻きなど、串焼きのメニューは充実。何回行っても飽きることはありません。

c0135618_2147176.jpg そしてこちらは、定番メニューではないようなのですが、プレオープンのときにいただいて、私が一番感動した一品、「レバカツ」です。
 適度に薄くスライスしているからなのか、臭みがなく、そして食感もよく、なんといっても上にかけられたとろみのある甘いソースがインパクト大。「うまい、うまい」を連呼しながら、独り占めして食してしまいました。
 これが食べられたらその日はあなたはラッキー。ぜひ試してみてください。

 お近くにお住まいの方も、そうでない方も、おヒマがあったら、ぜひ覗いてみてください。ああ「にこけん」メンバーの方は、そのうち「にこけん総会」を企画しますので、ぜひここを使ってやってくださいね(煮込みは現在軌道修正中。もう少しお待ちください)。

 P.S このお店で王子を見ることはできないの? というお問い合わせがありましたが(いいえ、ありません)、私、店のメニューについてや雰囲気についてなどの意見を言ったり、従業員募集のポスターを作ったりしましたが、とりあえず店に出て働く必要はない、ということになりました。
 いや、店に出る気は満々だったのですが、あきらかに平成生まれ、というようなピッチピッチの男の子、女の子のバイトさんばかりでして、この中に入ったら、どう見ても「オヤジいじめ」の図にしか見えませんもんね(苦笑)。
[PR]
by yochy-1962 | 2011-01-05 23:10 | 居酒屋開業計画 | Trackback | Comments(8)
c0135618_22104639.jpg 「ホッピーの値段だけどさあ、セットで450円にしようと思うんだけど、どう思う?」
 来年早々に開店する、「王子ちょっとだけプロデュース」の居酒屋社長さんから相談された私。
 「んーどうでしょう」と長嶋ばりの返答をしてみたものの、ああそういえばオレ、あんまりホッピーの値段って注目してなかったなあということに気がつきました。
 いつも一通り飲んで食って、そのお会計については目を血走らせながら大注目しているのですが(こいつレジ打ち間違えたりしねえだろうな、みたいな顔つきで)、明細についてはどうでもいい、って感じ。だから久しぶりに明るいところで己の顔を見たときに、「きゃっ、こなきじじいみたいにしわだらけだあ」と驚愕したりするのです。

 なんのこっちゃ、って話ですが(笑)。

 で、ちょっと調べてみたところ、有名チェーン店でのホッピーの価格(最初の焼酎が入っての値段)なのですが……。
 加賀屋……350円 紅とん……315円 わたみん家……398円(ソト199円、ナカ199円) 庄や……500円(店舗によってキンミヤ焼酎の小瓶がついたホッピーセット700円なんてのもあり) ホルモン道場……500円(ソト250円、ナカ250円) 手前みそ……420円(ナカ220円)

 ……という感じで、まあ似たり寄ったりという感じかな。ただし店舗によって値段が違うこともあるので、この調査はあくまでも「参考」なのですが。
 それに、セットは安いのだがナカだけで300円も取ったり、その逆という店もあります。また、シモキタのあるお店は、ホッピーセット600円とちょっとお高めですが、ナカの値段は取らないという例もあるので、値段とその満足度は全然違う、というのが正解、なのかもしれません。

 だから結局何が言いたいのかというと、まあホッピーセット450円、ナカ150円という値段設定でいいんじゃないの? と思った、ということなのでした。

 なんだかなあ、無責任と言うか、頼りにならないプロデューサーですねえ私(苦笑)。

 ちなみに写真の煮込みは、下北沢「太陽食堂」という大衆酒場の牛スジ辛煮込み。ラー油をふんだんに入れてあるのか、とにかく辛い。お酒が進むことこの上なしの煮込みでした。結構気に入りましたが、スープが飲み干せない煮込みというのは、ちょっともったいないなあ、というのが正直なところ。
 ホッピーは確か400円だったかな。
[PR]
by yochy-1962 | 2010-11-15 23:20 | 居酒屋開業計画 | Trackback | Comments(6)
c0135618_2322094.jpg 依然として多少の波はあるものの、なんとか絶頂期に近い体調、心持ちに復活しつつある、王子でございます。
 それにしてもここ数日間、やたらとこのブログのアクセス数が多いのはどういうことでしょう。いつもの4倍、5倍近くの方々に閲覧していただいているようで(エキサイトブログの場合、一日に一人の方が何度アクセスしても、アクセス数は増えないことになっているのです。ア◯ーバブログなどは、一度なにかをクリックしただけで数字が上がるということですから、純アクセス数は、だいたいその8分の1、ということらしいですよ)、またまた何かに紹介されたのかなあと思いつつ、では幽霊ブログでは恥ずかしいと思いながら、老体に鞭打ってパソコンの前に座っているところであります。

 で、これまで「歌って踊れる編集王子」、あるいは「大衆酒場に佇む貴族」、あるいは「顔は子どもで体は大人」(?)というキャッチフレーズで認識していただいてきた(してないか)私でございますが、このたびもうひとつ、「居酒屋の看板息子」という肩書きが加わり、みなさまにご報告させていただこうと思っているのです。

 実は、私がお世話になっている社長さんが、私の口車に乗せられて(笑)、来春早々に居酒屋を開店することになり、ぜひ私にその手伝いをしてほしいと半ば命令調で私に持ちかけて来たのでした。まさに「ミイラ取りがミイラになる」状態(違うか)。がっちり拘束され、もう逃げられない状態であります(笑)。

 まあ、もともと客商売というのには大いに興味があり、資金と腕さえあれば自分のお店を持ちたいなどとも朧げに思っていたので、他の仕事に影響がない範囲でお手伝いすることは全然やぶさかではありません。
 というよりも、今まで「客」として、ああこの料理、もうちょっとこうしたほうがいいのではないか、あの店員、ああいう接客はないなあ、この値段でこの料理はちょっとなあ、などと思っていたことが、今回のお店で思う存分反映できるのではと、現在わくわくしているところ、なのです。ミイラ取りがミイラになって、ゾンビになった状態といえましょう。

 お店は都内某所(とりあえず、まだナイショ)。店舗の契約は終わり、これからメニュー作り、値段設定など、細かいところにまで首を突っ込ませていただこうと思っているところです。その様子は、こと細かくこのブログで報告し、みなさまのご意見もたくさんお聞きしたいなあと考えています。
 初「にこけんプロデュース」の店となるわけです。開店したあかつきには、ぜひご愛顧よろしくお願いしますーっ。
[PR]
by yochy-1962 | 2010-10-21 23:56 | 居酒屋開業計画 | Trackback | Comments(12)

by yochy-1962