ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

カテゴリ:ひとりごと( 116 )

c0135618_23225788.jpg

 元気です。とても元気です。
 ちょくちょく居酒屋にも行ってます。「経済復興のために」パチンコにも行きました(笑)。
 パチンコ屋さんは営業時間を縮小したり、照明も極力落として、最大限の努力をしています。
 「パチンコに行くな」とどこかのバカな知事が言ってましたが、体の大きな人に「飯を食うな」と言うのと同じこと。それでパチンコ屋がつぶれたら、もちろんそれなりの補償は考えていらっしゃるんでしょうね。

 元気です。とても元気です。
 ちょっとだけですが、募金もしました。もちろん部屋の電気は無駄遣いしていません。暖房もつけていません。空気清浄機もやめて、いまだにくしょんくしょんやってます(苦笑)。
 ですが、このブログで「復興支援のための」記事を書こうとは思いません。ましてやそういう記事を書けなど、私の中にある「地雷」を踏んだと思ってください。このようなものは、テレビでも、雑誌でも、新聞でも、もういやというほど見てきました。はっきり言って、ACのCMはもうたくさんです。
 かえって「なんでも右にならえ」の風潮がとても恐いです。全体主義の恐しさは、日本はすでに一度、大いに反省すべきことを起こして来たんじゃありませんか。
 あえて明るく、楽しくふるまうことが、私なりの「経済復興」の支援だと考えています。

 ということで、そろそろこのブログも復活しようかと考えています。
 しょげてはいけないと自分に鞭を振りながら、たくさーん写真を撮りました。楽しいこと、おかしいことのストックは十分にあります。ちょっとずつ、ごちゃごちゃになっている心の中を整理しながら、書いていこうと思っています。
 今後とも、どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by yochy-1962 | 2011-04-11 23:39 | ひとりごと | Trackback | Comments(18)
みなさん無事でしたか!
こちらは、とりあえず大丈夫。ビルがこんにゃくみたいにしなっている図を見たときは、さすがにぞっとしましたが。
電車が止まり、巣鴨から下北沢まで歩かなくてはなりませんでしたが、正直、「迷子ウォーカー」の私にとっては、そんなこと屁のカッパ。
一日も早く、平穏な毎日が戻りますように。
[PR]
by yochy-1962 | 2011-03-12 00:14 | ひとりごと | Trackback | Comments(16)
 小さい頃のことです。友達との遊びの途中、何か腑に落ちないことがあった私は、「それはおかしい」などと叫び猛然と抗議したのですが、あまり友達は相手にしてくれず、怒りのあまり、ストライキの如くその場に座り込んでしまったことがありました。
 友人らは困ったなあという顔をしながら私の気をしずめようとするのですが、何をしても私の気分はおさまらないということがわかったのか、座り込んだままの私をそこに置いてきぼりにして、みんなして家に帰ってしまったのでした。
 私は途中から、それほど怒ることでもなかったかなあと心の隅で思ったりもしたものの、もう後にも引けず、きっかけも作れず、ずっとそのまま、誰もいなくなった公園で座り込んでいました。
 日が暮れても、まだ私はそこに座り込んだままでした。結局その後どうやって帰ったのか、もう一度友達が来てくれたのか、親が迎えに来たのか、空腹に負けて(笑)ひとりで帰ったのか、そのあたりは覚えていません。まあ、小さい頃の私を象徴するような出来事ではありました。

 いや、小さい頃のことと書きましたが、これは大人になってもあまり変わっていないようです。これと決めたらテコでも動かない、納得しない限り絶対に動かない、流されるフリをしながら絶対に流れない、ホントにめんどくさい性格の私です。
 許せないことは許さない、昔のことだからといってうやむやにはしたくないという気持ちで、ここ1か月ほどは般若になったり閻魔になったり……。おいしいものを食べたり、飲みまくったり、歌いまくってストレス発散したりもしたのですが、心の中はただひとつのことが居座ったまま。まったく成長がなくて、どうしようもないなあという気持ちもときどきよぎるのですが、仕方がない、これがオレだからと、再び般若の面をかぶる自分がいるのでした。

 しかし、さすがにこれじゃあ前に進めません。なにかきっかけを作って、すっかり新しい自分にならないと、気がついたら般若の「面」だと思っていたものが「素顔」になってしまっていた、ということもあるかもしれません。
 きょうで2月も終わりです。毎年毎年、どういうわけか2月には嫌なことがあったり、情緒不安定になったりするのが私の常ですが、明日からは3月。「春」です。無理矢理にでもすっかり新しい自分になって、前向きな、楽しい毎日を過ごそうと心に決めているところです。

 とりあえず、年賀状書かなくちゃ(笑。って笑い事じゃないだろーっ。すみません関係者のみなさま)。
[PR]
by yochy-1962 | 2011-02-28 21:08 | ひとりごと | Trackback | Comments(2)
 なかなか出口の見えない閉塞感漂う昨今。声を奪われ、何もすることができない力なき我々小市民が、拳をあげて訴えられる物件は、「高くてまずい店」、「なかなか出してくれないパチンコ屋」、そして「天地真理」(笑)ぐらいではないかと思っていたのでした。

 しかし、しかし。もう一件、これはいけない、黙っていては我が子のためにも(いないけど)、いいや日本の将来のためにもよくない、さあみんな、手を挙げましょう、手を挙げたら下ろしましょう(ⓒきんどーちゃん)、という物件があることに気がついたのです。

 それは、「傘を後ろにふりながら歩くヤツ」、なのです。

 どうしたもんでしょう、混んでいる道であろうと、駅の階段であろうと、ヤツらはおかまいなく傘をびゅんびゅんふりまわし、というか、後ろにいる人を牽制するかのように、傘を刀代わりにして歩いてくださいます。
 あれは、本当に危ないと思います。我々大人なら、そういう危ない人の後ろは歩かないようにすることはできますし、万が一傘に体がぶつかっても、それを払いのけたり奪って便器の中とかに投げ捨ててやったりもできるでしょう。
 しかし、もし小さい子どもが後ろを歩いていて、ふっていた傘の先端が顔にでも当たったりしたら、下手をすれば大参事です。そんなことも想定できないほど想像力がないのか、あるいはそういうことを覚悟の上で、ヤツらは傘をふりながら歩いているのでしょうか。

 いや、誰もそんなリスクを負いながら歩こうなどと思うはずがありません。で、あいつらは実は「宇宙人」で、地球である種の「修行」として、ああいう危ない歩行を繰り返しているのではないか、と私は睨んでいるのです。
 あるいは地球での修行ではなく、宇宙人同士がその存在を確認するための合図、なのかもしれません。どちらにしても、ふった傘を奪われることが、ヤツらにとって一番のウィークポイントであることは間違いありません。

 実際、わざとヤツらのすぐ後ろを歩いて、ふった傘にちょっとでも当たったりすると、はっ、としたようにヤツらは傘を引っ込めます。やはりそうです。地球での修行は、傘をふりながらも、その傘に触れられてはいけない修行、に違いありません。

 もしかしたら、その傘に触れられたら、その相手と結婚しなくてはならないという罰ゲームがあるのかもしれません。だからオレがわざと傘に当たってやろうとすると、若い女子などは怯えたような顔をこちらに向け、傘を隠したりするのです(苦笑)。

 だったら、傘をふっていても人に当たらない配慮をしているのだとしたら、別にその行為を咎める必要はないのでは、と思うかもしれません。しかし、ヤツらの真の目的は、傘をふりまわすことを「流行」にして、自分たちと人間の区別をつかないようにして、人々の中に紛れることにあるのです。決して油断してはいけないのです。
 みなさん、今後こういう宇宙人を見たら、積極的に傘にぶち当たってやるか、ふりまわしている傘をむんずとつかみ、「宇宙人、捕獲しましたあ」と大声で叫び、さらし者にしてやりましょう。
 この場合、どちらが「おかしなヤツ」という目で見られ、さらし者になるかはわかりませんが(まあ、やってみて試してください)。

 と、どうでもいいことを日がな一日考えていた私は、夕方、友人からのメールで、やっときょうがバレンタイン・デーだということに気がついたのでした(いやーーーーーーん)。
[PR]
by yochy-1962 | 2011-02-14 22:21 | ひとりごと | Trackback | Comments(4)
c0135618_2236977.jpg 今年の漢字は「暑」とのことですが、私にとっては、どうも「失」、だったような気がします。

 今年は大切な友人を亡くしたこともそうですが、考えてみると、メガネに始まり、パスモ、携帯電話と、さまざまなものをなくし、慌てふためいた1年でした。
 で、先日、今年を象徴するような、1年を締めくくるにふさわしい(?)事件が起こってしまったのでした。なんと、財布を落としてしまったのです。

 朝、会社近くのコンビニでお茶と週刊文春を抱えレジに並んだところで、バッグの中に財布がないことに気がつき、真っ青になってしまいました。
 前日はスーパーで発泡酒と値下げしたアジフライ、そして特価品のポテトチップスを、もとい、「ピンドン」と特大ゴージャスエビフライを買っておとなしく帰宅し、それからお財布はバッグから取り出していないはずでした。
 えーどうしたんだろと思い、家を出てからこれまでの行動を思い返してみたところ、電車を待っている間、一度バッグを開け、iPodの曲を淳子の「玉ねぎむいたら」から「ミスティー」に替えた(笑)ことに気がつきました。ああちょうどそのときに落としたのかな、……ああ違う、混み合った電車で必要以上にくっついてくる女がいて(まったく自意識過剰。混んでるんだから仕方がない)、バッグを女性側にずらしてスペースを作ったなあ、もしかしたらあの女にすられたのかなあと(大変失礼)、いろいろ思いが駆け巡りました。

 まあ、最悪落としたりすられたとしても、財布の中には6000円ほどしか入っていなかったから別にいいや、……もとい、財布の中には60万円ほど入っていたから、もう真っ青です。
 もしかしたら家にあるかもしれないという思いはありましたが、とりあえずは交番に届けたほうがいいという、会社の「歌うオジサン」の助言で交番に向かい、キャッシュカードも止め(暗証番号がわからない限り金は抜き取られないとは思いましたが)、万全はつくしたのですが……。
 ああ、スーパー「オオゼキ」のポイントが8000円ほどたまってた。あれ盗られたら痛いなあ、あっとそれから「紅とん」のスタンプカード、もう少しで満タンだったよなあ、ああそれからタクシーの領収書たまってたんだ。必要経費として計上しようなんて思ってたんだけど……と、王子らしからぬことばかり浮かんできてしまいました(苦笑)。

 で、その日はパスモにチャージしてあったお金でなんとか過ごし(ファミリーマートではパスモで買い物ができるんですよ奥さん)、不安な気持ちを抱えて一目散に帰宅したところ……。

 ありました。
 どういうわけか、我が家の冷蔵庫の上にポツンと財布が乗っかっていたのでした。
 ホント、いったいどういうわけで冷蔵庫の上に財布を置いたのか、まったく理由がわからないのですが、まあ、改札を出るとき、ぼーっとしてパスモの代わりに自分の家の鍵を出してしまい「渋滞」を起こすことしょっちゅうの私ですから、たぶん無意識のうちに冷蔵庫の中に財布を入れようなどと試みていたのでしょう。
 みっともないというか、通りすがりの善良な方を疑ったり、会社の皆様にご心配をかけて申し訳ないというか、です。

 しかし、ほっとしたという気持ちが一番。普段「命は落としても財布だけは落とさない」と公言していただけに、……いや、やめましょう。今年はまだ10日ほどありますから、「ああ、アイツにとって、本当に2010年はLOSTの年だったなあ。でも、命は落としたんだけど、財布だけは確かに握ってたなあ」なんて言われてしまう可能性はあるわけですしね。

 みなさん、事故や事件は思いもよらないときにやってくるものです。年の瀬でなにかと忙しいかとは思いますが、気持ちをしっかり持って、後悔することのないよう生きていきましょう、ってお前に言われたくないってか。

 失敬失敬これまた失敬。
[PR]
by yochy-1962 | 2010-12-21 23:16 | ひとりごと | Trackback | Comments(8)
 急激に涼しくなったあたりから、どうも体温調節がうまくいかなくなって、ときどき「偏頭痛」に襲われるようになった48歳の秋の私、です。くすん。
 頭痛は、ジョギングをして汗びっしょりになり、その汗が冷えて来たあたり、あるいは入浴後、汗がひいたあたり、あるいはお酒を飲んでいい気分で帰宅中にじわじわと、という感じでやって来ます。やはり体温とか血管の拡張、収縮に関係している頭痛のようです(更年期? と言う友達もいましたが、こんな肌ツヤのいい更年期があるはずはないと思います。きっぱり)。

 ではジョギングやウォーキングを止めて、入浴もシャワーだけにして、お酒も控えめにすればいいじゃないか、と思うかもしれませんが、そうなったら私、あまりにもの欲求不満で、たぶん体のほかの部分に悪い影響を及ぼすことでしょう。これらをやめるわけにはいきません(きっぱりその2)。

 ……で、頭痛の話ですが、痛みはまず、こめかみのあたりからゆっくりと鈍い感じでやってきて、そのうちズキンズキンという、まるで音を伴っているかのように激しく、頭全体を襲うようになってきます。
 そうなってくると、もうなにもすることができなくなり、とにかく横になって(仕事中はさすがにそうすることはできないのですが。しかし不思議と仕事中には頭痛はやってこないんだな)、冷やしたタオルを頭に当て、静かに痛みが引いてくれるのを待ちます。あっそうそう、私の場合、「バファリン」を飲んでもいっさい症状は変わりません。セデスならどうなのか、は未だ実験しておりません。
 しかし、冷やしたタオルがいいのか悪いのか、一発で頭痛が消えてくれることもあれば、全然痛みを癒してくれないこともあり、反対に、レンジで温めたタオルを頭に乗せたら、一発で痛みが引いてくれたこともあります。どちらにしても、横になってそのまま眠ってしまえば、いつの間にか治っているのが常なのですが。

 たかが頭痛、とは思うのですが、頭痛の種類によってはとんでもない病気の前触れということもあるので、現在注意深く症状を見守っているところです。しかしそんな話をまわりにしていると、意外と「私も偏頭痛持ちです」とおっしゃる人が多いことに気づかされるのです。
 それも男性。頭痛は女性の専売特許のような気もしていましたが、そうではないのですね。
 たまたま定食屋で流れていたラジオ番組のDJ(男性)も偏頭痛持ちだとおっしゃっていて、彼は朝起きたときにズキンズキンと頭が痛むのだとか。そしてバーでいっしょになった人(やはり男性)の頭痛は目の奥が激しく痛むパターンのようで、「目ん玉取り出して洗いたくなるんだよね」……花粉の季節なら同じ気持ちにはなったかもしれませんが、なんとなーく気持ちはわかります。
 んー、お二人とも、私の頭痛のタイプとはちょっと違うような気がしましたが、やはり季節の変わり目に起こるというところは同じ。たぶん症状は人それぞれでも、原因は同じなのでしょう。秘かに「偏頭痛同盟」と名付けて、勝手に親近感をもっているところです。別に何も活動はしませんが。

 どうもこの頭痛、「セロトニン」の分泌状態にも影響があるらしく、適度にセロトニンを増やす(すなわちタンパク質を摂取するということかな)ことが頭痛を抑えるのに有効なのだとか。しかしこれって「うつ病」の治療と同じじゃん、なんて思いましたが。大丈夫かオレ。

 それと血管の拡張、収縮には「マグネシウム」が有効なのだとか。食物でマグネシウムが多く含まれているものは、と調べてみたら……。
 「納豆、ひきわり納豆、たくあん漬け」
 ………(絶句)。


c0135618_23174778.jpg 話は思いっきり変わりますが、もうすぐ発売ですね。「ガラスの仮面」45巻。
 しかしまあ、なんというキャスティングでしょう。美内先生よくOKしたなあ。
 でも姫川亜弓役の大久保さん、こういうメイクした女の子って、渋谷あたり歩いていると、うっかり出会っちゃったりするよね(笑)。


この記事を評価してやるぞ、というお高い目線の方は
↓↓↓をクリック!

[PR]
by yochy-1962 | 2010-09-28 00:29 | ひとりごと | Trackback | Comments(6)
 ありったけの感謝の心を。

 ありったけの愛情と、友情を。

 そして、あまりにも早く、突然、旅立ってしまったことへの、怒りの気持ちをちょっぴり。



 ありがとう。そしてさようなら。忘れません。

 
[PR]
by yochy-1962 | 2010-09-21 22:09 | ひとりごと | Trackback
 なんだか今年の夏はyochy史上最悪の体調、だったような気がします(単にこれを年のせい、とも人は言うかもしれんが)。
 特に喉の調子が悪く、まあ己のウィークポイントであると自覚していたので気をつけていたつもりだったのですが、楽しみにしていた練馬音楽祭直前になって、またヒリヒリヒリヒリ、熱を持って痛み出し、その結果、音楽祭欠場という「最悪のシナリオ」を展開することになってしまったのでした。
 歌手失格です(涙)。玉置浩二氏のことをとやかく言えません。しばらくは体を元に戻すことのみに専念し、来るべき復活コンサートに向けて養生したいと考えているところでございます。
 果たして私は「歌手」なのか、そして復活コンサートがあるとしたらそれはいつなのか、どこでやるのか、観客は来るのか、という案件は置いといて(苦笑)。

c0135618_18423642.jpg で、本題はここからなのですが、我が「後期高齢者カメラ」サイバーショットさんが、いよいよ引退、ということになりました。
 いや、もう数年前から、突然うんともすんとも言わなくなったり(それもいざというときに限って)、甥っ子の結婚式で動かなくなったり、たくさん撮った写真が全部「オシャカ」になったりと、「ダメだこりゃ」な事件をたくさん起こし、もう買い替えようとずっと思って来たものでした。
 しかし、たくさんの方から「ブログの写真、きれいだね」と言っていただき、いまだ発売になっていませんが「ブログカメラ」というムック本でも紹介していただき、なんとなく「ポイッ」と捨てる気持ちにならなかったのも事実。とりあえず、だましだましでも使っていこうと思っておりました。

 しかし、メモリースティックが入っているのに入っていないと言い張るなど、後期高齢者に「認知症」の症状まで出てきてしまったサイバーショットさん、もうこのへんでなんとかしないといけないなあと思い、意を決してビックカメラに赴き、新しいカメラをいろいろと物色したこともあったのですが、ネットで見て「ん、これいいんじゃない」と思っていたカメラが売り切れ。
 んー残念、でもあともうちょっとお金を出せばもうちょっといいカメラが買えるぞ、いや、それ買うんだったらいっそのこと一眼レフを買っちゃったほうがいい……とか思ううちに「んーめんどくさい、買うのやめよっ」と店を出て来てしまったのでした。
(そのとき、いっしょにキーボードも購入しようと思ったのですが、同じ機能なのにカシオとヤマハでは全然値段が違うことに腹を立て、やっぱり買うのをやめてしまいました。)
 
c0135618_18424035.jpg まったく、「どうせ買うんだったらいいものが欲しい症候群」の私に、デラックスなお友達(笑)が、「ああ、新しくカメラ買ったから、いままで使っていたヤツ、あげるよー」とくださり、いとも簡単にデジカメをゲットすることができたのでした(まったく、かわいいと得よね〜。笑)。
 富士フィルムのファインピクス、です。もちろん最新式、というわけではないですが、メガピクセル(あんまりよくわからんですが)などカメラのグレードは「サイバー爺」よりも上。きっと今後の我がブログ写真、ますます充実、ということになってくれるに違いありません。期待です。
 ちなみに、サイバー爺の写真はファインピクスで撮ったもの。ファインピクスの写真はサイバー爺が撮った、とりあえず最後の写真、ということになります。本当に、どうもお疲れさまでした、サイバー爺。

 しかし反対に、んーなんだか最近のyochyのブログ写真、以前よりもよくなくなったねー、なんていう評判が立ったら、すぐにでもサイバー爺に復帰していただこうと思っていますが、「いやいや、もうゆっくりさせてくだされ」とサイバー爺に言われてしまうかもしれませんね。

 とか言いながら、どうも我がパソコンの調子も悪くなっちゃって。誰かパソコンくれないかなあ(Mac希望、です。うふん)。

この記事を評価してやるぞ、というお高い目線の方は
↓↓↓をクリック!

[PR]
by yochy-1962 | 2010-09-13 20:25 | ひとりごと | Trackback | Comments(4)
 たまには洋服でも買おうとシモキタの街をぶらついていたのですが、まあ予想していた通り、妙齢以上の男性(こんな言い方があるのか)向けの洋服というものは、この街にはほとんど売っていないのです。仕方ないなあ、新宿まで出ようかなと思ったものの、いつ雨が降り出してもおかしくない天気のため、なんだか新宿に行くのもおっくうで、結局下高井戸までウォーキングし、Right Onでこんなものを購入して来てしまいました。
c0135618_2256143.jpg そう、マンガ「ワンピース」のキャラ、トニー・トニー・チョッパーのイラストが入ったTシャツです。以前このトナカイに似てると言われ、なんとなく他人には思えず、思わず購入してしまったのでした。
 雨が降りそうだから新宿までは出たくないと思っているのに、なぜウォーキングで下高井戸まで行くのか、そして、シモキタは若者向けの服ばかり売っていて、自分に合うものが売られていないと言いながら、結局、それこそ若者限定のような、どう見ても自分には似合いそうもないTシャツを買って来てしまったのか。自分の気持ちが全然理解できないんですけれども(苦笑)。

 それにしても、ホント下北沢という街は、30代、40代の男性のための洋服というものが全然売られていないのです。
 需要がないから売っていないのだ、と言われればその通りですがね。店も道楽でやっているわけではないのですから、売れなければ売らないのはごく当たり前のことかもしれません。
 ああ、シモキタには「ゼンモール」という、石塚英彦がイメージキャラになっている洋服屋もあるのですが、ここで洋服を買うのはなんだか「負けた」ような気がして(だってLサイズが充実している店なんですもん)、どうしても足を踏み入れる気がしないのです。豊富な種類があり、よく見るとすごーく割安の掘り出し品もある、と友人は絶賛していたのですけれどもね。
 仕方がないので、天気がよくなったら新宿のエディー・バウアーにでも行ってこようと思う私なのでした。

 ちなみに、「トニー・トニー・チョッパー」というキャラは、果たしていいヤツなのか悪いヤツなのか、原作を一切読んでいない私は全く知らないのです。まあいいか。

この記事を評価してやるぞ、というお高い目線の方は
↓↓↓をクリック!

[PR]
by yochy-1962 | 2010-08-09 23:26 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
c0135618_20465094.jpg

 ウォーキング途中に、こんな形の雲を発見し、すかさずパチリ。
 赤い色の翼、火の鳥の翼、のようにも見える、ちょっとダイナミックな雲の形です。
 さあ、今夜もこんな翼を心の中で広げ(片翼だけというのがいかにも、だったりしますが。苦笑)頑張っていきましょう。

 雲の形はすぐに変わってしまいますからね、そんなにゆっくりもしていられません。
 鉄は熱いうちに打て。まあ、すでに鉄の熱い時期は過ぎてしまっていたりしますけれどね。

 ああ、自分でもなに書いているんだかさっぱりわからない(苦笑)。末期症状だあ。

この記事を評価してやるぞ、というお高い目線の方は
↓↓↓をクリック!

[PR]
by yochy-1962 | 2010-07-18 20:55 | ひとりごと | Trackback | Comments(4)

by yochy-1962