ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

カテゴリ:ひとりごと( 114 )

 「ほら、また腕に力入れてる。自分で動かそうとしないで」……。
 月に一度受講しているアレクサンダー・テクニークのレッスンで、またまた私、同じことを言われてしまいました。
 体に全くストレスのかからない動き方を習得するために、まず、自分の癖を認識して、ストレスのかからない動き方を知ることから始めなくてはいけないのに、私、先生に両腕をぐるんぐるんしてもらうとき、どうしても自分で力を入れてしまい、腕の動きをコントロールしようとしてしまうのです。

 「役者さんとか、体を使う仕事をしている人は結構難なくできることなんだけどねー。あなたは頭でいろいろ考えちゃうから難しいのかな」と先生は苦笑、という感じです。しかし笑い事ではなく、この動きができないために、次に歩き方のレッスンとかいろいろと控えているのに、なかなか先に進むことができません。いわば劣等生、という感じかなオレ。
 いやあ、困ったもんだ。頭の中はからっぽのつもりだったのですがね、煩悩とか欲望とか、まだまだたくさん詰まっているみたいです(笑)。

 「とにかくなにも考えない。腕に力入れちゃうということは、自分の中にある何かを手放せない、近くに置いておきたいという感情の表れじゃないかなあ。まず、全部を解放して、自由にならないと」……。
 はあ、そういうものですか。たくさん手放したつもりだったんだけど、まだ足りないのでしょうかねえ。でも、それをクリアしない限り、本当の意味での「自由」を手に入れることはできないのでしょうかね。

 自分の中で手放さなくてはいけないもの……。わかっているようで、わかっていないような気もしたりして。

 「贅肉」だったら、いますぐにでも手放す覚悟はできているんですけど(笑)。
[PR]
by yochy-1962 | 2007-10-15 02:57 | ひとりごと | Trackback | Comments(10)
 晩年の政界進出時については、「ちょっとこの方、どこか遠くに行ってしまったみたい」と思いましたが、こうして本当に突然、遠くに行かれてしまって(たぶん、だいぶ体調が悪かったのでしょうね。ご本人も自覚されていたのかなあ、あの生き急ぎ、といった感じの活動は)、あらためて思い返すと、確かに黒川紀章さんの遺された業績は凄いなあと思ったりもします。

 しかし、なによりも一番の仕事(?)は、奥様の若尾文子さんの「私ってあまりいい奥さんじゃなかったわよね」に対するひとこと、「そんなことない、そんなことない、本当に好きだった」です。夫婦の最後の会話として、これほど素敵で、心が染みる言葉はないんじゃないか、と思います。いいなあ、素晴らしいなあと思い、「うるっ」ときてしまいました。
 夫婦から男と女に戻って、少年、少女に戻った一瞬なのでしょう。私たちが愛する人を前にして、最後にこういう会話ができるかどうか、わかりませんが、目指すべきことなんだと思いました。

 「好き」は不変。「愛」はどんなに時代が変わっても不変なのです。合掌。
[PR]
by yochy-1962 | 2007-10-13 13:59 | ひとりごと | Trackback | Comments(10)
c0135618_1374440.jpg 最近のヨッチーったら、暇だからなのかなあ、こんなものをUFOキャッチャーで手に入れて、毎晩変なお祈りなんかしているんだよ。
「ピラミッドパワー! 信じるものは救われる!」なんて言いながらね、ピラミッドをぎゅっと抱きしめたり撫でたりしたかと思うと、「そうそう西の方角にこれを置いて。勝ってくるぞと勇ましく」みたいなこと言って3時間ぐらい留守にするんだけど。
 いったいどこに行っているんだろうね。

 あっ、帰って来た。なんだかヨッチー、目が真っ赤。疲れているみたいだね。
 あれれ、いきなり冷蔵庫からビール出して飲んでる。
 ねえヨッチー、お土産は〜?
「ちぇっ、ざけんなよ」あれあれ、かなり荒れているみたい。
 そっとしておいたほうがいいようだな。

 最近のヨッチーったら、ホントにちょっと変みたい。
 なんだか黒人のおじさんが真ん中で「ハッ、ハッ」なんて動き回っているDVDがお気に入りみたいで、パンツ一丁になって、いっしょに体を動かしているんだよ。
 でも、ヨッチーったら、ぷぷぷっ、あのおじさんみたいに上手く足が上がらないみたい。それに、あの人たちの動きに全然ついていけてないよ。
 ものすごい汗だよヨッチー。あれれ、始まって15分ぐらいしか経っていないのに、もう座り込んじゃった。ああ、冷蔵庫から水を出してゴクゴク飲んでる。
 あっ、また起きて動き出した。がんばれヨッチー。
 あああ、また座り込んじゃった。ダメだねー。

 ヨッチー、このあいだアレクサンダーの先生に「また太ったね〜」と言われたのがそうとう気になっているみたい(笑)。
 明日ウォーキングしようねー。ボクもいっしょに行くよ。
[PR]
by yochy-1962 | 2007-09-25 02:20 | ひとりごと | Trackback | Comments(10)
 そろそろ重い腰を上げようか、と思っています。
 しかし、思いのほか腰が重かったことに気がつきました。ひぇーっ、助けてい(笑)。

 文章というものは、書き続けないとどんどん下手になってしまいますからね、以前のブログを卒業して百恵ちゃんのようなつもりになって「もう書きません」と宣言しても、やはり何かしら書いていないと少しずつカンは衰え、百恵ちゃんのように今になって復帰したくても「そんなに太っちゃったらもう需要はないだろ」と、人々からソッポを向かれるようなことになってしまいますからね。ああ、百恵ちゃんが復帰したいと言っているわけではありませんが。

 で、いまとりあえず編集の仕事をしているわけではないのですが、まあ編集の仕事をすることは決まっていますから、こんなタイトルで(玉子じゃないよ王子だよ)恥ずかしげもなく、第2章のはじまり、ということにさせていただきました。

 いま、つかの間の「ご隠居さん」状態の毎日で、小鳥がさえずる頃に眠りに入り(キャッ、ロマンティック)、笑っていいともが始まるころ(または思いッきりテレビ)に目覚め、毎日玄米を食べ、ウォーキングをし、ときどきパチンコをして泣き、映画を観たり舞台を観たり、俳優のつもりになって街を闊歩し、ショーウィンドーに写った己の姿を見て現実を知り(苦笑)、飲み屋でくだを巻いて「もう帰れ」と言われ、というような健康的だか不健康なんだかわからないような毎日を過ごしています。
 旅行とか、いましかできないことを堪能しなさいと友人は言うのですが、それも追々、といったとこですね。まあ、私の場合人生そのものが「旅」のようなものですからね、実際にいろいろなところに行かなくては「旅に行った」と言えないような人とは、私、ステージが違うわけなのです。
 なんちゃってね、相変わらずの毒舌野郎です(苦笑)。

 とかいろいろと書いてみましたが、このブログ、とりあえず一部の人にだけお知らせして始めています。ちょっとの間だけかくれんぼ。誰か見つけてくれるかなあ。
 別に第一号ですっ、と名乗って来ても、なにも差し上げませんがね(笑)。
[PR]
by yochy-1962 | 2007-09-11 05:50 | ひとりごと | Trackback | Comments(10)

by yochy-1962