ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

カテゴリ:未分類( 4 )

c0135618_10534951.jpg

こちらは、目黒川の満開の桜です。
毎年、定点観測のように同じ場所で、ここの桜を撮影しています。
当たり前のようですが、枝ぶりなども含めて、全く去年と、というより毎年同じ桜の絶景です。写真のタイトルに「2017年の桜」とかつけない限り、後になって見返しても、あれ、この写真はいつの目黒川だっけ? と分からなくなること必至です。
もちろん桜の命にも限りはあるでしょうが、ほんの数年でガラリと印象を変えてしまう我々人間よりは、ずっとゆったりとした時間を過ごしているようで、なんだか羨ましい気持ちにもなってしまいます。

……っていうか、お前生きてたんか、ってくらい、だんまりを決めていましたが(誰からも心配されていませんでしたが)、たまには日々の出来事、思っていることを残しておかないと、えーと、今日は何日だっけ? はおろか、えーと、私は誰だっけ? 状態になりかねないなと、着実に進行する我がへっぽこ脳に活を入れようと、久しぶりにブログさんと向き合っているのです。

c0135618_10535053.jpg

という気持ちにさせてくれたのは、4月7日、久しぶりにその姿を見せてくださった桜田淳子さんでした。
銀座博品館で行われた「スクリーンミュージックの宴」。チケットは瞬殺、というくらいに、あっという間に売れてしまったというので、最初から諦めていたのですが、私設ファンクラブの会長さんが何席か買ってくれていて、そのうちひとつを私に譲ってくれたのでした。
3年前の、一夜限りのコンサートチケットは取れなかっただけに、嬉しくて嬉しくて、オゾン層を破壊しそうなくらい跳びあがりましたが、とにかく、体調だけは気をつけて、ダイエットに励み、肝臓の値にも気をつけ(なんのために)、いざ参上です。

c0135618_10535000.jpg

とにかく、ものすごい数のテレビカメラと、次々にマイクを向けてくるレポーターたちにちょっとうんざりしましたが……というか、客はほとんど例の宗教の信者だとか、需要があるのかなどと、何も分かってない、彼女の現役当時のことなど知らない輩が、ただただ面白がって騒いでいることに、本当に腹立たしい気持ちでいっぱいでした。
客のほとんどは、もう50は確実に超えたオールドファン。いろいろクリアしなくてはいけないことはあるけれど、切実に彼女の本格的復帰を待っている、ただの淳子ファンでした。それだけは声を大にして言いたいと思います。

しかし、そんな私の思いなど吹き飛ばすかのように、颯爽とステージに桜田淳子登場!
かつての親衛隊の方々でしょうか、淳子コールが鳴り止みません。
前回のコンサート時よりは多少ふっくらしていたものの、ステージが一瞬のうちに華やかに、豪華な雰囲気に変わりました。これぞスターの証。流石です。
そして、なによりも驚きだったのは、緊張して喉がカラカラだと言いながらも、全然ブランクを感じさせない、舞台上での立ち居振る舞い。ひとつひとつの表情、仕草、声、それぞれに「あの頃の淳子ちゃん」が垣間見えました。これぞ天性の女優でした。

映画音楽がテーマのステージとあって、今回は、自身の当たり役「アニーよ銃をとれ」からの数曲を披露。
そして、特別にみなさんにプレゼントということで「化粧」を披露。当時の歌い方とはまた違って、つぶやくように、噛みしめるように歌うその姿は、そのまま紅白での大竹某さんの代わりに出てもいいんじゃないか、と思わせるくらい圧巻でした。

素晴らしかったです。
真っ暗な会場でしたから、こそこそせずに、思い切り泣いてしまいました(苦笑)。
ありがとうございました。

c0135618_10535172.jpg

さすがに出待ちは遠慮、というよりテレビカメラとかレポーターたちが本当にうるさく、ファンクラブのみなさんに挨拶もせずに、ひとり噛みしめるように大衆酒場です。
ここは新橋の「まこちゃん」というやきとん屋さんです。
麻布十番の「あべちゃん」という店の姉妹店ということです。ただ、あちらの煮込みはもっとねっとりとして、いくぶん甘みが多かったと記憶していますが、こちらはいたってスタンダードな味噌ベース。
まあ、安定感のある美味な煮込みでございました(^_^)。


[PR]
by yochy-1962 | 2017-04-08 09:30 | Trackback | Comments(3)
 本当は、一度ぜひ行きたいと悶え苦しみ、ついに潜入に成功した目黒の某立ち飲み屋の記事を書こうと意気込んでいたのです。
 グルメ雑誌や近所に住む人の情報によると、いつ行っても満席状態、大人気店、それも日曜は休み、という評判だったので、こりゃ夏休みに勝負を挑むしかないと、我々は鼻息荒く、目を吊り上げて、道場破りのごとく店の暖簾をくぐったのですが……。
 店内はまだだれも客はおらず、貸し切り状態(脱力)。にもかかわらず、椅子席は予約制だとかで座らせてもらえず、おまけに写真撮影もNGだとかで、ブログに紹介することは断念せざるを得なかったのでした。
 いや、それでも店員さんの接客はよく、食べ物は立ち飲み屋とは思えないほど美味、それも安価なのですがね。それにいろんな雑誌で紹介されている店だというのに、私のようなへっぽこブログには紹介されたくないようなのです。んー、いまどき「食べログ」を無視しちゃ店はやってけないぞ〜とも思いましたが……。
 まあいいか、いろんな考え方もあるだろうし、とりあえずはこの店のご自慢の、ローストビーフやらポテトとかは堪能させていただいたので、よしとしましょう。

c0135618_22535414.jpg で、前置きが長くなってしまいましたが、我々はそれからいつもの(笑)武蔵小山に移動。この日は晩杯屋ではなく、K氏オススメの大衆酒場、「豚星」(ブタのスター? ん、呼んだ?)というお店に潜入です。
 大衆酒場にしては小綺麗で、店員さんも若く、それもイケメン揃い。いかにも女性に受けそうな佇まいですが、この日はサラリーマンやら家族連れで店は繁盛。
 ま、武蔵小山ですし(差別発言かしら)、それに女性がこの手の店をターゲットにしたら、おじさんたちの憩いの場がなくなるだけでなく、おしゃべりに夢中で全然追加オーダーしない方々は、大衆酒場の「敵」ですからね、来てもらっても困るというものです。


c0135618_2254561.jpg 恒例の乾杯図。すでにスパーリングワインでいい感じになっていた私は、いまさらながらトマトハイという、ダイエット&アンチエイジングドリンクをオーダー。
 このドリンク、焼酎に唐辛子をたんまり漬け込んだものを使用しており、もれなくヒーハー全開、脂肪燃焼状態なのであります。
 健康診断で3キロ太っちゃったことが発覚したからな、頑張らないといけません(飲んで痩せようってのが図々しいのですがね)。


c0135618_22535452.jpg にこけんの血が騒いで、この店の煮込みを調査。
 この店、生意気にも「塩煮込み」を出しているのです。そう、仕込みにも、味付けにも一番気を遣い、難しいとされる塩煮込み。しかしこの店の煮込みは透き通ったスープ、独特の臭みを全て取り除いたお味で、とてもおいしかったです。んー侮れません。合格です。柚子胡椒もいいアクセントになっています。


c0135618_2254968.jpg もちろんもつ焼きのお店ですから、いろいろな焼き物は充実(写真失敗でした。失敬)。
 最後にこんなサンドイッチもオーダー。これが美味いんだ。大衆酒場ではこういうものは出ないと踏んでいたからでしょうか、新鮮で、お腹一杯なはずなのに、私のもうひとつの胃袋がフル稼働。ああ、また太っちゃう〜。

 やはり大衆酒場には昭和の話がよく合います。我々は「飛んでイスタンブールって韻を踏んでるよね」という話をしていたら、隣りで飲んでいたおじさんが「恨まないのがルール〜」と参戦してきました(笑)。
 いいよね、こういうたわいもない話で盛り上がれる時間、というものは。
[PR]
by yochy-1962 | 2012-08-28 23:13 | Trackback | Comments(0)
c0135618_3504843.jpg その日は私、出せと言われながらうだうだして出せなかった企画書を完成させようと、家に閉じこもってパソコンに向かっていたのですが、気分転換に見た「星占い」が、「きょうはラッキー! 外に出てチャンスをつかみましょう」なんてことをおっしゃっていて、こりゃいかん、外に出なくてはと(単純だねえ。ま、なんだかんだ理由つけて外に出たかっただけなのですが)、いそいそと目黒川方面へ歩き出したのでした。

 東京の桜ももう満開を過ぎ、いまははらはらと舞う花びらが美しい時期。ああ、昨年は分厚い単行本の編集を終えて、充実感たっぷりでこの桜を見たんだっけなあ、一年って早いなあ、なんて感慨深げに目黒川沿いの桜を眺めていたのですが……。


 突然、ベビーカーに乗った子どもが、私を指差して、ニコニコしながら「ハンバーグ! ハンバーグ!」なんて叫ぶのです。

 一瞬、凍り付いたように私は立ち止まってしまいました。子どもの声は思いのほか大きく響いたようで、周りにいた花見の客も、言葉を止めて私の方を見ています。
 えっ、オレ? オレ、ハンバーグ? ハンバーグ?? ハンバーグ???………。
 そんなにオレ、丸いんだろうか。
 それとも、でこぼこで、真っ黒けってこと?
 子どもは正直などと申します。見たものを、直感で鋭く表現するなどとも申します。で、その結果が私、ハンバーグ、なのでしょうか?

 嗚呼、だんだん意識が遠のいていきました。

 子どものお母さんはハッとして、「こら、◯◯ちゃん、知らないおじちゃん(おじちゃん? なんてこと王子に向かって)にそんなこと言ったらいけないでしょ。すみません、この子ったら、ホントにもう!」

 一時止まった空気がまた動き出しました。花見の客も、何事もなかったのようにまた自分たちの会話に戻って行きました。しかし、私の頭の中には、いつまでも「ハンバーグ」という言葉がこだましていたのでした。

 普段は子どもからコミュニケーションを申し出されれば、積極的に相手をしてあげたりする、フレンドリーな私なのですが、さすがにそのときは、天真爛漫、満面の笑みを浮かべて私を見ている子どもの相手をする気もせず、花見の気分も失せ、ふらふらふらと、そのままスーパーに行ってじゃがいもなどを買って帰りました。
 ああっ、外なんか出るんじゃなかった。ちきしょう、あの星占い、もう信じないぞ!

 まあいいか。「じゃがいも!」なんて指差されたら、つかみかかってたかもしれんからなあ(苦笑)。
[PR]
by yochy-1962 | 2008-04-02 04:35 | Trackback | Comments(18)
c0135618_10502163.jpg 昨日はご覧のように、「ソレタ大文化祭」オープニングパーティーが開かれ、その後有志でカラオケ(もちろん私も有志のひとりです)、そしてその後さらに厳選された有志で一杯飲み屋(もちろん私も厳選有志の一員)、その後はさらに、ちょっとなにかが壊れた有志(笑)で池袋の夜の闇に消えていった、ようです。私は修業の身なので(いまさら)、一杯飲み屋でリタイヤしましたが。

 お友達のブロガーさんから、たくさん問い合わせ、行きます宣言をいただいて、ありがとうございます。ただ、私もずっと会場にいるわけではないので、お会いできるかどうかはわかりませんが、もしお会いできなかったらごめんちゃい。
 本日と明日、日本一のペーパーエンジニア(ヨイショ、ヨイショ)による「ポップアップカードを作ろう」教室、オリジナルフレグランス教室は土曜日一日の開催です。その他、スパ娘さんによる数秘術コーナーやその他諸々開催中。気分がよければ私のベリーダンスも楽しめます。ってウソですが(結構みんな本気にしちゃうんだもん)。

ソレタ大文化祭、詳しくはこちらを
[PR]
by yochy-1962 | 2007-11-23 11:10 | Trackback | Comments(10)

by yochy-1962