ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

2017年 07月 30日 ( 1 )

引っ越し先の居酒屋探索もひと段落ついて、馴染みにしたいと思ったイカす店、もう二度と行くもんかと思った店など、だいたいのところは把握したような気になっていたのですが。

ここのところの猛暑がちょっと落ち着き、ゲリラ豪雨もないだろうと見込んだ気だるい日曜の夕暮れ時、お散歩ついでに見つけたお店がなかなか素敵で、ああ、なんて奥深い街に引っ越して来れたのだろうと、改めて我が嗅覚の素晴らしさに感嘆している2017年7月の終わりの私、でございます。

c0135618_19024174.jpg

お店の宣伝をするつもりはさらさらないので(ステマじゃないしね)特に店名は晒しませんが、街のメインストリートからはちょっと逸れた、わざわざ用がなければ通らないところに鎮座する大衆酒場。
チェーン店ではないようです。こういう、地元密着型であろうお店は、これまで嫌という程痛い目に遭ってきたので(詳しくは前の記事を参照願う)、ちょっと入るのは躊躇しちゃうなあと、店頭に提示してあるメニューをぼんやり眺めていたところ、中からふくよかな(お前もな、というツッコミは無用)、気の良さそうなニイちゃんが出てきて、「どうぞどうぞ、席空いてますよ」と感じよく誘ってくださり、じゃあ、とばかりに入店。

メニューの感じは、特に他の居酒屋さんと大差ないですが、おひとり様でも楽しめるよう、小ぶりの安手メニューが豊富です。そして、テーブル席から離れたカウンター席もあるため、「ヒャッヒャッヒャッ〜」という、酔っ払いの下品な笑い声を間近に聞かなくても、静かにお酒を楽しむことができます。
まあ、友人たちと飲むときは率先して自分から上げている奇声ではありますが。まあそれは置いといて(^_^)。

c0135618_19024201.jpg

肝心のお料理ですが、値段の割に細やかな気配りが利いていて、お刺身に添えられた薬味も素敵です。
それで、最初に出てきたお通しも個性豊かで……そう、私は今回、そのことを訴えたかったのです。

キッチュで、お通しは出しませんという店はともかく、300円でも500円でも、とにかくお金をとってお通しを提供するのなら、そこにもしっかり力を入れるべし、それを疎かにしない店こそ、イカした居酒屋であると思うのであります。

ときどき、いつ行ってもお通しはこれ、と頑なに決めているお店に遭遇します。例えば串揚げ屋さんのように、揚げ物ばかりの箸休め、お腹の具合を整えるためにはキャベツ、これしかありませんぜ、というポリシーがあっての場合はそれで構わないと思います。
しかし、何時ぞやテレビでどなたかがおっしゃっていましたが(上岡龍太郎さんだったかなぁ)お通しというものは、ウチの店はこんな料理を出す店でっせ、と宣言するためのもの、なのだと思います。
だから、お通しで、残り物みたいな一品を平気で出すようなお店、そして金太郎飴みたいに、いつ行っても同じものしか出さない店は、結局そういう店なのだと思うしかないのかもしれません。

そう、いくら300円くらいだとしても、全然イカしてないお通しにお金なんか払いたくないですもんね。

ということで、偶然見つけたこの大衆居酒屋さん、地元の居酒屋ランキング初登場1位を獲得です。
おめでとうございます。これからもニヤニヤしながら通いたいと思います(笑)。
[PR]
by yochy-1962 | 2017-07-30 18:04 | | Trackback | Comments(1)

by yochy-1962