ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

2016年 12月 23日 ( 1 )

 朝の出勤時、いつものコンビニに寄って、いつもの「タリーズ無糖カフェラテ缶コーヒー」を持ってレジに並んでいたのですが、ああそういえば今シーズン、まだ肉まんというものを食べていないことに気がついたのでした。

 これはいけない、肉まんを食べないと年を越せません(ってほどのことじゃないか)。自分の順番が来て、早速レジのおっちゃんに缶コーヒーを渡し、「あと、肉まんをひとつ」と、かっちょよく、ニヒルに決めてみせたところ……。

「すみません、肉まんはただいま準備中でして、あと3分ほどお待ちいただきたいのですが……」
 おっちゃんは申し訳なさそうにおっしゃったのでした。

 えー、3分も待つのお〜?
 私の躍る心はしゅーんと音を立てて萎んでいくのが分かりました。
 たかが3分、ですが、朝の慌ただしい時間。さらに、レジ横でひたすら手持ち無沙汰で、間抜けな顔で肉まんを待つ己の図、が浮かんできました。
 端から見たら、「肉まんを待ってウキウキしているブタみたいなおっさん」のように見えるに違いありません。これはいけません。

「じゃあ、ピザまんはありますか?」
「ああ、そちらもあと3分ほどお時間がかかります」
「カレーまんは?」
「申し訳ございません、そちらも……」
 万事休す、です。

「はあ……」
 気落ちした私に、恐る恐る、という感じで、おっちゃんはおっしゃいました。
「極上肉まん、ならありますが……」

 ご、極上?
 思わず私はその値段を確認しました。
 普通の肉まん100円に対して、極上肉まんは150円です。
 そんなあ。薄給の私に、50円の上乗せなど、なかなか勇気のいることです。

 どうしよっかなあ〜。正直悩みます。
 しかし、ちょっと躊躇している私の背後に、レジの順番を待っている善良な会社員さんたちの視線が集中しています。
 これはいけません。この方達から見たら、今の私は「たった50円の上乗せに駄々をこねてるブタみたいなおっさん」に見えるに違いありません。

「はい、じゃあそれで」
 軽やかに、爽やかに、精一杯の笑みと共に私は宣言したのでした。
 まあ、極上というだけに、きっと身悶えするほど美味な肉まんに違いない。これぞハイソな、シャイニーな人間にこそ味わえる特権!  思う存分楽しませていただこう。そう思って颯爽と、その「極上肉まん」を抱えてコンビニを後にしたのでした。

 しかし。
 その「極上肉まん」とやらですが、ちっとも美味しくない、というより、全然その極上感を味わうことができない一品だったのでした。

 さらに、肉まんの4分の1が蒸し途中なのかなんなのか分かりませんが、ぐっちゃぐちゃで、泣きたくなるほどがっかり感満載。50円返せ〜っ、と私は会社でメールチェックしながら叫んだのでありました。

 本当は、この「極上肉まん」も、あと1、2分ほど蒸したほうがよかったのかもしれませんがね。肉まんに固執するブタみたいなおっさんをどうにかしなくてはというお店側の、やっつけ的な対応だったのかもしれません。ふうっ。

 で、その日のランチはリベンジとばかり、とあるラーメン屋で「とんこつラーメン、全部乗っけで」と、ニヒルに、かっちょよく叫んだ私なのでした。

 チャーシュー、卵など、とにかくその店のトッピングを全て乗せました〜、って感じの、ゴージャスな、セレブにだけ許されるラーメン。

 そうとう期待してそのラーメンを待っていたのですが、到着したのは「えっ、これ?」てくらいの普通のラーメンだったのでした。
 薄っぺらいチャーシューと煮卵が、「ごめんなさいごめんなさい、こんなんでごめんなさい」と言ってるような質素なラーメンだったのです。
 おまけに、なんだかこのラーメン、スープが劇「ヌル」で、どうしてこんなにヌルいラーメンを平気で客の前に提示するのか、厨房の中に入って説教でもしてやりたくなる気分になってしまいました。

 990円という価格が税別価格で、結局1000円以上したのも腹立たしくて、ああ、今日は食べ物運勢50点の日だったなと、肩を落として会社に戻った2016年年の瀬のワタクシ、でございました。
[PR]
by yochy-1962 | 2016-12-23 23:16 | ひとりごと | Trackback | Comments(4)

by yochy-1962