ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

2008年 09月 09日 ( 1 )

c0135618_258290.jpg ああでもない、こうでもない、あれがああだからこうしなくちゃいけない、でもああされたらこうなるだろう、でもでもやっぱりああしなくちゃいけないよな、反省。でもでもでも……と、なにかと悩み多き昨今の私です。ってなんのこっちゃわかりませんね。失敬です。

 そんな私にとって、ウォーキングは唯一の「癒し」です。とりあえず悩みを封印して、ただひたすら歩く、歩く、歩く。汗をびっしょりかいて、知らない土地を旅人の目線で眺め、空想の世界に浸ることができる時間があるからこそ、なんとかなるだろう、いや、なんとかなるはずだ、いや、なんとかなってるじゃないか……とマイナス思考にまみれた「ヘタレ」の気持ちをリセットすることができるわけです。
 もしかしたら、歩き続けていくうちに、なにか「答え」が出てくるような気もするのです。自分が生きていくことの意味、どんな思いをバトンに込めて次世代につなげていけばいいのか、そんな答えも出てくるような気がするのです。

 座頭ころがし坂は、砧公園の西にある大蔵運動公園の、端っこにある短い坂です。
 このあたり一帯が「山」ですから、坂道はいたるところにあったりするのですが、どうしてこの坂だけが「座頭ころがし坂」という名称で呼ばれているのか、それはわかりません。ふだん注意深く歩いているはずの座頭=盲目の人までもが転がってしまうような急な坂、ということなのかと思ったら、実際に座頭が転げ落ちた坂だったようで、それが名前の由来になっているようです。

 とても変わった名前の坂なのですが、同じ名前の坂が、全国に多数存在しているようです。そんなに多くの座頭が坂を転げ落ちたかと思うと、とても気の毒な気持ちになってしまったりもするのですが、この坂をああでもない、こうでもないと思案に暮れながら歩いたのも私だけではない、と思い、気を取り直して歩いていこうと思ったりもするのでした。
[PR]
by yochy-1962 | 2008-09-09 01:03 | 東京坂道百景 | Trackback | Comments(4)

by yochy-1962