ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

汐留より

c0135618_104014.jpg 子どもの頃の夏休み、真夜中の天城峠から見た夜空の美しさが、いまでも脳裏に焼き付いて離れません。
 伊豆まで行く途中のトイレ休憩で、眠い目をこすりながら車から外に出て空を見上げた子どもの私は、あっ、と思わず大きな声を上げてしまったのでした。
 これぞ満天の星の大群。幻想的な天の川が空いっぱいに横たわり、見たこともないようなたくさんの星たちが、めいっぱいの光の粉を振りまくように輝いていたのです。

 その後、きれいな星空は何度も見ましたが、そしてプラネタリウムでも「疑似満天の星」は見ましたが、天城で見たときより美しいと感じた夜空はありませんでした。もう一度、息をのむような美しい星達にお目にかかりたいなどと思いますが、まず都会では無理でしょうね。というより、我が「目」が小さな星まで追うことが出来なくなっていたことに気がつきました(苦笑)。

 文明が行き届いていない、飢餓に苦しむ子ども達の真上には、まだきっと、満天の星達でいっぱいの夜空が見えるのかもしれません。しかし、子ども達は空を眺める余裕もなく、たとえ空が見えたとしても、それを美しいと思う心の余裕はあるのだろうか……なんて考えると、つくづく皮肉なものだなあと思います。

 で、ここは汐留にある高層ビルから見える東京の夜景です。
 「東京には空はない」と言ったのは高村光太郎の妻、智恵子ですが、いま、東京にはこんなきれいな夜景が、いたるところに存在しています。
 人工的なものでも、美しい景色はひとときの安らぎを与え、心が和んでくるものです。そして、東京は地上から空を眺める場所ではなく、上空から地上を眺める場所なんだなあと、ふと思いました。

 そして、帰りのお会計で「えっ、たった1杯でそんな金額?」といきなり地上に突き落とされ、夢は終わってしまったのですがね(苦笑)

ソレタ大文化祭は11月20日からです。ぜひお越し下さい。
[PR]
by yochy-1962 | 2008-10-16 00:00 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://newyochy.exblog.jp/tb/9930694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by yochy-1962