ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

「居酒屋店主」の夢

 私は日頃、物書きになりたいとか歌手になりたいとか役者になりたいとかアイドルになりたいとか(笑)政治家になりたいとか(小学校2年の頃は堂々と「総理大臣になりたい」などと作文に書いていた事実)ツバメになりたいとか(いや、これは言ってないぞ)、ことあるごとに言っているのですが、ホントのところ、一番なりたい夢は「居酒屋のオヤジ」になることだったりします。

 あっ、居酒屋じゃなくてもいいんです。バーでもクラブでも構いません。とりあえずお酒を出して、お客様に楽しい会話と、この美貌(笑。どの美貌だよ)を提供し、ひとときの癒しと安らぎを感じてもらえる店を作ること。これこそ私の「終着点」と定め、日夜奮闘しているわけです。

 いや、わかっています。わかっていますよ。居酒屋を作るなんて、そんなに簡単じゃないってことぐらい、わかっています。最近は「居酒屋を経営するための本」なんてのがたくさん出ていますからね。そんな本を立ち読みしてみましたが(買ったりはしていませんが)、結構なお金がかかるってことぐらい、わかりきっています。
 それだけでなく、仕入れから仕込み、おいしい肴を出す腕、そして衛生管理、その他諸々、手にしなくてはいけないことや維持しなくてはいけないこと、数え上げればキリがないってことも熟知しているつもりです。

 そして、店はお客を選ぶことができません。お酒を出す店ですからなおのこと、酒を飲んだ途端に人が変わったり、セクハラまがいのことをする客がしょっちゅう来るような店だったら、店主としては悩みは尽きませんからね。もうお店やめちゃおっかなあ、なんてヘタレの私はすぐに思ってしまうことでしょう。

 ですから、とりあえず私の店は「会員制」とさせていただこうと思っています(経済的その他の懸案事項はすでに飛び越えてしまっていますが)。気心の知れた客、そしてその客が信頼している友人のみに門戸を広げ、何の心配もなく、心から楽しい夜を提供しようと思っています。
 その代わり、一度会員になった方には、申し訳ございませんが、月に10回は必ず来店し、お金を落としていっていただくというノルマを果たしていただこうかと思っています。仕方がありません。都会に生まれた「オアシス」存続のためには、お客様の協力が必要不可欠、というものです。

 料理は当然、私が自ら担当することになるでしょう。その日に備えて私、自慢料理を開発中です。冷や奴とか枝豆とかチーズ盛り合わせとかナッツ盛り合わせとか、自慢できる料理はぞくぞく誕生しています。そのうちご紹介しようと思っていますが、まあ、とりあえずは静岡おでんともつ煮込みは定番メニューです。はい、夏でも定番です。

 居酒屋運営において、見落とされがちなのが「バックミュージック」の大切さです。
 うっかり演歌の有線でも流したりしたら、やはり店の雰囲気もそんな感じになり、お酒はぬるめの燗になり、男は無口な人ばかりになります。
 ですから、決してそんなことのないように、音楽も店主がチョイスにチョイスを重ねます。日によってテーマを変え、お客様のご機嫌を伺うのも悪くないでしょう。
 基本は70年代歌謡曲です。月曜日は女性アイドル、火曜日は男性アイドル、水曜日はニューミュージック、木曜日は桜田淳子ナイト、金曜日は70年代洋楽、土曜日はなぜかアルゼンチンタンゴでゴージャス感(場末感、と言った方がいいのかな)を演出、そして日曜日はマイナーアイドル特集でお客様のハートをがっしりわしづかみ、を目論んでいます。
 あれ、年中無休なの? というより、ある意味このチョイスは拷問?

 お店を楽しく存続させるためには、ときどき「キャンペーン」なるものを打たないといけません。
 私のお店では、毎月「誕生日キャンペーン」を企画し、該当する方に思いっきり楽しんでいただこうと考えています。
 誕生月の方には、もれなく「毎日来てもいいぞパスポート」を発行し、毎日来店しても決して「また来やがったこの酔っぱらい」というような目で見ないことをお約束しようかと思っています。
 もちろん、店主の機嫌が悪いとき、そして店主が「ああ今夜はウラちゃんの店で思いっきり歌いたいなあ(笑)」などと思ったときは即閉店です。仕方がありません。ここは私の店ですから。人のことなど構っちゃいられません。

 ……と、ここまで書いていくうちに、自分でこういう店を作り、長く続けていくにはちょっと無理があることに気がつきました。というより、ああ、やっぱりめんどくさいなあ店経営って、と思うようになりました。
 で、現在馴染みの店を、そんな店にしてしまうのが手っ取り早いのではと、虎視眈々と物件を探しているところであります。
 さて、覚悟しいや(笑)。
[PR]
by yochy-1962 | 2008-09-11 01:00 | ひとりごと | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://newyochy.exblog.jp/tb/9681195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chako-05 at 2008-09-11 11:41
こんにちは~
私も同じような夢を持っていた時期があります。
でも私には決定的に無理だと思ったこと・・・それは
ろくな料理が作れませんでした。
しかも、常連になっていただけるほど酒飲みの友人も人脈もありません。
そうなんです、自分で馴染みのお店を開拓すればいいんですよね。
今では自分の馴染みのお店ばかりに行って「冒険欲」がなくなってしまったことが、ちょっとさみしかったりします。
Commented by asuno-kazemachi at 2008-09-11 19:10
喫茶店をやりたいと思ってました。
気に入った一客ずつのカップを集め、店主(自分)の好きな音楽だけを流し、騒ぐ団体客には、臆することなく出て行ってくれと言う(笑)。

でも、採算を度外視していたことに気づき、無理だという結論に。
どこかから不意に、実はあなたの亡くなったご先祖様に大変お世話になって・・・これはわずかばかりの遺産ですが・・・という人が現れたら、考えようと思います(笑)。
Commented by ぽぱい at 2008-09-11 20:02 x
うんうん、ヨっちゃんなら出来るよ、大丈夫。
その道30年のプロが付いているから大船に行ったキモチでやってみなよ(笑)
厳しいアドバイスもありまっせ~。
※お店を開くのは勢いも大事ですよ(^_-)-☆
Commented by yochy-1962 at 2008-09-12 00:19
chako-05さま 私は馴染みの店に行くのも好きですが、新しい店を開拓するのも大好きですよ。だから、どんどん馴染みの店が増えて、困ってしまったりもします。
現在、店で食べておいしかった料理の再現に奮闘中。いずれ我が店のオリジナル料理に進化させようと思っています(ってまだ諦めてないのか)。
Commented by yochy-1962 at 2008-09-12 00:22
風待ちさま 喫茶店はウチの姉貴の憧れでもありました。でも「普通の喫茶店は盛りがみみっちい。アタシならでっかいカップに並々とコーヒーをついで、サンドイッチのパンも分厚いのを使う」宣言していて、やはり採算度外視だったみたいで、現在はお茶を摘んでいるところにお嫁に行きました(笑)。
Commented by yochy-1962 at 2008-09-12 00:25
ぽぱいさま ああそうだ。心強いアドバイザーがここにいた! いろいろと教えていただきたいところです。よろしく。もれなく常連さんにしてあげるよ(笑)。
でも、やっぱり厳しい現実もあるのでしょうね。夢破れてあえなく閉店、という店もたくさんあるもんねー。
Commented by lionmidori at 2008-09-12 19:59
ぷぷ。開店の暁にはぜひご一報ください。でも、遠隔地に住んでる人でも会員にしてもらえるかどうかが問題ですな。いっそマンチェスターで開店しません?在マンチェスターの日本人が大喜びすること請け合いですが。
Commented by yochy-1962 at 2008-09-13 00:38
lionmidoriさま もちろん会員ですよ! 帰省の際はぜひお立ち寄りください。懐かしい日本の味と歌声(笑)でおもてなしさせていただきます。
マンチェスターで開店? いいねえ。オレ、本気にしちゃうよ。下宿させてくれる??(笑)
Commented by k at 2008-09-13 00:53 x
近くに◎価学会のそういう店あったけどね~何しろえらそ~だったよ~!
電話しろとか予約しろとか~
Commented by yochy-1962 at 2008-09-13 01:48
Kくん そうなんだ。オレの店は会員さんなら電話しなくても大丈夫だよ。いつでも来てね〜(って何の根拠もなく開店宣言してますが)。

by yochy-1962