ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

c0135618_1394543.jpg こちらは仕事で訪れた、「最高気温の街(?)」埼玉県熊谷市の空です。
 カメラを違う方向に向ければ、ゲリラ豪雨の元になった入道雲がもくもくもくと、まるでミシュランタイヤのキャラクター(あるいはマシュマロマン)のような姿になって我々を威嚇していたりするのですが、その向こう、高い高い空にはこのような、秋を感じさせる鱗雲がお目見えしているのです。
 確実に時は流れ、季節は変わろうとしているのですね。

 「どうして時間は過ぎてしまうの?」
 「時間は過ぎるものじゃないんだ。やって来るものなんだよ」
 尾道三部作「時をかける少女」のクライマックスで、主人公二人が言う台詞です。
 「過ぎるもの」でも「やって来る」ものでも、どうも時間は、時は「〜しまう」もののようです。私たちは、過ぎて「しまう」もの、やって来て「しまう」ものを恐れ、そこから逃れようと戦々恐々としたりするものです。
 そりゃあ、いつまでも若くありたいものですし、「別れ」とは無縁の人生を送りたいと思うのは当たり前のことでしょう。しかし、「時」は残酷に、生き続けていくことの悲しみを目の前につきつけ、人生を学習せよと鬼教官のように私たちの前に立ちふさがるのです。

 しかし最近、もしかしたら「時」って優しいものじゃないのかな、と思ったりもしているのです。
 先日、実に10年ぶりの友人と会う機会があったのですが、50歳になったその友人は、以前私が彼に感じていた、ギラギラとした雄のフェロモンと言ったらいいのか、少々暑苦しくて目を背けたくなるようなイメージ(笑。ちょっと失礼だなオレ)をすっかり変え、いい感じで「枯れた」大人(初老?)の男性になっていたのでした。
 会わなくなった10年の間に、どんなことが彼にあったのか、あまり詳しくは聞きませんでした。とても強気な人でしたから、自ら弱みをさらけ出すことなどしないということは分かっていましたからね。でも、風呂上がりのようなさっぱりとした顔つきや、言葉のところどころで感じられる大人の雰囲気は、見ようによっては「疲れた」「老けた」「ステージから下りた」と思ってしまうような変化かもしれませんが、私には憑き物が取れたような印象を彼から感じたのでした。
 彼には、「時」は優しく流れたのではないか、と思ったのでした。

 もちろん、「時」に対してどういう受け止め方をしたのか、それによって歩く道は全然変わってきてしまったのかもしれない、とも思いましたがね。

 だから、きっと私にも「時」は優しく流れていってくれるものだと信じているのです。
 どんなに悲しく、どんなに絶望的な出来事が訪れたとしても、きっとそれらもすべて、「時」が解決してくれるのだと信じて、笑って歩いていこうと思っているのです。
[PR]
by yochy-1962 | 2008-09-01 02:34 | ひとりごと | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://newyochy.exblog.jp/tb/9600225
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 酵母 at 2008-09-01 20:55 x
私はよく、手の施しようのない人物を、時間におまかせすることにして、「見放したのではない!」と言い張ってますよ。時間を信頼することで、間接的に誰もを信頼できるのは事実です。
Commented by yochy-1962 at 2008-09-02 01:57
酵母さま(ホントにいいのそんな名前で) オレはどちらかというと見放されるほうの人間なので(苦笑)、そう思ってくれていればいいなあと思います。また、その間に成長しなくちゃいけませんけれどね。
でもきょう、仕事漬けにならなきゃいけなかったのに、ほぼ一日中寝てしまいました(汗)。ああ、また見放される〜。
Commented by たなかよしみ at 2008-09-02 03:20 x
偶然・・・8月30、31日、時をかける少女の話を、僕は鬼怒川で、東京から来たOLたちにしていました。
僕が話したのは、ゴローちゃんのハンカチのことと、ラストで焚き火をする入り江たか子と上原謙の話でしたが。
けっこうウケましたよ、時かけの話。
Commented by yochy-1962 at 2008-09-03 01:54
たなかよしみさま へえーそうなんだ。君はゴローちゃんのハンカチの場面、好きでしたね。うん、オレもあの場面、淡い恋の心情がよく出ていて、とても好きです。入江たか子さんの、ラストの表情も最高でしたね。
あの映画はロードショーで観たんですよ(薬師丸の探偵物語が自分的にはメインだったんだけど)。クライマックスの「時をかける」シーンに釘付けでした。それからアンコールシーンまで「ジーン」の連続でした。
ああ、新尾道三部作、もう一度観たい。誰か買ってくれないかな(自分で買えってか)。
Commented at 2008-09-03 22:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lionmidori at 2008-09-03 23:23
お久しぶりです。夏休み後半はもうあがくのをやめ、ブログは開店休業状態にしておりましたが子供たちも学校に戻ったことだし仕事も始めないと、とおもいつつつい、ぶらぶらしてます。

で、こんなに時間を無駄遣い?していながらコメントするのもなんなんですが、時間が過ぎていくことが一番の薬、見たいな時もありますよね。では!また遊びに参ります。
追伸:私も美味しいもの手帳でも作ろうかなーと下記の串揚げやさんを見ながら思ってます。
Commented by yochy-1962 at 2008-09-04 02:16
鍵さま お久しぶりです。お噂はときどき耳に入りますが、苦労されているようですね。
自分がこうしたい、こうありたいと思うことを一番大切にして、進んでいってくれたらと思います。誰のためでもない、自分の人生なのですから。
決して時に流されないように。
あと、ロマンチック=×、センチメンタルだろ(笑)。
Commented by yochy-1962 at 2008-09-04 02:20
lionmidoriさま お元気ですか。夏休みはお母さん、大変ですよね。最近は学校にもエアコンが入り、暑くないからという理由で、夏休みを短縮している小学校もあるそうです。親たちからの希望なのかも?
でもオレ、おいしいもの手帳は作っていませんよ(笑)。向田邦子さんは「う」の引き出しがあったそうですが、強いて言うならオレの場合は、このブログが「う」の引き出しかな。
Commented by lionmidori at 2008-09-04 23:05
あ、それは失礼しました。グルメ手帳本当にもっていらっしゃるのかと思ったー!
それにしても暑くないから夏休み短縮?そんなことを行っていたらイギリス、夏休みがなくなってしまいます。夏は子供たちとぼんやり楽しく、を目標に適度にだらだら、適度にあそんでました。手紙も何通かかけたし、なかなかいい夏でした。はい。
Commented by yochy-1962 at 2008-09-05 19:40
lionmidoriさま 今年のイギリスの夏は涼しかったみたいですね。ちょっとうらやましい。在宅になったため、我が家の電気代はとんでもないことになっています。
今度帰省するときのために、おすすめ東京グルメマップは用意しておきますね。なんなりとお申し付けください!
Commented at 2008-09-13 18:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

by yochy-1962