ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

目玉焼き道 

c0135618_15544449.jpg ずっと昔、会社の同僚とランチタイムを近所のラーメン屋で過ごしていたときのことです。
 ふたりして同じ、この店ご自慢の「中華定食」をオーダーし、ニコニコしながらその到着を待っていたのですが、いざ「はいお待ちどう」と、目の前にドンと置かれた中華定食を見た同僚の顔がいきなり歪み、私の中華定食と見比べ、「そっちと換えてくれない?」なんてことを言い出すのです。
 えーどうして? と思いましたが、どうもヤツの中華定食に添えられている「目玉焼き」が半熟状態でなく、完全に火が通っていたというのがその理由だったのでした。
 「どうしてそんなに目玉焼きに執着しているのだ(仕事はとんでもなくさっぱりしてるのに)」
 「当たり前だろ。目玉焼きは半熟じゃなきゃダメ。黄身の部分を崩さずに、一口でパッと食べるのが醍醐味なんだよ」と力説する同僚を見て、ああ目玉焼きには人それぞれ「道(どう)」があるのだなと思った出来事でした。

 私はどちらかというと、目玉焼きの黄身は完全に火が通った状態が好きなのですが、ほとんどレアな状態が好き、という人もいますし、フライパンで目玉焼きをひっくり返し、両面とも日焼けサロンに行ってきましたあ、ってくらい焦げ焦げにするのが好き、という人にもお会いしたことがあります。まさに「十人十色」ならぬ、「十人十目玉焼き」だなあなんて思ったりもしました。

 そういえば、目玉焼きには何をつけて食べるか、というのも人それぞれのような気がします。
 一番オーソドックスなのは「醤油」のようですが、ウチの家族はみんな、目玉焼きにはソースをかけて食べていました。それが全然普通だと思っていたのですが、小学校の家庭科の授業で目玉焼きの料理実習をしたところ、そこでソース派の私は思いっきり変態扱いされてしまったのです。
 でも、目玉焼きには塩だよ、という人はまだしも、ガーリックをかけて食べるなんてのも十分変態の資格があるのでは、なんて秘かに思っていたのですが、とにかくソースは変態なのだそうです(笑)。

 現在は私、目玉焼きにはマヨネーズをかけて食べています。これも友人から変態扱いされた物件なのですが(笑)、でもこれって、卵サンドみたいなものでしょ? 変態と呼ばれる筋合いはない、ってものですが、いかがでしょうか(卵サンドの具をご飯にかけることの是非はともかくとして)。

 実は、この写真を撮るために目玉焼きを焼いたのですが、どうも上手に目玉焼きを作ることができず、合計4つの目玉焼きを作ってしまいました。ふうっ。
 当然それらは我が胃袋の中に。現在コレステロールたっぷり王子は、今から宴会会場に向かいます、はあっ。
[PR]
by yochy-1962 | 2008-03-29 17:10 | グルメ | Trackback | Comments(21)
トラックバックURL : http://newyochy.exblog.jp/tb/8547951
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by エムリィ at 2008-03-30 01:41 x
コンニチハ!隠れ王子ファンで、隠れながらこそっと、しかし足繁く通っております。ロム専エムリィです。
ロム専ですが目玉焼きの写真を見てどうしても黙っていられませんでした。だって王子の目玉焼きは白内障・・・お世辞にもあまり美しくありません。

実は美しく美味しい目玉焼きを焼くコツがあるんです。
それは「弱火のまましばらく放っておく」ことです。フライパンに引く油はサラダ油でもバターでもOKですが、とにかくフタなしのまま弱火で焼くことです。黄身のかたさが自分の好みになったところで火を止めます。そこそこに火を通すとなると10分強はかかるでしょう。
あの東海林さだおさんのエッセイで紹介されていた方法ですので騙されたと思って試してください。
すごく美味しく綺麗にできてハッピーな気分になれます!
Commented by kurashiki-keiko at 2008-03-30 04:25
なるほど、こだわりの焼き方と、調味料。
以前私の入るメーリングリスト(最近は泣かず飛ばず、皆さんブログかミクシーに移行したらしい)でひと時その目玉焼きには何をかけるで盛り上がったことがありました。何年も前のことなので結果を忘れてしまいましたが、醤油派、ソース派、塩派、色々あったと思います。ほんと、好みは色々です。
それからご報告までに、昨夜、「牛すじ肉と野菜の煮込み」を試しに我が家の食膳に乗せてみたのですが・・・・参考にしたレシピは「クックパッド」から得たものでして、圧力鍋を使ったのと、調味料が好みでなかったのか、私的には全く不合格ものでした。やっぱりにこけんの皆さんがこだわっていらっしゃる煮込みとはたぶん全くの別物だったかとがっくりでした。
Commented by canadienne at 2008-03-30 06:58
えーっ、目玉焼きにはケチャップですよ〜。
ウチのオットは、「絶対にトンカツソース」派ですが、今は手に入りません。あっはっは。

でも、夫婦して卵は食べない主義です。オットはコレステロールが心配、私は胆のうがありませんので、肝臓に負担がかかり過ぎるのです。

4つも召し上がって…、大丈夫ですかあ?
Commented by yochy-1962 at 2008-03-30 19:14
エムリィさま コメントありがとうございます。ロム専ですか。ぜひこれからもどしどしコメントくださいね。
目玉焼き、どうしても上手に作れなかったのはフタをしていたからなのですね。ふだんは自分で食べるだけなので、見栄えなんて全然気にしてませんでした。今度やってみます。
東海林さだおの言うことなど聞きたくない気分でもありますが(笑。ちょっと苦手なんです、あの方)、さすがに物知りですね、あの方は。
Commented by yochy-1962 at 2008-03-30 19:17
kurashikiさま いえいえ、kurashikiさんの作る煮込みは絶対においしいと思います。たぶん、いろいろな野菜を入れるよりは、プレーンなものにした方が、居酒屋で食べる煮込みに近くなるのかもしれませんね。
成功したあかつきには、ぜひレシピを教えてくださいね。待ってます。
Commented by yochy-1962 at 2008-03-30 19:21
canadienneさま ケチャップかあ。ハンバーガーのイメージですね。ご飯には合うかなあ。
私も十分コレステロールを気にしなくてはいけないのですが、4つも食っちゃいまして、いま反省しています。
だからというわけではないのですが、きょう、桜並木をひたすらウォーキングしてきました。しかし宴会をしている人たちに感化され、いまビールが飲みたくて仕方がないっす。
Commented by at 2008-03-30 22:51 x
水を数滴でふたでしょ!おたまちゃんあげよっかー?
Commented by yochy-1962 at 2008-03-31 00:53
kくん それがねえ、ふたをしないでじっくり焼くと、美しい目玉焼きができるんだって。今度やってみます。
Commented by lionmidori at 2008-03-31 08:20
美味しそうな目玉焼き!ではありませんか。いやあ、コメントを読んで食べ方だけでなくって焼き方にもいろいろ思い入れがあるわけね、と笑ってしまいました。イギリスにいるからかもしれませんが、写真のようにきれいに『白内障』にならないと合格にならないんですもの。あはは。中身はトロッとしたのがすきですが、我が家では白内障に焼きます。ちなみにイギリス人はふたこそかぶせませんがかなり大目の油をフライパンに入れ、スプーンで油をすくっては卵の上にかけ、『白内障』にするんですよ。ちなみに夫は『白内障』については無関心ですが、底がちりちりクリスピーでなきゃいかん!と言ってます。
Commented by nanbu at 2008-03-31 09:36 x
>ほとんどレアな状態が好き
↑はい、私もそうです。
でも白身は完全に固まらせたくて、結構こだわってました。
(コレステロールを指摘されてからは作ってないので腕がニブっちゃったかもですが)
そしてやっぱり目玉焼きにはお醤油が欲しくなります。
むかぁ〜し、ホテルの朝食(サニーサイドなんとか?)に出た時も、しっかりお醤油をもらいました。
Commented by ぽぱい at 2008-04-01 20:24 x
「十人十煮込み」なんてのもあるよね(笑)

>ウチの家族はみんな、目玉焼きにはソースをかけて食べていました…

うんうん分かる!
ウチは父親がソース派だったので、天ぷらはじめトマトやカレー、勿論目玉焼きにもソースをかけていました。
オイラは天ぷらにソースをかけて変態扱いされた事もあります(;^_^A
それにしても静岡ってソース派が多いのかな?
Commented by yochy-1962 at 2008-04-02 04:44
lionmidoriさま イギリス風は油を上からかけるのですか。いやあ、いろいろですね。私は、完全に卵に火が入ったのが好きですが、カリカリクリスピー状態はちょっと苦手かも、です。
イギリスでは卵焼き、みたいのはつくるのでしょうか。イギリス特有の卵料理ってありますか? オレね、いつかキッシュを作ってみたいと思ってるんだけど、あれ、さすがに難しそうですね。
Commented by yochy-1962 at 2008-04-02 04:48
ぽぱいさま いや、静岡の小学校のときに変態扱いされたから、やっぱりソースは亜流、なんでしょう。黒はんぺんフライにはソースだけどね。
天ぷらにソースはど変態だと思いますよ(笑)。オレは天ぷらにマヨネーズをかけてどどどど変態扱いされたことがあります。
Commented by yochy-1962 at 2008-04-02 16:24
nanbuさま nanbuさんのイメージだと、レアじゃなくて、完全に火が通ってなくちゃダメ、って感じなんだけど。
サニーサイドなんとか、って、海外のホテルですか。そこでソイソースをオーダーするのはなかなか。日本代表としてあっぱれ、って感じです。
Commented by a-takechan at 2008-04-05 23:22
 目玉焼きの焼きすぎなんて、言語道断。ほんのりピンク色のミディアムですよ。で、しょうゆでしょ。基本です。
Commented by a-takechan at 2008-04-05 23:24
ごめんなさい。
うまく送信できないと思って、何度もエンター押してたら、何度もいってしまいました。消し方わからないので、消してください!
Commented by yochy-1962 at 2008-04-06 00:19
さすがA子さん、MOディスクにフロッピーディスクを入れてぼーっとしている姿を思い出してしまいました。
さすがA子さん、食べ物にはうるさい! たんまりと食べ物を詰め込んだ、5段重ねの弁当箱を思い出してしまいました(笑)。
Commented by lionmidori at 2008-04-08 22:56
キッシュ、難しくないですよー!ぜひ作ってみてください。結構ピクニック向けってことになってます。熱々でも美味しいけど、さめてもOKということで。
卵焼きはないけど、イギリスで『オムレツ』というと平らに丸くやいてある代物だ、というのはご存知でした?
目玉焼きのそこがカリカリクリスピーなのがすきなのはマレーシア人の夫の好みで、別にイギリス人の好みじゃないと思います。ちなみに上に油をかけながら作っても、お水をちょっと入れてふたをしても似たような仕上がりになると思ってるんですけど。私だけかな。
Commented by yochy-1962 at 2008-04-09 05:48
lionmidoriさま うーん、そう? なんだか確実に失敗しそうで、なかなか試すことができないでいます。キッシュは大好物なんだけど、買うと結構高いんですよね。まるで高級ケーキ並みです。
こないだ、上から油をかける方式、やってみました。ふたをせずに。いつもとちょっと違う目玉焼きができましたよ。黄身に火が通るのに時間がかかったので、下はこんがりクリスピー。美味でした。
Commented by lionmidori at 2008-04-09 22:28
Yochyさん
いやあ、メールで送るべき?とも思ったんですが・・・。過日こちらの料理番組でキッシュは出来合いのペイストリーケースで作っても簡単!と言うのをやっていたのを思い出しました。先にペースとリーだけ焼かなくっても大丈夫、と言うことで。
オーブンを予熱する際に天板を一緒に余熱。その際、キッシュを焼くより少々高めの温度にしておいて、キッシュを入れる際、熱くなっている天板に載せ、その時点でオーブンの温度を適温に下げて焼くと空焼きしてから中身を入れる、と言う風にしなくても美味しく焼けるそうです。
日本でもキッシュ、売ってるんですね。これはぜひ挑戦してブログでアップしてください♪(私にはキッシュより煮込みのほうが難しいです。でもそれはイギリスのオーブンがあるからかも。)
Commented by yochy-1962 at 2008-04-10 01:22
lionmidoriさま 実はね、そんなに簡単なら作ってみよう! と思い、材料を買って来たところでした。パイシートは面倒&カロリーのことを考えて割愛、いわばスペインオムレツっぽいキッシュになりそうです。乞うご期待(とても紹介できないものになったら、うやむやにしてしまいますが)。

by yochy-1962