ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

Tokyo迷子ウォーキング4「富士見坂制覇計画」の巻

c0135618_21292931.jpg 東京は坂の多い街だということは、東京在住の方なら身をもってご存知なことかと思いますが、「富士見坂」という名前の坂がこんなに多いということは、なかなか知らなかったりします。
 例えば渋谷の宮益坂も別名「富士見坂」と言うそうで、意外な真実もたくさん存在します。こうなったら、富士見坂を完全制覇する必要があるのではと思い、富士見坂の総本山といわれる(ホンマかいな)、多摩川駅に下り立った私です。

c0135618_21294682.jpg 駅を下りるとすぐに「田園調布せせらぎ公園」というところがあります。
 子どもたちが楽し気に遊んで、お年寄りたちがのんびりお散歩している、正しい公園のようですが、住所が「田園調布」だからなのでしょうか、なんとなく子どももハイソな感じ。いや、単なる先入観なのかもしれませんが。

c0135618_21302448.jpg 公園を出て、ちょっと多摩川方向に歩いてみようと思ったら、こんな教会が。田園調布カトリック教会、その横には修道院もあるそうです。修道院にでも入って心を洗い清めたい心境の、今日この頃の私ですが、すぐにバターを盗み食いして破門されそうなので、門は叩きませんでした(笑)。

c0135618_2372620.jpg 多摩川沿いの高台、という感じのところには、多摩川台公園、そして亀甲山古墳、なんてのがありました。
 緑豊かで、静かで、とても落ち着く公園です。展望台のようなところからは、こんな感じの多摩川風景。なかなかきれいです。しかし古墳は……んー、「墓」でしょ? ちょっと写真撮るのが恐くて、撮影は遠慮。

c0135618_21303569.jpg その代わり、こんなニャンコを撮影。なかなかフォトジェニックなネコです。ウチの下に住みつく、カメラを向けるとキッと逃げていく「ニャンコ先生」とは大違い。飼い主は、どうもすぐ近くの「テント生活者」さんのようですね。

c0135618_2131836.jpg 教会の撮影をする前に、こんな坂があったのを思い出し、引き返して上ってみることに。
 説明によると、この「どりこの坂」は、「どりこの」という、戦前にあった清涼飲料水を発明した博士の家が、この坂の途中にあったから、いつの間にかこんな名前で呼ばれるようになったのだそうです。
 「どりこの」ってどんな飲み物なんだろう、と思って調べてみたら、どうもカルピスみたいな味で、なんと講談社が販売をしていたそうな。戦争が激化して砂糖が不足し、やむなく発売中止になったそうですが、んー、飲んでみたいっすね。

c0135618_2131198.jpg どりこの坂を上り切ってしばらく歩いていると、さりげなく「富士見坂」がありました。
 もう現在では、ここから富士山を望むことはできないのだそうですが、右の木々と、左のマンションを取っ払っちゃえば、今でも見ることができそうな感じです。って、そこにお住まいの方には失礼な話ですが。
 それにしても、いろいろなサイトで拝見した限り、もうちょっと急勾配で男っぽい坂かと思っていたのですが、案外ゆるやかで、短い距離の坂でした。うーん、ちょっと期待はずれ。

c0135618_21313423.jpg 坂を下り切ったところにあったのが多摩川浅間神社です。
 浅間神社というと、富士市とか静岡市にある浅間神社を連想するのですが、この神社は、北条政子が戦に出た頼朝の後を追ってここまで来たところで足が痛み出し、休んでいたところ、ここから見事な富士山が見えたのだそうです。北条政子のご本尊は富士浅間神社で、そこで頼朝の無事を祈り、身につけていた正観世音像をこの地に建てたことが、この神社の始まりだったそうです。やはり、なにかしら関係があったのですね。
 私もここでお祈り。15円(十分ご縁がありますように、ってことで。欲深!)使ってきました。

c0135618_21314822.jpg 浅間神社には多摩川を一望できる展望台があり、夕焼けウォッチャーとしては、夕暮れ時までここにたたずんでいれば、さぞかしいい写真が撮れたと思うのですが、時間制限があり、断腸の思いでこの場を後にしました。

c0135618_2132142.jpg 中原街道を渡り、しばらく歩くと、こんな坂が。
 「雄井戸坂」が語源のようで、行脚の途中で病気になった北条時頼がこの井戸水を使ったところ、見事に完治したという謂れがあるそうです。なんだかこのあたり、鎌倉時代に縁がある土地のようですね。

c0135618_21321468.jpg さて、これからどこに行こうかと思い、東京地図をこそこそ見ていたら、散歩中のおばあちゃんに「お兄さん、桜坂はあっちよー」なんて声をかけられてしまいました。あー、そうなの? 福山雅治のヒット曲「桜坂」の舞台になった坂は、ここなのですねー。
 案外短い、ゆるやかな坂です。桜の季節は、さぞかし綺麗でしょうね。しかし、おばあちゃんから福山のファンだと思われたのが、ちと恥ずかしい(苦笑)。まあ、当時はそれだけ人が訪れた場所なのでしょう。

c0135618_21322927.jpg もうこのあたりは堪能し切ったのだが、駅までの道が全然わからず、おろおろしている私の影、です。
 結構足長いだろ?(笑)

c0135618_21324079.jpg まあ、プロのウォーカーともなると、あっちのほうに歩いている人が多い、あっちからやってくる人が多い、というようなところで、だいたい駅の在処はわかるものです。
 で、そんな感じでふらふらと歩いていたら、見事田園調布駅に到着。「田園調布に家が建つ!」セント・ルイスはもう二人とも死んじゃったんだよねー。

 富士見坂完全制覇の第1回、でした。でも2回目はやらないかも。富士山見えないし、案外つまんない(苦笑)。


ソレタ大文化祭まで、あと14日!
[PR]
by yochy-1962 | 2007-11-08 00:07 | Tokyo迷子ウォーキング | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://newyochy.exblog.jp/tb/7369365
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by chako-05 at 2007-11-08 13:43
こんにちは。
今日の記事も興味深く拝見しました!
yochyさんの解説はいつも勉強になります。
遅ればせながら、リンクさせていただいてもよろしいでしょうか。

※ネタ引っ張ってごめんなさい。
横手焼きそばの具は『ひき肉』派と『ホルモン』派があるようです。
横手のお店でも半々くらいみたいです。
私的にはどちらも好きです。
Commented by babamaru at 2007-11-08 14:24
今回は「夕日をもとめて」ではなかったんですね。(笑)

少し前に『東京・江戸 地名の由来を歩く』という新書を買いました。
まだほとんど読んでいないのですが、(^^;)その中に富士見坂についても書かれていて、都内には18箇所存在しているらしいですね。
yochyさんがおっしゃるように、実際富士山が望めるところはほとんど無いそうです。その中で「日暮里富士見坂を守る会」というのがあって、富士山を隠さないための活動をしているんですって。インターネットでも検索できましたよ。著者によれば「見事な坂!」と絶賛されていましたが、yochyさんは御存知でしたか?
Commented by yui-520 at 2007-11-08 15:57
タキシードをきて、手袋靴下、はいてる猫ちゃんかわいいですね。
猫大好きです。
近所にも「富士見」という場所があります。
坂の上だったかな。
Commented by myobento at 2007-11-08 21:39
うちの近所に、山手線内では珍しい、「本当に富士山が見える富士見坂」がありますよん。
文○区の区議会が入っているビルができたせいで裾野が見えなくなっちゃたときにはマジぎれしそうになりました。
Commented by bay-hamakujira at 2007-11-08 23:06
微妙に懐かしい場所です。子どもの頃、唯一気軽に連れて行ってもらえた遊園地が「多摩川園」。いま思えばかなりチープな遊園地でしたが、その頃はやはりハレの場でしたね。駅名も少し前までは「多摩川園前」でした。ちなみに、多摩川駅を出てすぐの河原にかつてジャイアンツのグランドがあったんですね。V9時代、一軍が練習している日は、「小池商店」の前あたりの土手は黒山の人だかりでした。

それから、高校時代、田園調布3丁目(長嶋さんと同じ町内会)に住む友人がいました。改築するというので、部屋の数を聞いたら「うーん、よくわからない」といわれ、その場にいた全員が絶句したことがあります。
城南地区の南北問題は根が深いと思いました(なんのこっちゃ)。
Commented at 2007-11-09 14:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yochy-1962 at 2007-11-09 20:48
chakoさま そうそう、スーパーで「横手やきそば」見かけました。ちゃんと福神漬けも添付されていて、買おうかなと思ったのですが、賞味期限があと2日しかなくて、んー、二日続けて焼きそばは……と思い、断念しました。
リンクありがとうございます。こちらもさせていただきます。
Commented by yochy-1962 at 2007-11-09 20:51
babamaruさま 日暮里の富士見坂はまだ行ったことがありません。冬のいい天気の日なら、いまでも富士山が見られそうですね。今度行ってみます。
その新書、面白そうですね。オレも買おうかな。
Commented by yochy-1962 at 2007-11-09 20:53
yuiさま とても毛並みがよくて、ぷっくり太った、いいネコちゃんでしたよ。テント生活者の飼い猫には、とても思えないくらい。
とか言いながら、オレはネコよりはイヌ、なんですけどね(笑)。
Commented by yochy-1962 at 2007-11-09 20:55
myobentoさま 富士山が見えるのって、とても贅沢ですもんね。気持ちはよくわかる。
でもオレが子どもの頃は、毎日、当たり前のように富士山が見えていたから、新幹線車中から、身を乗り出すようにして富士山を見ている人の気持ちが、あんまりわからなかったりします。
Commented by yochy-1962 at 2007-11-09 20:58
濱鯨さま そうそう、多摩川園ってなくなっちゃったんですよね。オレ、結局一度も行かなかったな。子どもの頃はあのへんに住んでいたのですか。
城南地区の南北問題、ですか。聞いたことはありますが、みんなで襲撃しちゃえばいいと思います。部屋を占領しちゃうとか(笑)。
Commented by yochy-1962 at 2007-11-09 20:59
鍵さま そうなのですか! 私も、とても気に入りました。今度、再び訪れたときに、素敵なカメラを抱えている人を見かけたら、声をかけさせていただきます(笑)。

by yochy-1962