ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

tokyo迷子ウォーキング3「武蔵野の秋を満喫さ!」の巻

c0135618_2502498.jpg この街の様子で、私がどこを歩いているかお分かりの方は、なかなかの「東京通」です。そう、ここは吉祥寺です。
 知った街ではありますが、実は私、井の頭動物園、というところに行ったことがないことに気がついていました。先日NHKでもやっていたこともあり、ちょっくら覗いてみよう、そのあとは野となれ山となれ、とばかりに家を出たのでございます。それにしてもなかなか涼しい風が吹き、ウォーキングにはぴったりの季節です。

c0135618_2503896.jpgc0135618_2505096.jpg
c0135618_251217.jpgc0135618_2511487.jpg
c0135618_2521019.jpg 平日の井の頭動物園(正確には東京都井の頭自然文化園、というそうな)はベビーカーを引いたお母さんたちと、暇な学生カップルの憩いの場、となっているようで、暇なおじさん、もとい王子はもれなく不審な目で見られているようです、くすん。
 でも「そんなの関係ねえ」と心の中で叫びながら動物園を一周。動物はもとより、秋のバラや、無人の彫刻館で流れるピアノの調べ(どなたかが練習?で弾いていたのですが、とても感動してしまいました)と、長崎平和祈念像で有名な北村西望氏の迫力たっぷりな彫刻に圧倒されました。うん、これだけでも入園する価値があるね。

c0135618_2521913.jpg こちらが、今年還暦を迎えた、ゾウのハナコさんです。
 ハナコさんというと、平和の使者として迎えられたというのに、数々の不幸な事故のため「殺人ゾウ」とまで言われてしまった、悲しいゾウとして知られています。すべてを覚えているのかいないのか、悟りきった表情で、ゆったり、静かに鼻を上げたり下げたりしている姿が印象的でした。
 それはそうと私が小学校低学年のときに、学校で「ゾウのハナコさんに募金をしよう」という運動があったような気がするのですが、あれはなんの募金だったんだろうな。

c0135618_2522939.jpg 動物園を出て、こんな標識があったので歩いてみました。川沿いの道を歩いたのですが、あとで調べてみたら、ここは玉川上水だったようですね。

c0135618_2523862.jpg 山本有三記念館なんてのがありました。入場無料ということだったのですが、「♪ぼくは〜 それを〜 さらりと 受け流す〜」。失礼しました。あんまり興味がなくて……。
 それよりも、近くに太宰治の記念像みたいのがあるなんて書いてあったのですが、それは見つけられず。がっかり。

c0135618_2525110.jpg こんな通りがありました。あまんきみこ作の童話「車のいろは空のいろ」、あるいは谷山浩子のアルバム「ねこの森には帰れない」を知っている方ならピンとくると思うのですが、その中に出てくる通りと同じ名前、です。
 タクシーの運転手、松井さんがある日、「すずかげ通り3丁目まで行ってください」と言う客を乗せるのですが、そんな通りはありません。しかし「いいえ、あるのです」と言う客の言われたとおりに走っていくと……そこは!……。という話(肝心の部分は割愛、です)。
 思わずiPodを谷山浩子にチェンジしてこの通りを歩いたのですが、すずかげ通り3丁目ではなく、ここは下連雀3丁目、というところでした。
 よくよく見たらこの通り、「すずかげ」ではなくて「すずかけ」でしたね。失敬。

c0135618_253489.jpg 迷ったあげく、ちょっと下(南?)を歩き、吉祥寺方面に戻り、さらに下を歩いていくことにしました。きっとなにかの電車にぶち当たるだろうという算段。
 迷子ウォーカーは、こういう狭い道をわざと歩く習性があります。でもこの道、私道だったかな?

c0135618_2532156.jpg 杏林大学病院を通り過ぎて……。

c0135618_2533699.jpg こんな見事な夕焼けを見ることができました。涙はらはら。お腹はグーッ(笑)。
 しかし、残念ながらこの夕焼けは、私の「夕焼けベスト10」には入らないかな。ダントツの1位は、中学2年のとき、部活帰りに見た、空だけでなく、家も、草木も、運動場も、私たちもみんながオレンジ色に染まった一瞬の夕焼け、です。あれ以上の夕焼けは、きっと見ることはないだろうな。いまでも鮮明に思い出されます

c0135618_2535491.jpg しかしまあ、歩けども歩けども、線路が見えてきません。たぶん京王線が走っているだろうと思うのですが、そして「調布行き」のバスが頻繁に走っているので、たぶん間違いはないと思うのですが、すっかりと暗くなり、調布市内に突入した途端、回りは畑ばかりになり、不安な気持ちで約30分。やっとこんな標識が見えました。ゴールはあと少しのようです。

c0135618_254863.jpg ついたのは京王線の「国領」という駅でした。疲れた〜。約2時間のウォーキング、でした。
 今度は三鷹からどんどん奥に入っていくウォーキングに挑戦してみよう、と思ったむさし野詩人、野口五郎でした。なんのこっちゃ。

[PR]
by yochy-1962 | 2007-10-21 03:50 | Tokyo迷子ウォーキング | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://newyochy.exblog.jp/tb/7223547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by babamaru at 2007-10-21 13:27
都内は迷子ウォーキングするにはいいですよね。
どちらかというと方向音痴ぎみなワタシですが、おおよその見当をつけながらあるいていても、どこかの駅にたどり着きますから。
ワタシの場合、頭の中で考えていた駅とはまったく逆だったりしますが、
それもまあ御愛嬌で済みます。
今は田舎ウォーキングになってしまったので、半径2キロがせいぜいですけど。(苦笑)
Commented by next-kazemachi at 2007-10-21 17:52
懐かしい吉祥寺!
そして井の頭公園!
高校生のとき、よく歩き回りました。
「車のいろは空のいろ」
このタイトルを聞いたのは、いつ以来だろうと考えて、なんか鳥肌がたつほど胸キュン(死語)でした。

たくさん歩いたので、健康にはいいですね。
まさか、そのあと、ビールなんか・・・飲みません・・・よね?(笑)
Commented by yochy-1962 at 2007-10-22 11:17
babamaruさま 都内は迷子ウォーキングしても死ぬことはないですからね(笑)。曇りの日にウォーキングすると、どっちが東か西かもわからなくなり、意外な駅にたどりついたりするのも一興です。
Commented by yochy-1962 at 2007-10-22 11:19
風待ちさま 車のいろは空のいろ、ご存知でしたか。私のバイブルです。
そのあとのビール? えっと、えーっと、下北沢で宴会でした。3次会までいっちゃった。反省。
Commented by myobento at 2007-10-22 21:58
王子、ニュースです。既にご存知かもしれないんですけど、東京を転々と散歩する映画「転々」がもうすぐ公開になるんですよ~。まるで私たちのためにあるような(??)映画ですね~。要チェックですよ。
Commented by yochy-1962 at 2007-10-23 00:15
myobentoさま そうですか。そんな映画が公開されるのですか。果たして面白いのか、という疑問が最初に出て来てしまいましたが。事件とかはなさそうだし。ドキュメンタリーか? 主演はチイチイ?
Commented by nanbu at 2007-10-23 16:57 x
井の頭動物園には10年ちょっと前に行ったことあります。
その時ゾウのハナコさんは屋外にいたんですが、やっぱり年輪を重ねた巨木のような存在感がありました。今は写真のように屋内にいるんですか?
秋のバラも、なんともいえない綺麗な色ですね。
むさし野詩人を覚えてなくて、ちょっと残念な野口六郎でした。(笑)
Commented by yochy-1962 at 2007-10-27 21:57
nanbuさま ちょうどこの時間は室内にいただけで、普段は外にいるのではないかと思われます。
むさし野詩人は、私もいますぐ歌えと言われたら困っちゃうかな。でもnanbuさん、武蔵野夫人なら知っている、ってことはないですか?(笑)

by yochy-1962