ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

ちょい呑み探偵団が行く

 高田馬場の自称アイドルとか、紀香の「飛び級的」梨園の妻語りなど、香ばしい物件がたくさんある今日この頃ですが、忙しくてなかなか言及する時間がなく、そうこうするうちに約1カ月ぶりにブログさんとご対面です。
 まあ、忙しいというわりにはしっかり美味しいものを食べ、ゆったりと酒を呑む時間は確保しているのですがね、結局のところ、ブログに対する情熱がすっかり冷めてしまっているということなのでしょう。華麗の、もとい加齢のせいかもしれません、嗚呼。

 さて、ファストフードチェーンが「ちょい呑み」という制度を啓蒙してくださったのはいいのですが、堅気の皆さんが慎ましく食事をなさっている横で、ぐでんぐでんに酔い潰れるのもなんだかみっともないかなあと、勝手にひとり敬遠していたのでした。
 しかし、「ちょい呑み」なのです。あくまでも「ちょい」、職場と家までの間、ワンクッション的なものでっせ旦那、酔い潰れるなんてもってのほか……というコンセプトをいっさい理解していない私なのでした。大変失敬いたしました。

c0135618_2227572.jpg で、各店舗のちょい呑みを、満を持して潜入。
 まずはちょい呑みの先駆者、牛丼の吉野家です。
「ビールはまだかあ!」と、70年代の中島みゆきさんも歌っていらっしゃったので、吉野家におけるビールは昨日今日始まったものではないようです。しかし牛丼とビールというのも、すぐに腹がタップンタップンしてしまいそうで、すでに腹たっぷり気味な我が身を考えると、オーダーするのは若干の躊躇というものが生まれてきます。
 しかし、こうしたお悩みも吉呑みはカバー。とにかくメニューが豊富で、写真のような煮込みや、鶏の唐揚げ、フライドポテトなんていうメニューもあり、立派に居酒屋としての機能を果たしているように見受けられます。
 しかしまあ、肝心のお味となると……、うーん、牛肉をたくさん使っているからといってモツ系も充実しているというわけではなく(写真の通り迫力不足)、明らかに冷凍食品みたいな一品もあり、牛丼の味が完璧なお店だけに、ちょっと期待し過ぎたかなあ、と肩透かし状態、というのが正直なところでした。
 牛皿と冷奴、それとゴボウサラダという、昼間の定番商品で一杯、というのが正解かもしれません。


c0135618_2228578.jpg こちらは、天丼の「てんや」のちょい呑みの図です。
 この日はビール(キャンペーン中で一杯300円でした)と天ぷら盛り合わせ、ほか一品二品をオーダー。
 てんやの天ぷらはあまり油っこくなく、サクサクと微笑みながらいただける極上の逸品だと私は認定しています。あまり宣伝はしていませんが、ちょい呑みにはうってつけ。スタンダードな天ぷらもいいですが、季節季節に変わる天ぷらとともにいただくビールは、なかなかオツだなあ、とは思います。
 しかし、残念ながらここも、ちょい呑み用として作られたメニューのグレードが、とてつもなく低いのがイマイチです。
 やはり、その店のグランドメニューをアテに呑むのが一番かなあと思ってしまいますね。


c0135618_2228876.jpg そういう意味で、一日中豊富なメニューをそろえ、懐の深さを見せつけてくれる「松屋」のちょい呑みは期待できるというものです。
 さすが、ふだんからキムチやら目玉焼きやら、いろいろなサブメニュー、それも及第点の味を揃えてお客様のご機嫌を伺っているだけあって、立派に居酒屋として使えるお店といえるでしょう。生ビールグラスで150円というのも、薄給にあえぐ我々労働者に優しいことこの上もなし、という感じです。
 しかし、松屋はご存知、最初に券売機でチケットを購入してオーダーする方式を取っている店です。この券売機が、おっさんにとってはなかなか複雑で、えーとビールはこれで、えーとえーと、牛皿はどこじゃ、ああ間違えた、サラダはどこじゃとあたふたしているうちに、券売機に長い行列ができてしまい、結局小心者の私は、一度にチケットを購入することができないのです。
 もちろん、席に着いてから店員さんに直接オーダーして、その都度お金を払えばいいのですが、忙しく振る舞っている店員さんにあれこれ指図するのもなんだか気が引けて、結局、まあいいや、さっと呑んで、あとは家で焼酎ハイボールでも飲みましょ、ということになるのであります。

 ……あっ、そうでしたね、ちょい呑みでした。ここでしっかり酔っ払って、真っ赤になってふらふら帰りましょう、という人のものではないってことなのですね。

 ということで、真の酔っぱらいは大衆酒場にでも行きなさい、ということが分かり、これからも大衆酒場道を極めようと思った2016年の私でございました。

[PR]
by yochy-1962 | 2016-10-09 22:34 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://newyochy.exblog.jp/tb/26048729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by yochy-1962