ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

ショーンYより、皆様にご挨拶

「世界イケメン会議」日本代表として出席のため、3週間ほどニューヨークに滞在しておりました。そのためブログの更新もできず、世界各地にいらっしゃる、3億人の私のファンの方々にご心配をおかけしました。深くお詫び申し上げます。

 さて、私が高校生の頃、原宿を歩いている時にスカウトされ、アイドル歌手として華々しくデビュー、デビュー曲の「飛翔の時」はいきなりミリオンセラーを飛ばし、史上初、紅白歌合戦初出場でトリ、瞬く間に時代を代表するスターとして君臨したことは皆さんご存知のことと思います。
 そしてその後、その溢れんばかりの才能を本格的に開花させるべく、アイドルの座を惜しげもなく後進に譲り、ハーバード大学に入学。宇宙工学、そして政治学を学び、首席で卒業。政界、実業界、各方面からのオファーに見向きもせずに作家として衝撃デビュー、初作品「Bad Sweet Dream」はその年のベストセラー第1位、芥川賞と直木賞を同時に受賞という、前代未聞の離れ業をやってのけたことも、記憶に新しいかと存じます。

 現在、世界同時公開予定の主演映画「アルゼンチン、その愛」の撮影を終え、いよいよ宇宙飛行士として旅立つ日を待ちながら、自叙伝の執筆に取り掛かろうとしているところです。そして今、自分の長かったようで短い28年の半生を一つ一つ反芻していくうちに、大変な過ちを犯していることに気がつきました。

 そうなのです、私とあろうものが経歴詐称です。センテンススプリング様に気づかれる前に、潔く誤りを告白し、修正しないことには、来るアカデミー賞授賞式に堂々とレッドカーペットを歩くことはできません。

 その、隠された私のもうひとつの顔というのは……実は私、アイドルを卒業し、その後ハーバード大学に入学するほんの少しの間に、じつは、「パリコレデビュー」をしていたのです。

 アイドル卒業の東京ドーム公演が4月、そしてハーバード大学に入学したのが9月。そのぽっかり空いた半年間を、世界各国を気ままに旅しようと目論んでいたのでしたが、やはりどこの国に行っても「あの子は誰?」「あの素敵な子はどこのモデル?」と注目され、パパラッチに追いかけ回されてしまったのでした。
 そして逃げ込んだのがパリコレ真っ最中の会場。
 ロビーにうずくまる私を、またまた誰と勘違いしたのか、ショーの関係者がむりやり最新ファッションに着替えさせ、とにかくそこを歩けと言われ、わけもわからずに会場を歩いたところ、割れんばかりの大拍手、スタンディングオベーション状態。次の日の、フランスの新聞、全紙の一面を私が飾ってしまったのでした。

 というわけで、「アイドルから作家、そして実業家へ」という私のプロフィールには誤りがあり、「アイドルからモデルを経て、作家、実業家へ」というのが正しい私のプロフィール、ということになるのでした。
 皆様、本当に失礼いたしました。ここに深くお詫びしたいと思います。

c0135618_22192395.jpg さて、きょうは久しぶりの休日。
 休日はいつもここ、西麻布にある高級ビストロ「セラビ」でディナーをいただいている私です。
 きょうのメニューは、松坂牛をとことん煮込んだビーフシチューと、超高級ウイスキーをソーダで割った逸品です。
 なんですか、日本の庶民の皆さんがお飲みになる、ホッピー、ていうんですか? そういうのみもののラベルに似ているらしいのですが、違います。
 なんてったってこちら、宮内庁御用達の、それはそれはありがたいお酒なのです。
 その証拠に、バカラのグラスに「宮」っていう文字が書かれているでしょう?
[PR]
by yochy-1962 | 2016-03-24 22:37 | ひとりごと | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://newyochy.exblog.jp/tb/25445456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 宮ちゃん at 2016-03-25 19:30 x
一体どうしたのかと思ったよ!ジジネタなのね。ひと安心です。
Commented by yochy-1962 at 2016-03-25 20:37
宮ちゃんさま ジジネタって(・・;) ジジイのネタみたいじゃ〜ん。
Commented by kurashiki-keiko at 2016-04-01 00:39
ジジネタと言えば、以前の番組名「時事放談」は実は「爺放談」だと私は思っていた時期がありましたっけ。
学歴詐称、経歴詐称問題をここまでおちょくる(これって標準語?)とは、びっくりポンでした。
Commented by yochy-1962 at 2016-04-01 08:23
kurashikiさま 時事放談ネタ(?)は、日本人が必ず一度は体験する勘違い、ですね、きっと。
件の方も、もともとその低音ボイスが魅力でナレーションなどの仕事をしていたのだから、無理をなさらずにそれを全うすればいいかと思います。そして、じつは出身はこりん星でえす、とか言って開き直ればキャラ全開、かえって人気爆発すると思いますがね(^_^)。

by yochy-1962