ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

トホホお悩み相談室

【相談その1】
 「ジョージ・クルーニー」という人の名前が出て来なくて困っています。また、「グレン・グローズ」という人の名前も出て来なくて困っています。近くの人に聞けばいいのでしょうが、私の周りには、「ほら、あの、グリーンラベルのCMに出てる人、名前なんだっけ」と聞いても、「ああ、志村けん?」という答えが返って来たり、「ほら、あの、危険な情事に出てた女優…」と聞いても、「ああ、浴槽からガバッと起き出してナイフで襲うシーン、すごかったねえ」「男にボコボコにされても、バイバイって手を振るシーン、あれは圧巻だね」という話題では盛り上がるのに、名前は一向に出て来ないというヤツらばかりなのです。
 やっと最近「ロビン・ウイリアムズ」という名前を忘れずに提示できるようになったと思ったら、亡くなってしまいました。

【答え】
 ご自分の名前が分からなくて困っているのなら大変ですが、そのような、たぶん今後会うことも、電話することも、LINEでつながることもないと思われる方の名前が出て来ないくらいで、悩むものではありません。
 第一、名前というものは単なる「記号」です。大切なのは、その人がどのような行いをしてきたか、なのです。ですから、件の人の名前が出て来ないときは、「なかなかコーヒーにありつけない人」とか、「うさぎ煮込んじゃう人」あるいは「瀕死の重傷を負った兵士にまたがっちゃう人」と言っておけばいいのです。

【相談その2】
 最近、どうも自分がいろんな意味で酸っぱいような気がするのてすが、どうすればいいのでしょうか。

【答え】
 多分、それは紛れもない事実なのでしょう。人は年を重ねるごとに、「加齢臭」という酸っぱさを身にまとい、口を開けば酸っぱい「毒舌」しか出なくなるのは当然なのです。
 しかし、それを「堕落」と認識すること、それ自体が間違いなのです。大切なのは「発想の転換」。そう、それがすべてなのです。
 酸っぱいのは自分が「果実」だから、なのです。酸っぱい匂いはフレッシュなフルーツの香り。だらだら流れるのは、汗ではなく「果汁」。「毒舌」ではなく、果実を巡る小鳥達のざわめき。
 そのように転換して考えれば、たぶんあなたは幸せです。回りが涙目になって己を見ていたとしても、気にしてはいけません。気にしたら負けなのです。

【相談その3】
  帰り道、唐揚げを頬張りながら歩く癖が治らず、困っています。子どもからは「あのおじさん、変なんです」と怖がられ、イヌには抱きつかれ、女子高生には指をさされ笑われています。しかし、脳にそういう「回路」ができてしまったのか、この「背徳の歓び」にはまってしまい、抜け出すことができません。どのようにしたら、この悪癖は治るのでしょうか。

【答え】
 別に悪いことをしているわけではないので、堂々としていたらいいかと思います。
 というより、あなたは、その我慢の利かない振る舞いを恥じているのか、他人に違和感をもって見られることに悩んでいらっしゃるのか、どちらなのでしょうか。
 もし後者であるのなら、特に悩む必要などありません。あなたが先陣を切って、その行為を「トレンド」にしてしまえばいいのです。
 あなたがいかに格好良くチキンを頬張って見せるか、いかにスタイリッシュに、おしゃれに食べ歩くかによりますが、場合によっては「トレンドリーダー」として、テレビ、雑誌各媒体で取り上げられ、一躍時代の寵児として持て囃されるかもしれません。「徹子の部屋」出演を皮切りに、暮れの「紅白歌合戦」審査員というルートも夢ではありません。いや、あなたの出方次第では「唐揚げウォーキング」なる曲でCDデビュー、大ヒットを飛ばし(ケンタッキーフライドチキンあたりをスポンサーにして、CDに唐揚げ券などをつければ、AKBクラスのメガヒットも可能です)、紅白は審査員ではなく、堂々出場者としてエントリーされることもあり得るのです。
 夢を見るのは自由です。頑張るのです。

【相談その4】
 体重の増加が止まりません。どうしたらいいのでしょうか。

【答え】
 帰りの唐揚げをやめなさい。
[PR]
by yochy-1962 | 2014-08-31 22:43 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://newyochy.exblog.jp/tb/22533430
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by yochy-1962