ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

「街の中華料理屋の宝石」として君臨する食べ物に関する諸問題

c0135618_23353251.jpg 先日、久しぶりに友人のK氏と、武蔵小山にある「立ち飲みの雄」、晩杯屋に参上し、2000円もかけないで大トラに変身、その後商店街をチンピラの如く闊歩して、最終的に街の、どうってことない中華屋(高田道場の近く。ツイッターで有名な、高岡某さんのサインがありましたぜ)にたどり着いたのですが、そこで五目やきそばなど待っている間、我々の視線は隣りのおじさんに集中してしまったのでした。

 なんとその、山下清風のおじさん、だいぶいい感じで酔っぱらって体が火照っているのか、白いTシャツを半分以上まくりあげ、乳首全開。「私はもう大人よ!」とでも言いたいのでしょうか、アラーキーが泣いて喜びそうなセクシーポーズを披露して、「うっふん」みたいな恍惚の表情を浮かべているのです。

 我々はもう笑いを堪えるのに必死です。もうちょっとでその乳首に爪楊枝でも刺してしまいそうでしたが(笑)、すぐにおじさんはお会計をして店を出て行ってくれたので、「中華屋でイケメン編集者が暴行!」というニュースは流れずに済んだのですが……。

 ……私が言いたいのはそういうことではなくて(笑)、おじさんがいなくなったテーブルにふと目をやると、おじさんは中華丼あるいは五目かたやきそばを召し上がっていたのでしょうが、なんと、「うずらのたまご」を残しておいでなのです。

c0135618_2335403.jpg「えーっ、うずらのたまご残してる」と、思わず声に出してしまった私。
 そうです。五目そばなどに必ず、宝石のように輝きながら佇んでいる「うずらのたまご」。人々は、およそ10分間の「食事ショー」の、どこで「うずらのたまご」を食してやろうかと悩みに悩み、人生のメインイベントの如く神妙な顔つきでその一瞬を待ち構え、箸でつまむもツルッと床に落としたりなどしたらもう切腹もの。一週間は立ち直れない日々を過ごさなくてはならない、という代物なのです。
 そう、最後の最後に「うずらのたまご」を食べようとニッコニコしながら残していたら、「あっ嫌いなのうずらのたまご」と、同席の妻にペロリと食べられ、それが離婚の原因、殺人事件にまで発展したという話もよく聞きます(ウソ)。

 それなのに、ああそれなのにおじさんは。
 「ヨッチー食っちゃえば」とK氏に言われ、思わず手が出そうにもなりましたが、寸前のところで「はっ、私は王子だった」と我慢したのでした(笑)。
 しかし考えてみたら、中華料理における「不滅のアイドル」であるはずなのに、「うずらのたまご丼」とか、「うずらのたまごオイスター炒め」とか、「うずらのたまごチリソース」なんてメニュー、ないですよね。
 そういえば私も、うずらのたまごってスーパーで購入したこともなかったな、あれ、何分ぐらい茹でるんだろ、ああ、あれってカンヅメで買うものなのかな……よくわかりません。日常生活で「うずらのたまご、食いたい〜」って思うことも、あんまりないですしね。

 まあ、つまり、あれはいろいろな具材の中に「箸休め」として採用されているからおいしくいただけるのであって、メインのおかずにはならないものなのですね。毎日毎日、お弁当の中に「うずらのたまご」がずらーっと並んでいたら、そのうちノイローゼになってしまうでしょうね(笑)。

 ……なんて考えていたら、なんだか自分が「うずらのたまご」みたいに思えて来てしまいました。ふうっ。

 ちなみに我々がシェアして食べた五目やきそばの「うずらのたまご」は、私がおいしくいただきました。でへへ。
[PR]
by yochy-1962 | 2012-06-29 23:42 | グルメ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://newyochy.exblog.jp/tb/18166011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-06-30 10:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yochy-1962 at 2012-06-30 12:33
鍵さま さすがにオレもそこまでは一心不乱になれません(苦笑)。
Commented by kurashiki-keiko at 2012-07-05 00:41
そうそう、我が家で八宝菜など作った日にそのうずらの卵を入れ忘れようものなら、次男から「ウズラの卵のない八宝菜なんて、(〇〇のないコーヒーみたいとは言わない)八宝菜じゃねえ!」と言われること請け合い、そこはひと手間かけてウズラ卵入り、にしていました。が、あの小さい卵、殻をむくのが結構手間でした。割高だし、何も家で入れなくても・・・と思わないでもなかったのですが、やっぱり楽しみの部分で入れてほしいと願う気持ちを大事にしないとね。
Commented by yochy-1962 at 2012-07-05 20:17
kurashikiさま いいお母さんぶりが垣間見えました。ウチなんか、母親にそんなこと言おうものなら、「じゃあ食べなくていい」ときっぱり宣言されてましたもん。

by yochy-1962