ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

ドッペル、現る!

 「ねえ、こないだテレビに出てた?」と、故郷の、幼なじみの女の子(子、じゃねーなさすがに)から突然メールがありました(まあ、メールというものは突然来るものなのですが)。
 「いや、出てたらとっくに大騒ぎしてるよ」と返事をしたところ、「ああそうなんだ。秋葉原の立呑み屋だったから絶対そうだと思ったんだけど。でもとりあえず、主役はアナタじゃなかったわよ」というメール。
 「立呑み屋? じゃあオレかな(笑)。いや絶対にオレじゃない。主役でなけりゃ出てるはずはない」
 「私は去年2回ほどインタビュー受けたんだけど(美しいから)、テレビに映る私はホントの私じゃないのよね」
 「うん、テレビに映ったアナタが、ホントのアナタだと思うよ、たぶん」と、久しぶりのメールなのに、すぐに掛け合い漫才みたいな気分になれるのが幼なじみのよいところ……。

 ……って、そういう話ではなくて。
 私に似ているという人が、また、私に断わりもなく東京中を闊歩しているようなのです。
 そういえば地震の数日後、姫さんからやはり突然メールがあり、「いま、高井戸の駅にいた?」というもので、そのとき家にいた私は「いいや、晩酌中だけど」と返事をしたところ、「もうドッペルくらい似てた(死期が近いのかよ)。キャップかぶって早歩きしてた」というメール(やっぱりドッペルかもしれない)。
 んー、もしや以前横浜に出没したオレのそっくりさん? とも思いましたが、まあ世の中には自分に似ているという人が7人はいると言いますから、不思議なことではないかもしれません。私、東北沢では「青山さん」という名前で二度ほど声かけられましたしね(笑)。

 しかし、これほどたくさんいる私のそっくりさんだというのに、自分では「おや、この人オレそっくり」という物件を見かけたことはありません。テレビでは向井理ぐらいかな、似てると思うのは。

 ……ダメ、最後まで読んでえ。

 というより、自分が本当はどんな風貌なのか、どんな風に見られているのかをよく認識しないと、自分に似ている人とすれ違っても、それに気がつかないものなのかもしれません。
 イラストレーターの友人が、自分の描いたイラストを指差しながら「ほら、これヨッチーに似てるだろ」と言ったので「どれどれ」と覗いてみたところ、それはなんだかまんまるの、むさ苦しい山男(に見えたんだけど、違っていたらゴメン)の後ろ姿でした。
 「違うよ、絶対に違う」と心の中では思いましたが、案外、他人様から見たら私、そんなものかもしれません。

 外見だけではありません。電車内や酒の席などで、ときどきびっくりするような振る舞いを披露してくださる方がいますが、いや、もしかしたらこれ、自分にそっくりかもしれないぞと思わなければ、自分はどうかな、と振り返らなければいけないな、と思うばかりです。
 ……で、パンツの紐がしっかり締まっているか確認したところ。

 と、最後はきれいにまとめるつもりが、結局おちゃらけちゃった(苦笑)。
[PR]
by yochy-1962 | 2011-05-12 17:24 | ひとりごと | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://newyochy.exblog.jp/tb/16318732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by そら at 2011-05-22 22:35 x
向井理さんってことは、編集王子さまイケメンなんですね~!
Commented by yochy-1962 at 2011-05-23 19:16
そらさま 向井理と書いて、アンパンマンと読むんですよ(^O^)。
Commented by そら at 2011-05-28 00:25 x
向井理さんがアンパンマンに見えてきました(笑)江ちゃんのダンナ様になる方なのに(・∀・)
Commented by yochy-1962 at 2011-05-28 11:27
そらさま ごめんなさい(笑)。じゃあ「せんとくん」と読んでいただいてもOKです。←完璧嫌がらせだね。

by yochy-1962