ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

隠れた名曲・昭和歌謡 その35 美詞える「おとずれ」

 あれは中学一年の冬。
 「笑福亭鶴光のオールナイトニッポン」を毎週欠かさず聴き、どうしてもその時間になると眠ってしまうという「お子ちゃま」同級生のために番組を録音してあげて、そのテープをとりあえず自分も一度は聴くという、とてもコアな、というかヒマな中学生だった私(一応部活をやったり学習塾にも行ったり、やるべきことはやっていたと思うんですけどね。ものすごい集中力でいろんなことをこなしていたんだろうな。ああ、あのころの自分がうらやましい)。

 「鶴光のオールナイトニッポン」には、必ずデビューしたての女性タレントが「アシスタント」として番組をフォローしていたものでした。
 いまをときめく(? ときめいちゃいないか)川島なお美さんだとか、芦川よしみさん、テレビとのコラボで堂々放送禁止用語を言い放った松本明子さん、私の大好きなアーティスト河合夕子さん(「東京チークガール」のもじゃもじゃ頭の人)、ウチの兄貴が一時期「酒井和歌子に似てる」という理由でファンだった大橋恵里子さん(似てたか?)などがアシスタントとして活躍していましたが、私がこの番組を聴き始めた頃のアシスタントは「美詞える」というシンガーソングライターの女性でした。

 当時22歳と言っていたような気がするのですが、中学1年にはその声も話しっぷりも、とても大人な感じがしたものでした。鶴光の「エロ話」に、ただ「いやあね」という感じで顔をしかめるのではなく、それなりにウイットに富んだ切り返しをしていて、いま思えばとてもクレバーな女性だったような印象があります。そう、自分は自分はと出しゃばらずにアシスタントに徹するからこそ、リスナーは心地よくラジオを聴くことができるというものですからね。

 しかし、ラジオですから、当然の如く顔はわかりません。で、その渇望がMAXに達した同級生がこの方のレコード「おとずれ」をオーダーし(街のレコード屋さんには置いていなかったのです)、ついにそのお顔を拝見することができたのですが、とても優雅な、アイドルとはちょっと違う風貌の美しい女性でした。

 その「おとずれ」という曲ですが、先日、偶然にYoutubeで発見することができましたので、ご紹介しようと思います。私と同年代、そしてこの番組を熱心に聴いていたという人なら、きっと「なつかしーっ」と喜んでいただけるのではないでしょうか。



(追記・削除されちゃいましたあ。残念無念)

 本人作詞・作曲なのだそうです。ニューミュージックと歌謡曲のちょうど中間、といった感じで、当時なら十分「ナウい」(笑)曲という位置づけがされていたのだと思います。残念ながらあまり売れなかったようですが。

 「もうすぐ新曲が出るのよ〜」と番組で言っていたような気がするのですが、子どもながらにも感じていた、どこかしら漂って来る「B級」な感じはどうしようもなく、いつしかアシスタント卒業となり、それからぷっつりと彼女の芸能活動を知ることができなくなりました。人間、はかないものに惹かれるのが常のようで、こうしてときどきこれらのことを思い出すと、胸のどこかがきゅん、と締め付けられるような気分になるのですね。
 現在はどうしていらっしゃるのかなあと思ったりもするのですが、きっと幸せな人生を歩んでおられるだろうと願っております。

 そして、その頃いっしょにこの番組を聴き、いっしょに「ミッドナイトストーリー」のまねごとをしたり、ハガキを書いたり、鶴光の本「かやくごはん」を回し読みしたりしていた同級生たち……。もう二度と会うことはないだろう人たちの幸せも、いっしょに願っているところでもあります(どうしても、もう一度会ってみたい同級生がおりまして。たぶんもう無理な話なんだろうけれども)。

この記事を評価してやるぞ、というお高い目線の方は
↓↓↓をクリック!

[PR]
by yochy-1962 | 2010-05-19 23:41 | 音楽 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://newyochy.exblog.jp/tb/14415112
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 桜えび at 2010-05-20 02:25 x
こんばんは。
私達の世代というか、同じような事をしていた人は多いのではないでしょうか。
自分も当時眠いのを我慢しながら、友人とカップヌードルとお菓子を用意して(今なら当然お酒とつまみですが・笑)聞いていたのを思い出します。その友人にもう一度会いたいのですが他界してしまったため、会うことも話す事も出来なくなってしまいました。
でも、まあいい思い出です。その頃の時代ってやつですか。(なんじゃそりゃ?)

美詩えるさん、名前は聞いたことがあるような気がしますが覚えてません・・(単なる知らないのかも)
Commented by yochy-1962 at 2010-05-20 20:37
桜えびさま 鶴光のオールナイトニッポンを、どのあたりから聴き始めたかで、美詞えるを知っているか知らないかが分かれると思います。「岩崎宏美のセンチメンタルが1位になったときー、鶴光の鴬谷ミュージックホールが30位となる〜」とか言ってた頃のアシスタントが、美詞えるです(笑)。
Commented by O-samu at 2010-05-22 12:32 x
美詩えるさんは宝塚歌劇団出身で、美詩えると言う名前も宝塚時代の芸名をそのままに…確か、そんな記憶が。曲そのものは覚えていませんでしたが。
Commented by yochy-1962 at 2010-05-22 19:04
O-samuさま コメントありがとうごさいました。美詞えるさんが宝塚出身……。初耳です。でもそう言われてみれば、そんな風貌のようにも見えますね(娘役だっんたんだろうな)。
Commented by a-takechan at 2010-05-28 22:39
私はどちらかというと、谷村さんの番組ファンでした。ばんばんと一緒にやってた天才秀才馬鹿シリーズ(≧∇≦)
夜中に大笑いしてました。
もちろん、コッキーポップも聞いてました。

今はああいう深夜放送ないのかな。
Commented by yochy-1962 at 2010-05-30 05:53
A子さま 谷村さんのは「セイヤング」でしたよね、確か。オレは全然知らないんですよ、完璧「オールナイトニッポン」派。タモリとかたけしとか所ジョージとか聴いてたな。ああそう、中島みゆきも。2部の谷山浩子は、録音して聴いてた。録音して聴くと、あまりにもつまらないんですぐにやめましたが(笑)。

by yochy-1962