ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

東京坂道百景 その28「切通しの坂」

c0135618_22354570.jpg 岸田劉生というと「麗子像」が真っ先に思い出されると思いますが(クラスに1人はそういうあだ名の女子がいた、ってことはありませんか。笑)、それと同じくらい有名なのがこの絵、「道路と土手と塀(切通之写生)」です。
 岸田劉生の代表作のひとつであり、重要文化財に指定されている絵なのだとか。荒々しい斜面と青い空が印象的な、なかなか上り甲斐のある坂道のように見受けられます。

c0135618_223506.jpg 大正の一時期、岸田劉生は代々木近辺に住んでいたため、そのあたりを描いた絵がたくさん残されているのだそうです。ボーッと北参道あたりをウォーキングしていたとき、こんな標識を見つけ、ああ、あれはこの坂のことを描いたのだな、とあらためて知ったのですが…。

c0135618_2235177.jpg 実際は、絵とは似ても似つかない、こんな平和な、のんびりとした坂だったのでした。
 もし、この絵に魅せられて、モデルになった坂がぜひ見たいと出かけてみたとしたら、そうとうがっかりすることでしょう。
 区画整理とか、長い間に雨やら風やらで、だんだんと崖が平坦な道になっていったのだろうと思いますが、……これって、なんだか人が大人になっていく過程によく似ているような気がします。

 そう、若い頃は尖ったり強がったりしていたものが、あっちこっちにぶつかって、叩かれて、少しずつ丸くなっていくのが「人生」なのですね。
 まあ私の場合は、尖った上に丸い「化けの皮」をかぶっていますので、いまでも肉をそぎ落とせば、「ジャックナイフ」と呼ばれた往年の「悪魔」が復活するのですがね。
 ただ、肝心の肉のそぎ落とし方が、わからなくなっちゃってまして(苦笑)。


c0135618_2236912.jpg で、これは本文とは関係ないのですが、ここが「春の小川」なんだそうです。言い張っちゃってます。川が流れている素振りはありませんでしたが。
[PR]
by yochy-1962 | 2009-06-02 23:17 | 東京坂道百景 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://newyochy.exblog.jp/tb/11670787
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のり☆ at 2009-06-03 00:06 x
 うちの裏じゃないですか。この辺りが赤土むき出しの道路だっただなんて今では想像すらできません。春の小川も今では下水道ですしね。
Commented by yochy-1962 at 2009-06-03 01:11
のりさま そうそう、この日は新宿からのりちゃん家経由はやめて、新宿から北参道、八幡神社近辺から山手通りを下に歩いていって、246で右折、池尻大橋から下北沢に戻るという離れ業をやってのけました。こないだGOさんから送ってもらったオレの写真が、あんまりにも丸かったんで(苦笑)、現在必死です。
Commented by 玲子 at 2009-06-03 21:33 x
私は字が違うけど「REIKO」なので髪をボブ(って言わせてね)にカットしたあと、登校するともれなく「麗子像」って言われました。(笑)

春の小川は都会にあったのですね。
歌のイメージからのんびりな田舎を想像していました。
Commented by yochy-1962 at 2009-06-04 01:47
玲子さま そうか、名前が同じでも言われちゃうね。そういう意味で、夏も近づく八十八夜〜の歌が、オレはとても嫌でした(なぜかって? それは想像してみて)。
「春の小川」の舞台になった場所は多摩の方で、このあたりではないらしいのですが、作詞者がこのあたりに住んでいたということで、石碑がこのあたりにあるそうです。オレ、その石碑ってまだ見たことないんですけれどもね。
Commented by てるや at 2009-06-04 23:20 x
麗子像、身近にいます。漢字が同じで、顔までそっくりで、「麗子像」を目にする度、なぜか申し訳ない気持ちになります。

ところで…

私は丸くなりません!! 絶対!!!
Commented by yochy-1962 at 2009-06-05 01:04
てるやさま ははは、そういう心がけはとても大切だと思います。でも、丸くなることは、決して「堕落」ではないと思いますよーっ(笑)。必要のない「とんがり」だと気づいたら、自らそぎ落とすことも大切だと思います。

by yochy-1962