ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

隠れた名曲・昭和歌謡 その7 越美晴「ラブ・ステップ」

 地元の大型レコード店「すみや」にて「越美晴」のプチライブ&サイン会があると聞き、友人と無事潜入に成功したのは昭和54年、まだ酸いも甘いも噛み分けていない、いたいけな高校一年生の冬でした。
 新幹線が遅れたということで遅れに遅れて登場した越美晴は、「ごめんなさーい、国鉄のアホのせいで遅れちゃいましたあ」といきなり毒舌をかまし、大いに会場を笑わせながらのプチライブを披露してくれました。いたいけな少年は度肝を抜かれ、その毒が回ったのか、まるで催眠術にでもかかったかのようにレコードを買わされ、サインと握手をいただいて帰ってきたのでした。
 彼女は私に握手をしながら、「また逢おうねー。アタシがもう(静岡に)来ないかもしれないけれどさ(笑)」とまたまた別れ際に、がらっぱち姉ちゃんのような物言いをしてくださり、それ以来、この人がテレビに出ると、どうしても目をそらすことができない高校時代を過ごしたのでした。

 この方の一番の名曲は、三枚目のレコード「マイ・ブルー・サマー」だと思うのですが、ここではデビュー曲の「ラブ・テスップ」をご紹介します。
 弾き語りライブを間近に観たのでよくわかりましたが、この方のピアノの腕前はたいしたものでした。しかし、ピアノを弾くだけでは満足できないのか、演奏しながらモデルのような「ポージング」をするパフォーマンスは当時とても画期的だったかと思います。不必要なパフォーマンスのような気もしましたが(笑)。

 越美晴は声が細いので、どうしてもパンチ不足、小粒なイメージになってしまうのが残念でしたが、いい曲をたくさん歌っていたし、もっと売れてもよかったのになあとも思います。ちょうど時代は「ニューミュージック系歌手」が台頭している頃でしたから、その波に乗ることができていたらブレイクすることも可能だったかもしれませんが、NHK「レッツゴーヤング」の「サンデーズ」のメンバーになってみたり、ちょっと売り出す路線にブレがあったのかなあとも思います。
 毒舌、がらっぱちのキャラクターを前面に出せば、あるいは大ブレイクしていたかも……なことはないか。

[PR]
by yochy-1962 | 2009-03-17 01:16 | 音楽 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://newyochy.exblog.jp/tb/11116896
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のり☆ at 2009-03-17 07:15 x
サンデーズですか?そんなアイドル路線の人だったんだ。僕の中の越美晴はYMOファミリーの人だったから意外でした。
Commented by グルメッチー☆ at 2009-03-17 09:25 x
そろそろ来るかな~って思ってましたよー(^。^)☆
♪そうよそうよ 恋なんて~☆
改めて見ると、気の強い性格は目に出てるね~(笑)☆
Commented by yochy-1962 at 2009-03-18 00:11
のりさま さきほどはメール攻撃、失礼しました。たったいま家に帰ってきましたあ。
越美晴がYMOファミリーになったのは、結構あとの話ですね。○○さんといい感じになっちゃったんだよね確か。
Commented by yochy-1962 at 2009-03-18 00:12
グルメッチーさま えー、そろそろ來ると思われていたなんて、くやしー。もつとマニアックな路線を紹介しなくては。
でもYou Tubeにはなかったりするんだよね、あんまりマニアックだと。

by yochy-1962