ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

隠れた名曲・昭和歌謡 その2 ちあきなおみ「夜へ急ぐ人」

 第2回目にして、別に隠れてもいない超メジャーな曲を紹介したりして、すでにネタ切れか、と思われるかもしれませんが、昭和歌謡史の中で、堂々と「黒い薔薇」として咲き誇るこの歌をもう一度再認識し、そして平成以降の歌しか知りませ〜んとか言っているガキどもの首根っこをとっつかまえてこの歌を聴かせ、悪かった、オレが悪かった、と半ベソ状態にでもしてやらないと気が済まないのです(笑。なにをそんなにいきり立ってるんでしょう私)。

 この映像は、昭和52年の紅白歌合戦で歌われた「夜へ急ぐ人」です。当時、家族だんらんで紅白に見入っていたほとんどの家庭では、突然気狂い状態の女が画面に映り、どうしたんだろう電波ジャックでもされたのだろうかと思う暇もなく、イッちゃった目をして声を張り上げ、発狂しながら突然終わるそのステージを見せられて子どもは引きつけを起こし、年越し蕎麦は鼻から垂れ、寝たきりばあちゃんも思わず起き上がり、離婚を考えていた夫婦は寄りを戻しと、その衝撃はDJ OZUMAの「ポロリ」騒動の比ではなかったと聞きます(ホンマかいな)。
 この曲はすでにご存知の方も多いかと思いますが、そしてできるならば記憶から消してしまいたいと思っている方も多くいらっしゃるかもしれませんが、甘えていてはいけません。またフラッシュバックのようにその記憶を呼び戻し、夜中のトイレが恐かった頃に戻ろうではありませんか。ここをぽちっと。イヒヒ。

 どうです。素晴らしいでしょう。これを見ると、コロッケがものまねで演じている「ちあき」が、別に誇張しているわけでもなんでもない、ということがわかっていただけると思います。

 私はカラオケスナックなどで、ちあきなおみの「喝采」「紅とんぼ」「矢切の渡し」などを歌っている方に遭遇すると、必ず「夜へ急ぐ人も歌ってください!」と懇願するのですが、ほとんどの方が「ちょっとそれだけは……」と言って辞退されてしまいます。やはりみなさん、家庭があり、仕事があり、世間体というものを抱えて生きていらっしゃるのでしょう(笑)。無理もありません。しかし、この歌を完璧に、雰囲気までもそっくりに歌ってくれる人がいたら、無条件に私からのリスペクトを捧げたいと思っているのですがね。

 いまや「伝説」となってしまった「ちあきなおみ」。いまだにベストCDなどよく売れているということですし、カラオケでも中高年の方にとっては定番中の定番です。しかし決して彼女は復帰するつもりはないようで、「新宿のパチンコ屋にしょっちゅう出入りしている」なんていう情報もありますが、たまにはちょろっと顔を出して、かるーく歌ってくれてもいいんじゃないかなあ、なんて思います。だって、結局はいまでも自分のことを愛して、歌を歌ったり聴いたりしてくれる人たちによって生かされているわけですから、たまにはお礼でもしないとね。まあ、そんなの必要ないくらい蓄えはあるのかもしれませんが。
[PR]
by yochy-1962 | 2009-03-12 02:39 | 音楽 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://newyochy.exblog.jp/tb/11079644
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のり☆ at 2009-03-12 05:43 x
この曲の後で司会の山川静夫が「気持ちの悪い唄ですねぇ」と言ったとか言わないとか…
Commented by 玲子 at 2009-03-12 14:42 x
母乳も止まるかのおぞましさ・・・。
ひゃー怖かったです。そして、最後の「ううぇ~、おえぇ~・・・」みたいな歌詞は何なんでしょうか?
マジ怖かったけど笑っちゃった。(爆)
Commented by yochy-1962 at 2009-03-13 01:12
のりさま そんなこと言ったんだぁ。アナウンサーとしていかがなものか。あまりにも正直過ぎて(苦笑)。
Commented by yochy-1962 at 2009-03-13 01:15
玲子さま はじめてでしたか! そういう方にぜひ見て欲しかったです。
でも、まさか、子どもには見せてませんよね。ご成長に差し障りが……ないと思いますが。
Commented by coldgin at 2009-03-13 06:54 x
 いやぁ、すげぇー、凄過ぎです。
お初にお目に掛かりました。
ちあきなおみ嬢は殆んどコロッケの物まねでしか知らなくて
リアルタイムでは見ていないのです。
喝采は良い曲だなぁと
日本の歌謡曲に殆んど興味のないワタクシですが
感心しておりました。

これも確かにインパクトありますね。
いやそれ以上に
表現者として(エンターテインメントと言えるかこの曲ではビミョー)、
これは素晴しすぎますね。
Commented by bay-hamakujira at 2009-03-13 10:23
これはたしかに怖いっす。
当時、私は高校2年のはずですが、この曲全然知りませんでした。なにか、あの頃の歌謡曲のほうが、いまよりタブーがないような気がしますね。紅白でお茶の間を固まらせてもOKみたいな(笑)。
Commented by yochy-1962 at 2009-03-14 01:11
ジンさま お初ですか。よかった。こういう方のために書いたんですよ。い、嫌がらせじゃないですよ(笑)。
十分私的にはエンターテイメントだと思います。この曲はちあきなおみ以外に歌える人はいませんもんね。これ絶対。
Commented by yochy-1962 at 2009-03-14 01:12
濱鯨さま そうそう、いろいろなところに配慮し過ぎているのか、視聴者の声にビビり過ぎているのか、まったく自由でなくなりましたよね、昨今の表現方法。
DJ OZUMAの件だって、オレ、別にいいじゃーん、なんて思ったんだけどね。

by yochy-1962