ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

Blue

c0135618_1635430.jpg ずっと昔、NHK「ふたりのビッグショー」という番組で、太田裕美と渡辺真知子のコラボがあり、それぞれのヒット曲を交換して歌う、という場面がありました。
 そして渡辺真知子は「雨だれ」、太田裕美は「ブルー」を歌ったのですが(せ〜な〜か〜あ〜わあ〜っせのぶる〜う〜う〜うってか、って歌。実は私、「カモメ〜」よりも好きな歌なのです)、太田裕美がスローバージョンで歌う、甘くてハスキーな声の「ブルー」がなんとも心地よく、おやっ、これは真知子が歌うよりも全然いいのではないか、なんて思ってしまったのでした。

 渡辺真知子の、これでもかっていうくらいに張り上げた歌唱も悪くはないのですが、食後30分間くらいは聞きたくない(笑)という感じもします。それに比べて太田裕美の声は、好き嫌いもあるかと思いますが、甘いながらどことなく淋し気で、それこそ「ブルー」な声なのではと思ったのでした。

 「ブルーな声」というと、稲垣潤一の声も思い出します。
 先日、これまたNHK「SONGS」に稲垣が出ていて、秋元康との会話の中で「稲垣さんの声は都会を感じさせるんですよね」という話をしていて、うん、そうだなあ、その通りとひとり膝をたたいていたのでした。

 稲垣潤一のデビューは、ちょうど私が東京に出てきた頃と重なるのですが、当時、慣れない東京で「この街は自分が住むべき街なのだろうか」などと自問を繰り返していた頃でした。
 東京の水は自分に合わなかったのか(いま思えば、単に栄養失調だったのかもしれません。ろくなもの食ってなかったもんなあ)常に体調不良、電車の乗り間違えばかりして(苦笑)、まわりは知らない人ばかりで、もちろん恋人などもおらず、誰もが冷たい人に見えたりもしました。
 バイトに明け暮れていたため、テレビはほとんど見られず、唯一の楽しみは深夜のラジオ。隣の部屋の住人に気を遣いながら、「オールナイトニッポン」などを小さな音で聞いていると、必ず決まって稲垣潤一のデビュー曲「雨のリグレット」が聞こえてきました。
 「WHY? OH WHY? 孤独は 闇の中で あなたを 呼び続ける」……布団の中で、消えてしまいそうなラジオから聞こえる、淋し気な乾いた「ブルー」の声は、そのまま私の心でした。

 その後「ドラマチックレイン」「エスケイプ」「夏のクラクション」と、稲垣のヒット曲が続き、私のほうは東京にも慣れ、友人もたくさんでき、カラオケスナックなるものに入り浸るようになって稲垣の歌ばかりを歌い「歌舞伎町の帝王」の名をほしいままにし(ホンマかいな)、だんだん彼の声を聞いても淋しさとか孤独を感じることはなくなり、「ピュア」とは無縁の人生を送るようになって、現在に至っているわけです(苦笑)。

 しかし、ときどき「雨のリグレット」あたりを聞くと、あの頃の「雨に濡れた子犬」みたいだった自分を思い出し(かわいく言い過ぎ?)、妙に懐かしく思ったりもするのですがね。あの頃の「ピュア」な気持ちは、いつまでも忘れちゃいかんぞ、などと思いながら。

 そういえば、稲垣潤一の「ロングバージョン」という名曲があるのですが、友人はこの曲のことをいつも「長生き婆さん」と呼んでいて、いまでもこの曲を聞くと、コピーのシャガールがかかる部屋で、シーツにくるまりながらラジオ体操をしている元気な婆ちゃんの姿が連想されて、困っています(笑)。
[PR]
by yochy-1962 | 2008-12-06 16:35 | ひとりごと | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://newyochy.exblog.jp/tb/10275293
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by a-takechan at 2008-12-06 22:40
ヨッチーにもそんな時代があったのね~。
でも、あの頃の音楽は胸に染みる。
私もSONGS見ました。稲垣潤一のCD買おうと思います。あの、ちょっと高くてハスキーな声がいいよね~
「ブルー」は私がカラオケで歌ってあげよう(^-^)/
また新橋行く?
Commented by bay-hamakujira at 2008-12-07 15:57
渡辺真知子も好きでしたが、たしかに
>食後30分間くらいは聞きたくない
という気持ちはよくわかります。
太田裕美の声が「ブルー」というのはなるほどですね。

ブルーな時代のヨッチーさん。懸命に想像しております(笑)。

あ、そうそう、今度の火曜日の晩、越谷で、みにこけん(城東・埼玉支部共催)あります。もしよかったら、って、やっぱり遠すぎ?
Commented by yochy-1962 at 2008-12-07 23:50
A子さま A子さんは「カモメが翔んだ日」のイメージが強過ぎて(あっとそれから「越冬つばめ」ね。笑)、「ブルー」を歌うことは許しません(笑)。
新橋って「なつかしや」のこと? それとも「コダマ」のこと?(笑)
Commented by yochy-1962 at 2008-12-07 23:52
濱鯨さま 火曜日ですか。その日はグルちゃんと三宿の煮込み調査をするんですよ。「同時多発にこけん」ですね(笑)。
Commented by のり☆ at 2008-12-08 00:59 x
 この日記に触発されて久しぶりに「ブルー」を唄ってきました。2番を唄おうとしたらマイクを取られて歌われてしまうというアクシデント(皮肉(笑))もありましたが、やっぱり真知子曲は唄ってて気持ちいいね。
Commented by yochy-1962 at 2008-12-08 01:31
のりさま おや、奇遇ですね。オレも「きょうは絶対にブルーを歌うぞ」と意気込んでいたのですが、途中から店に入ってきた香港の青年実業家風の人が(笑)「きょうはブルー歌う」といきなり宣言されて、先を越されてしまったのです。それで悔しくて、思わずマイクを奪って2番を歌わせていただいたのです。まったく奇遇(笑)。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-12-14 03:16
偶然、稲垣潤一さんの「SONGS」の再放送らしいのを見ました。
稲垣潤一って実はこれまで知らなかったのでした。そうか、この人だったのね、てこちらから追認したようなわけでした。
渡辺真知子さんの「カモメの飛んだ日」は、たまたま私が運転免許を取りに通っていた頃に流行っていた歌で、「私も免許を取ったら飛ぶんだわ」と思っていたのでよく覚えています。歌は世につれ、その時代を思い出しますね。私は大阪に2年ほどだけ暮らしましたが、yochyさんの当時の気持ちがちょっとわかります。
Commented by yochy-1962 at 2008-12-14 04:08
kurashikiさま ホント、歌は世に連れ、よくわかります。しかし最近の歌で世を感じさせるものがないのが、ちょっと淋しかったりします。
しかし「免許を取ったら飛ぶんだわ」って……。危な過ぎる(笑)。

by yochy-1962