ブログトップ

編集王子

newyochy.exblog.jp

Thank you !!!

下北沢 インディアンレストラン「SPICIA」

c0135618_1392226.jpg 最近我が家では「カレーフェスティバル」なるものが頻繁に行われ、……いや、凝り性なもので、モア・ベターなカレーを作るためにはどんな具材、ルー、隠し味を使うのがよいのかと探求していくうちに、インド人もびっくりなくらいのヘビーローテーションでカレーを作っているのです。

 で、先日「おっ、これはもしや史上最高の味ではないか」と思われる、絶品の豚バラ肉カレーが完成し、うほっほうほっほと喜んでいたのですが、日本酒をたんまり飲んで帰宅した夜、ちょっとカレーを温めておこうと鍋に小さく火をつけて、そのまま高いびきをかいて眠ってしまったのでした。

 約3時間後、なんだか焦げ臭いなあと目を覚まし、あっ、そうだと慌ててキッチンへと走ったのですが、そこには、真っ黒焦げになって「鬼押出し」のようになってるカレー(のような物体)があったのでした。

 はあ、なんてこと……。せっかくおいしくできたカレーだというのに……。
 ってそういう問題じゃないですよね。もしかしたら火事を起こしていたかもしれないし、「一歩間違えば一酸化炭素中毒で死んでるよ」と友人にも叱られました。海よりもふかーく反省。しばらくはカレーは作りません。

 ……って問題でもありません。酔っぱらったときに火は使わないこと。小腹が空いたらマクドナルド。
 ……でもない(笑)。水飲んで寝ます(反省)。

 しかし、恐いですねえ。体中に焦げ臭さが残っていたのか、次の日、散歩中のイヌに思いっきり「ガン見」され、「なんだこのイヌ」と振り返ったら、イヌのほうも振り返ってずっと私にガンを飛ばし続けていたのでした。あなおそろしや。

 とか言いながら、カレーへの愛着はとどまることを知らず、最近下北沢で評判だと言うインディアンレストラン「SPICIA」のランチを体験してみようと店に向かった私(友人同行)。
 この店のランチは1,260円(土、日の値段。平日はもうちょっと安いみたいっす)。ミニサラダと「マライティッカ」というハッシュポテトにコーンを混ぜたようなものと、2種類のカレー、それにナンとミニライス(日本米orインディカ米のサフランライス)ドリンク、シャーベットがついてこのお値段ですから、とてもリーズナブルといえましょう。ちなみにナンとライスはお代わり自由です。

 我々は豚バラ肉、チキン、ホウレンソウとマッシュルーム、キーマをチョイスしたのですが、どれも味わい深く、とてもナイスなお味のカレーでした。あまり辛くなく、辛いもの好きの方にはちょっと物足りないかもしれませんが、独特の香辛料を使っているのか、特に豚バラ肉のカレーとホウレンソウのカレーは、他店とは明らかに違う、オリジナリティ豊かな味のカレーでした。
 っていうか、インド料理に豚肉は使われないと思うのですが。まあいいか。

 ランチには魚介類のカレーがエントリーされていなかったのが残念でしたが、夜のメニューにはあるようです。今度はそちらもぜひ利用してみたいものです。
 ネットの評判ではこの店、ランチタイムは行列覚悟とのことでしたが、我々はすんなりと入ることができました。休日、それも結構早い時間なら並ぶこともないかもしれません。おすすめです。

下北沢 インディアンレストラン「SPICIA」
東京都世田谷区北沢2-23-12 下北沢デントビル 1F
TEL 03-3414-5055
[PR]
by yochy-1962 | 2008-11-27 02:20 | グルメ | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://newyochy.exblog.jp/tb/10210859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kurashiki-keiko at 2008-11-27 13:20
ははは、火事にならなくて本当によかった。
修学旅行で行った鬼押し出しを思い出しています。
私はケーキをオーブンに入れていてすっかり寝入っていて、ケーキはオーブンの中ですっかりさめて縮まっていましたっけ・・・味はよかったのでしたが・・・
豚肉ってインドでは食されないのですか?牛肉かと思ったけど・・・
という興味で。
こちらのインド料理店に入ったら言葉がうまく通じないインド男性のウエイターで、怪しげで、ナンとカレーとタンドリーチキンかなにかのセットだったですが、程なくしてそこはつぶれていました。あのウエイターの怪しい言葉がいけなかったのか、メニューが少なかったのかどちらかと思います。ここみたいにもう少しメニューが充実してればお客の入りもよかったのではと思います。
Commented by yochy-1962 at 2008-11-27 23:07
kurashikiさま えーと、ヒンズー教は牛肉を、そしてイスラム教は豚肉を食べないんでしたっけ? 私は歌う宗教なので納豆は食べられないんですけれど(笑)。
日本のレストランで言葉が通じないのは致命的かもしれませんね。私もアメリカのヤンキー娘がカウボーイスタイルで「ヘイ!」とか言いながら接客をしてくれる(どんな店だよ)バーベーキューハウスみたいなところに行ったことがあるのですが、その店では英語が公用語、となっていて(新宿なのに)、3か月でつぶれました。
Commented by a-takechan at 2008-11-28 09:03
そのうち居眠りなどしなくても、火を付けたことを忘れちゃう日が来ますので(^_^;)…くれぐれも火の側を離れたりなさらぬよう(>_<)

☆そのカレーはぜひ食べてみたい。ご招待はカレーパーティーでもいいよ(^-^)/
Commented by k at 2008-11-29 02:55 x
洗足池ちかくカレー居酒屋ムーンいきまひょ!カレーチャーハン最高!580円なり。
Commented by yochy-1962 at 2008-11-29 22:45
A子さま 静岡おでんパーティーとカレーパーティーですか。大変だぁ。あっとそれから「ガラスの仮面」パーティーもあるんだよね。ああ、それから「70年代アイドルDVD」を入手しました。これも貴重映像だよん。
Commented by yochy-1962 at 2008-11-29 22:47
kくん さきほどはキュウリの写真をどうも(笑)。近々馬込近辺の坂を探索しようと思っていましたので、その帰りにぜひ行きませう。
Commented by k at 2008-11-30 21:48 x
中原街道上り洗足池越えて南洗足1長原商店街でたところです。必ずカレーチャーハン頼んでね!
Commented by yochy-1962 at 2008-12-01 02:28
kくん、せっかくだから一緒に行こうよ。連絡します。
Commented by lionmidori at 2008-12-02 19:32
うーん、仕事やらなんやらでばたばたしているうちにソレタ祭も終わってしまったんですね。カレーやさん、美味しそう。と言っても日本ではカレー食べには行かれないようなきがしますが、我が家の場合、特に夫コミでの一時帰国だと。
こちらのインド系カレー屋ですとモスリムの人かヒンズー教の人、と言うことだろうと思いますがカレーはラムかチキンか海鮮関係、後は野菜とインド風チーズと言ったところですね。タイカレーだと牛肉のもあるけど豚肉のカレーと言うのはどこに行ってもあんまり見ません。豚肉でカレーを作ったとき、夫にものすごくびっくりされました。華僑は勿論豚肉たくさん食べるけど、カレーに入れようと言う発想はないみたいです。
ちなみに私はお豆をゆでながら爆睡して鍋の中のヒヨコマメがすべて炭化していたことがあります。あれも危なかったよなー。大怖い。気をつけましょうね。
Commented by yochy-1962 at 2008-12-03 09:35
lionmidoriさま お忙しそうです。くれぐれも体には気をつけてくださいね。
確かに、豚肉をカレーに入れる発想は、他国の人にはないみたいですね。でも、あれほど豚肉を使う中国系の人がカレーには入れないとは。どうしてなんだろう。基本に忠実なのかな。私は豚肉のカレーが一番好きだったりします。
ヒヨコ豆が炭化した図を想像してみましたが、ちょっとしたホラーですね。私はきょう目覚めたとき、覚えていないのにテーブルの上に食べ散らかしたマクドナルドの残骸が散らばっていて、これがホラーでした(笑)。

by yochy-1962